岸本昌三

講師名 岸本昌三
講師名よみ きしもとしょうぞう
肩書き NPO法人高槻オレンジの会 
NPO法人近畿青少年サポート塾 理事長
都道府県 大阪府

過去にフランスベッド販売に於いて日本1位の営業成績を修め、独特の営業方法を自負しております。
現在は会社経営、NPO活動での人材育成、青少年育成指導を行っています。すべての事々の対応に『社会実学』を踏まえて種々の問題に相手が納得できるまでの理想論ではない現実論の講演をします。

プロフィール

現在のプロフィール  出身地 (岡山県 津山市)
    
◎ NPO法人近畿青少年サポート塾 理事長           
◎ NPO法人高槻オレンジの会   理事長  
京都大学こころの未来研究センター 平成22年度共同研究員
大阪府サポートステーション支援ネットワーク推進構成委員
 大阪府ひきこもり等青少年民間支援機関 
◎「社会実学心理指導塾」開設・・・私が「社会実学」として多くの青少年達の指導をしています。一般社会的常識を見につけ、強くたくましい青年へと指導し、受講生達の社会的自己の確立を目指しています。
私は、現在11年目になりますが、関西大学・大学院研究科で 履修生として 社会心理学を研究しています。そのかたわら、自らも「社会実学」としての心理学理論を発表し、受講生の年齢を問わず、講座を開催しています。
過去NPO法人を立ち上げてからの人数でも約70名の若者を 社会参加へと導きました。現在、若者達は 厳しい社会の中でも 活躍していることでしょう。これからも 日々躍進することを願っています。
   活動理念
不登校状態・引きこもり状態・ニート状態の人達を社会的学習によって、人間としての生きがいを呼び起こしたい…。そうする事は決して難しいことではなく、可能なのです。といって簡単なものでもないが、努力する事で、対人関係を作り出すことは出来ます。
 対人問題で悩んでいる人がたくさんいますが、その問題を克服する事は出来るのです。それは経験・体験をして 自分自身の五感のバランスを正常にすることが第一です。絶対に不可能なものではありません。
 私は、それらを着実に実施・指導しています。しかし、この問題はそれぞれの個人的な背景があります。大変な作業です。
 私も大学院で 社会心理学において研鑽を重ねていますが、日々移り変わる社会背景もあり、なかなか難しい問題があります。私自身の生涯研鑽という思いとして思考の中に位置づけ、社会的資源(情報)を出来るだけ集めることに日々努力している所です。

関西大学正門前にて

出身校

・平成22年度 京都大学こころの未来研究センター
 プロジェクト共同研究員として「青年期の社会的適応」
 について研究。
・現在 7年間に渡り、関西大学・関西大学大学院にて
 社会心理学・教育心理学を 研究中。

主催者登録はこちら(無料)
  • 主催者の方はこちら
  • 講師・出演者の方はこちら
  • マンガでわかる「SBマーケット」
  • SBコンシェル
ご利用者の声
  • 毎回、講師の選定が大変なストレスでしたが、どんな講師が応募してくれるだろう?と逆に楽しみに・・・ (福祉団体)
  • 講師募集から開催日まで時間がなかったにもかかわらず、すぐにメールが何通もきまして講師の層・・・ (業界団体)
  • いつも講師を探すのに苦労していましたが、今回は講師から、こちらの希望・条件にあわせて提案を・・・ (製造業)
  • 短期間で複数のセミナー案を企画しなくてはいけないので、毎回ネタに困っていました。講師の・・・ (OA機器販売)
  • 全国規模での「講演依頼」の内容・ニーズがよく分かり、講師側としての新たな勉強の意欲が・・・ (コンサルタント)
  • >>もっと見る
システムブレーンからのお知らせ
  • 2019年04月01日
    新年度です!
    多くの団体様にとって、4月は新年度の事業・催事の準備を進められる時期かと思います。外部から講師を招いての講演会・研修・セミナーなどお考えでしたら、ぜひ当サービス「SBマーケット」をご活用下さい。
     実力ある講師の方々が、皆様のお役に立つ「ご提案」をしていただけます!

    ※詳しくは、「マンガでわかるSBマーケット」をご覧ください。
  • 2019年01月01日
    あけましておめでとうございます
    お陰様で弊社の新サービス「SBマーケット」も9年目となりました。皆さんの日頃のご支援、ご協力に心より感謝申し上げます。
    今年も宜しくお願いいたします。
  • 2018年07月05日
    募集内容の書き方など、お気軽にご相談下さい。
    初めてSBマーケットをご利用される方の多くが、「講師募集の内容は、どんな事を書いたら良いのだろう?」と悩まれます。
    そうした際にはお気軽に事務局までご相談下さい。
    講師からの良いご提案が多く集まるように、募集内容のアドバイスや加筆なども行っております。