柴田 崇

講師名 柴田 崇
講師名よみ しばたたかし
肩書き 盛り上げる企業研修講師
都道府県 神奈川県

プロフィール

海外留学経験があり、日英バイリンガルのビジネススキル企業研修講師。
論理性の強い英語を駆使し、
その論理性を日本語のコミュニケーションにも応用し長けている。
受講者とコミュニケーションを取りながら、参加型の講義を展開。
モチベーション高くペースよく進む講義が好評。
三重県四日市市生まれ。
小学校1年生の夏休みに、父の転勤で三重県から神奈川県に転居。
転校先の学校では慣れずに一時登校拒否をし、担任の肩に抱きかかえ上げられ、強制的に教室に入らされる。
その後、中学、高校へと進学するも、大学受験に失敗し浪人を経験。
翌年無事大学合格を果たし夢の大学生活がスタート。
しかし4年生になるも、単位不足で留年決定!
ここから「負け組」人生の始まり(涙)!
大学4年目が終わり、1年間休学して英語を学びにオーストラリアに留学。
1年間という期限付きであったが、オーストラリアの魅力にはまり、結局大学を中途退学し、再びオーストラリアへ。
英語力にハンデがありながらも、現地の学生と肩を並べ真剣に学業に専念。
しかし単位を落としてしまい、どん底を味わう(涙)
翌年何とか無事に卒業し、帰国の途に。
帰国後、日本に適応出来ず精神的に追い込まれ4ヶ月半も無職の状態が続く。
漸く見つけた仕事は旅行会社でアルバイト。
その後も派遣社員で転職を繰り返し、オーストラリアと日本の考え方の狭間にあり、
自分は一体何をしたいのかわからず、「負け組」人生街道を突っ走っていた。
そんな中、ふと思い出したのがオーストラリアで学んだ「英語」と「コミュニケーションの仕方」。
これを日本中の人たちに理解してもらおうと決め、個人事業主で企業研修講師として活動。
順風満帆に思われた企業研修講師も不況のあおりを受け、徐々に業務量も減少。
一時は1ヶ月全く仕事がない月もあり貯金を崩さずを得ない状況になった。
まさに「負け組」人生の奈落の底(涙)!!!
そんな時、運良く同業他社での転職。
正社員として収入も安定しており、研修講師や研修運営・企画等に携わる。
研修講師としての満足度は94%。
社長に認められ人事担当から講師指名もあり順風満帆に思われた。
しかし、社長・副社長が毎日罵声を浴びせる環境で、毎月離職する者が絶えず、
とても落ち着いて仕事ができるような環境ではなかった。
ついには退職を決意し、従業員をリスペクトする会社を設立しようと考え始める。
「人への感謝」「人助け」「人に喜びを与える」
これらを理念として、現在個人事業主として企業研修講師をする傍ら、2013年度中に独立開業を検討中。

出身校

綾瀬市立 綾北小学校
綾瀬市立 北の台中学校
神奈川県立 綾瀬西高等学校
湘南工科大学 工学部 情報工学科(中途退学)
Central Metropolitan College of TAFE in Travel and tourism(オーストラリア)
(旅行学専攻)

柴田 崇が提案するプラン

主催者登録はこちら(無料)
  • 主催者の方はこちら
  • 講師・出演者の方はこちら
  • マンガでわかる「SBマーケット」
  • SBコンシェル
ご利用者の声
  • 毎回、講師の選定が大変なストレスでしたが、どんな講師が応募してくれるだろう?と逆に楽しみに・・・ (福祉団体)
  • 講師募集から開催日まで時間がなかったにもかかわらず、すぐにメールが何通もきまして講師の層・・・ (業界団体)
  • いつも講師を探すのに苦労していましたが、今回は講師から、こちらの希望・条件にあわせて提案を・・・ (製造業)
  • 短期間で複数のセミナー案を企画しなくてはいけないので、毎回ネタに困っていました。講師の・・・ (OA機器販売)
  • 全国規模での「講演依頼」の内容・ニーズがよく分かり、講師側としての新たな勉強の意欲が・・・ (コンサルタント)
  • >>もっと見る
システムブレーンからのお知らせ
  • 2021年08月31日
    「SBマーケット」サービス終了のお知らせ


    この度、急激な変革期を鑑み、2021年9月末日を以て「SBマーケットサービス」を終了させていただく事となりました。

    ●9月末日をもって、新規の講師募集案件は受付終了となります。

    ●既に講師募集を開始された案件、講師が決定している案件につきましては、10月以降もSBマイページでのやり取りを重ねていただき、開催終了まで進行していただけます。

    長らく当サービスをご活用頂きました主催者様、講師の方々に深く御礼申し上げます。
    今後は、「SBコンシェル」サービスに注力して、オンライン開催を含めた皆様の多様なご要望にお応えしていく所存です。

    突然のご案内となり誠に申し訳ございません。何卒ご理解・ご容赦いただきますようお願い申し上げます。