藤咲里花

講師名 藤咲里花
講師名よみ ふじさきりか
肩書き セルフコミュニケーションの専門家
医療コミュニケーター
セルフライフコンサルタント
都道府県 大分県

Amazon 1位 *「命のなまえ」100の病気と私の命 どんな時でも楽しく生きる3つの質問*命とは…生きるとは…を語り、勇気、希望、自信に繋げる気づきと感動の講演。母子家庭・いじめ・不登校・DV・離婚・生活保護・闘病人生47年を体験し難病と生きる藤咲が生きた教材として語ります。

プロフィール

1968年 東京都に生まれる。
子供の頃から病弱で入退院を繰り返す。高校を卒業後、病院事務職や外資系化粧品会社のビューティーアナリストとして活躍するも、次々と病気を患い長期入退院を繰り返し寝たきりの生活、生活保護の人生が続いた。全身激痛の難病をはじめ100以上の疾患を患い、一生入退院の繰り返しで寝たり起きたりの人生と告げられたが、「このまま一生を終えたくない!」と決意。生活保護を辞退し自分の望む人生を歩み次々と夢を実現。
2005年 『病気(やまい)からの贈り物』出版(2006年増刷)
2006年 リラクセーションルーム KARON 開設
2009年 国際ライフ&メディカルコミュニケーション協会 設立
2010年 コミュニケーショントレーニング施設開設
2013年 厚生労働省 日本再生人材育成支援職業訓練にて講座開講
2015年 厚生労働省 難病患者就職サポーターとして3年間公務に携わる (任期満了)
2017年 法務省 命と心の特別指導非常勤講師として矯正教育に携わる (現在)
  
『自分の“いのち”は 自分でケア☘』~誰かに振り回される人生ではなく、自分を大切にした生き方、自分に合った生き方で、自分の人生を笑顔で生きるお手伝い~をコンセプトに、『いのちのセルフケア』を提唱したコンサルティング・研修・講演を行う。
『命』『生きる力』『自分力』を育み続け、どんなことがあっても生き抜く秘訣を身につけることができた藤咲の体験談と共に、『心理学』『カウンセリング』『コーチング』『コミュニケーション』『NLP』『メンタルヘルス』『コアプロファイリング』を融合したメソッドで、セルフケア・生き方・コミュニケーションについて伝授。
医学・医療教育に携わり18年。医療安全、医療接遇における患者とのコミュニケーション、患者のセルフマネジメント研修では、医療者自身のセルフケアについてもお伝えしている。
過去や今がどうあれ、人は生まれたことには意味があり、無限の可能性と共に生きています。今を生きる方々がご自分を大切に、自分に合った生き方で自分らしく笑顔で過ごすことができるように、『自分』『命』の大切さをあらためて感じていただき、ご自分と向き合っていただける研修・講演を行っている。
【研修・講演これまでのテーマ】
命, 生きる力 , 患者力 , 自分力 , コミュニケーション, メンタルヘルス, 医療コミュニケーション,セルフマネジメント,セルフコミュニケーション,セルフケア

看護学校講演 教育委員会講演 保護者会主催・小学校全校生徒からの感想メッセージ
福祉のプロに必要な 「聴く力・伝える力・想う力」

主催者:社会福祉法人様

会合名:福祉のプロとして・接遇マナーとメンタルヘルス

2017 年 09 月実施 大分県 医療・福祉 

病気でも大丈夫!「生きるヒント」&「働くヒント」

主催者:県、保健所、難病医療連絡協議会様

会合名:聞いてみよう!病気とうまく付き合うコツ

2017 年 08 月実施 大分県 官公庁 

医療安全におけるコミュニケーション「医療従事者が心得ておくべきこと」

<受講者の反応・成果>
・先生がおっしゃる通り、コミュニケーションの技法は習ってその通りにやっているつもりでも、使っている言葉が患者を傷つけていることがあるかもしれないと感じた。
・当院の看護師は、アセスメントが弱いと感じているので指導を繰り返している。しかし、アセスメントという言葉が表に出てしまい、実は根拠より患者の気持ち(例えば、検査の値を見て、前回と比較して原因を考えることも必要だが、「この結果だったら体がきついよね…。食欲出ないよね…。今どう思っているのかな?辛くないかな…」と患者の気持ちを考えてみるように指導していることが間違いでなかったと確信した。
・患者の気持ちを考えて対応することで転倒・転落を予防したり、訴訟に発展することもなくなるのではないかと感じた。

<開催目的に対して>
先生の患者としての体験もお話しいただいたことで参加者の心に響き、医療従事者としての職務に役立つものと存じます。大変有意義なご講演をいただきましたことに感謝申し上げます。
人との接し方、説明、心配りは公私ともに難しいものです。今後は、講義の内容を実践で磨いていくよう病院全体で取り組んでまいります。

主催者:国立病院機構様

会合名:全職員対象 医療安全管理研修

2017 年 03 月実施 大分県 医療・福祉 

医療安全におけるコミュニケーション「医療従事者が心得ておくべきこと」

<受講者の反応・成果>
・先生がおっしゃる通り、コミュニケーションの技法は習ってその通りにやっているつもりでも、使っている言葉が患者を傷つけていることがあるかもしれないと感じた。
・当院の看護師は、アセスメントが弱いと感じているので指導を繰り返している。しかし、アセスメントという言葉が表に出てしまい、実は根拠より患者の気持ち(例えば、検査の値を見て、前回と比較して原因を考えることも必要だが、「この結果だったら体がきついよね…。食欲出ないよね…。今どう思っているのかな?辛くないかな…」と患者の気持ちを考えてみるように指導していることが間違いでなかったと確信した。
・患者の気持ちを考えて対応することで転倒・転落を予防したり、訴訟に発展することもなくなるのではないかと感じた。

<開催目的に対して>
先生の患者としての体験もお話しいただいたことで参加者の心に響き、医療従事者としての職務に役立つものと存じます。大変有意義なご講演をいただきましたことに感謝申し上げます。
人との接し方、説明、心配りは公私ともに難しいものです。今後は、講義の内容を実践で磨いていくよう病院全体で取り組んでまいります。

主催者:国立病院機構様

会合名:全職員対象 医療安全管理研修

2017 年 03 月実施 大分県 医療・福祉 

どんな自分でも大丈夫!「自分らしく楽に生きるヒント」

主催者:社会福祉事業団様

会合名:こころの健康セミナー

2017 年 01 月実施 大分県 医療・福祉 

メディカルコミュニケーション ~聴く力・伝える力・想う力~

<開催目的に対して>
「先生へのメッセージ」として参加者の感想、想いをアンケートに記載いただきました。

・明日から早速、患者さんの想いに耳を傾ける傾聴を意識したいと思います。
・言葉の言い換えはすごかったです。これから気をつけたいと思います。
・先生の話を聞いて少し元気が出ました。 考え方を変えてまた頑張ります。頑張れそうな気がします。
・自分とのコミュニケーションが全然とれていなかったので、まずは自分とのコミュニケーションを意識します。
・藤咲先生にポジティブにされました。失敗しても前向きに仕事に取り組んでいこうと思います。
・「もっと前向きに」過ごしていけるヒントを教えていただきありがとうございました。また先生にお会いできることを楽しみに、私も日々成長できるよう努力していきます。
・「失敗しないように」と思い仕事をしていましたが、「笑顔で頑張ろう」と考えるように、「失敗」ではなく「うまくいかない」ことがあっても次につなげ、前向きに頑張ろうと思いました。
・良いお話が聞けてよかったです。今後の自分が成長できるようしっかりと力をつけていこうと思います。
・まずは自分の声に耳を傾けて自分を理解していきたいと思います。
・先生の病気の体験を聴き、患者さんの気持ちをもう一度考えていこうと思いました。
・今回の研修では多くの学びがありました。自分(内側)とのコミュニケーションが必要なことであったり、相手の想いを受け止めて寄り添うことが傾聴であるなど、新たな知識が増えました。これから意識して新しい習慣を身につけていこうと思います。

主催者:看護協会 / 保健所様

会合名:新人ナースサポート研修会

2016 年 07 月実施 大分県 医療・福祉 

難病患者への心理サポート技術とコミュニケーション

主催者:某保健所様

会合名:難病患者支援者研修会

2016 年 03 月実施 大分県 医療・福祉 

主治医はあなた!「笑顔につながる心のケア」

主催者:市町村 健康保健センター様

会合名:

2016 年 01 月実施 大分県 官公庁 

癒しにつながる医療コミュニケーション

<開催目的に対して>
先生のお話が心に響きました。
患者の立場からの経験や想いを聴くことができてよかった。
実体験を踏まえての話で、心の深いところの動きが分かった。
良くない思い込みを外す大切さが理解できた。
体験しながら身についた気がします。

主催者:某県立病院様

会合名:全職員対象 講演会

2016 年 01 月実施 大分県 医療・福祉 

チームを育む医療コミュニケーション

主催者:国立病院機構 某病院様

会合名:全職員対象講演会 

2015 年 10 月実施 大分県 医療・福祉 

主催者登録はこちら(無料)
  • 主催者の方はこちら
  • 講師・出演者の方はこちら
  • マンガでわかる「SBマーケット」
  • SBコンシェル
ご利用者の声
  • 毎回、講師の選定が大変なストレスでしたが、どんな講師が応募してくれるだろう?と逆に楽しみに・・・ (福祉団体)
  • 講師募集から開催日まで時間がなかったにもかかわらず、すぐにメールが何通もきまして講師の層・・・ (業界団体)
  • いつも講師を探すのに苦労していましたが、今回は講師から、こちらの希望・条件にあわせて提案を・・・ (製造業)
  • 短期間で複数のセミナー案を企画しなくてはいけないので、毎回ネタに困っていました。講師の・・・ (OA機器販売)
  • 全国規模での「講演依頼」の内容・ニーズがよく分かり、講師側としての新たな勉強の意欲が・・・ (コンサルタント)
  • >>もっと見る
システムブレーンからのお知らせ
  • 2019年04月01日
    新年度です!
    多くの団体様にとって、4月は新年度の事業・催事の準備を進められる時期かと思います。外部から講師を招いての講演会・研修・セミナーなどお考えでしたら、ぜひ当サービス「SBマーケット」をご活用下さい。
     実力ある講師の方々が、皆様のお役に立つ「ご提案」をしていただけます!

    ※詳しくは、「マンガでわかるSBマーケット」をご覧ください。
  • 2019年01月01日
    あけましておめでとうございます
    お陰様で弊社の新サービス「SBマーケット」も9年目となりました。皆さんの日頃のご支援、ご協力に心より感謝申し上げます。
    今年も宜しくお願いいたします。
  • 2018年07月05日
    募集内容の書き方など、お気軽にご相談下さい。
    初めてSBマーケットをご利用される方の多くが、「講師募集の内容は、どんな事を書いたら良いのだろう?」と悩まれます。
    そうした際にはお気軽に事務局までご相談下さい。
    講師からの良いご提案が多く集まるように、募集内容のアドバイスや加筆なども行っております。