望月建吾

講師名 望月建吾
講師名よみ もちづきけんご
肩書き 特定社会保険労務士
残業ゼロ将軍
都道府県 東京都

綺麗ごとや理想論の押し付けをしない事を信念とし、ヒトと組織の生産性を最大限に引き出すための具体的方法を提案し、企業や従業員と共に実行して成果を出していく泥臭い人材・組織開発の専門家。ヒトと組織の生産性アップと労務コンプライアンスを両立する組織づくり・人材育成スタイルに定評がある。

プロフィール

■職歴・経歴
静岡市生まれ。外資系コンサルタント会社で人材・組織に特化した戦略コンサルタントとして東証一部上場企業など数十社のヒトと組織の生産性を最大限発揮できる組織づくり支援を担当。これまでの経験を生かすべく、アイエヌジー生命保険へ転職。人事部にて人事制度の改定など人材・組織に関するプロジェクトに中核メンバーとして参加。会社勤務の傍ら2003年に社会保険労務士試験に一発合格。一貫して人材・組織開発一筋のキャリアを積む。
2010年、人材・組織開発コンサルタント/社会保険労務士として独立し、望月建吾社会保険労務士事務所を設立。豊富な人材・組織開発の実践経験、人事部門での幅広い経験と多様なマネジメント経験、さらには同業者にも東京都社労士会主催実務修習研修で教授するレベルの労働法・裁判例など労務コンプライアンスの体系的な知識と実践経験を融合した、独自の人材・組織開発スタイルを確立する。
■専門分野
「残業ゼロ」でもこれまで以上の生産性をあげる組織づくり支援、就業規則構築・改定支援、人事制度構築・改定支援
■背景・活動歴など
会社業績やヒト・組織の生産性に責任を持たない既存の社労士像に疑問を感じ勤務コンサル時代に「望月式残業ゼロ」を開発。2010年、満を持して独立し、現在は上場企業から小規模企業まで数十社の顧問先を持っている。得意分野は就業規則で、200社を超える就業規則の構築・改定実績あり。また、自身の提唱する「望月式残業ゼロ」活動により、これまで東証一部上場企業から中小零細企業まで100社余りを支援し、残業ゼロでも、これまで以上の生産性を上げ、お客様満足度もアップさせ、従業員にもこれまで以上の高賃金を支払うことができる最強組織づくりのため全国を飛び回っている。お客様からは、「社労士の概念が変わった」「これまで出会ってきた社労士・コンサルでピカ一」「火の粉の降りかからないお花畑からきれいごとを言うのではなく、豊富な実戦経験に基づき実行可能な具体的な方策を提案し、経営者や従業員と伴走してくれる泥臭い超実践派コンサル社労士」などの声を多数頂いている。

出身校

静岡県焼津市立小川小学校
静岡県焼津市立小川中学校
静岡県立 藤枝東高等学校
中央大学 文学部

参考動画

主催者登録はこちら(無料)
  • 主催者の方はこちら
  • 講師・出演者の方はこちら
  • マンガでわかる「SBマーケット」
  • SBコンシェル
ご利用者の声
  • 毎回、講師の選定が大変なストレスでしたが、どんな講師が応募してくれるだろう?と逆に楽しみに・・・ (福祉団体)
  • 講師募集から開催日まで時間がなかったにもかかわらず、すぐにメールが何通もきまして講師の層・・・ (業界団体)
  • いつも講師を探すのに苦労していましたが、今回は講師から、こちらの希望・条件にあわせて提案を・・・ (製造業)
  • 短期間で複数のセミナー案を企画しなくてはいけないので、毎回ネタに困っていました。講師の・・・ (OA機器販売)
  • 全国規模での「講演依頼」の内容・ニーズがよく分かり、講師側としての新たな勉強の意欲が・・・ (コンサルタント)
  • >>もっと見る
システムブレーンからのお知らせ
  • 2020年01月01日
    あけましておめでとうございます
    お陰様で弊社の新サービス「SBマーケット」も10年目となりました。皆さんの日頃のご支援、ご協力に心より感謝申し上げます。
    今年も宜しくお願いいたします。
  • 2019年07月05日
    募集内容の書き方など、お気軽にご相談下さい。
    初めてSBマーケットをご利用される方の多くが、「講師募集の内容は、どんな事を書いたら良いのだろう?」と悩まれます。
    そうした際にはお気軽に事務局までご相談下さい。
    講師からの良いご提案が多く集まるように、募集内容のアドバイスや加筆なども行っております。
  • 2019年04月01日
    新年度です!
    多くの団体様にとって、4月は新年度の事業・催事の準備を進められる時期かと思います。外部から講師を招いての講演会・研修・セミナーなどお考えでしたら、ぜひ当サービス「SBマーケット」をご活用下さい。
     実力ある講師の方々が、皆様のお役に立つ「ご提案」をしていただけます!

    ※詳しくは、「マンガでわかるSBマーケット」をご覧ください。