和泉 博樹

講師名 和泉 博樹
講師名よみ いずみひろき
肩書き ロキ・デザインスタジオ 代表 ディレクタ&プランナ
都道府県 大阪府

プロフィール

”講師業がメインの講師" ではありません。
企業コンサルやプレゼン代行を実際に手がけ、現役のプランナやデザイナとして、役立つ知識やテクニックなどをお伝えしています。また、専門的な言葉や略語を使わない、最新技術やデータに裏打ちされたビジネス動向を中心に講演していますので、内容が理解しやすいとご好評をいただいております。
デザインとアートは根本的に違います。デザインは問題解決であり、アートは自己表現です。だからこそ企業の成長戦略を踏まえた店舗デザイン・印刷物・ウェブ等、現場の実情に応じたデザイン、ブランディング、マーケティング 、プランニング、イラストなど、実務経験の豊富な現役ディレクターに講師をお任せ下さい。質疑応答力にも優れ、企画書作成、プレゼン代行などもこなせます。詳細な事前打ち合わせが必要な組織単位の聴衆にマッチした講演だけでなく、与えられたテーマだけで下調べし講演することさえ可能です。
1973年 中学時代に通信教育にてレタリング技術を習得
1976年 大阪市立東高校を理数系で卒業
    大阪芸術大学デザイン科グラフィックデザイン専攻(中退)
    その後、飲食業にてシェフを目指す
1981年 株式会社ワールド美術印刷 入社
    主に松下電器貿易、ル・トーアなどで企画・印刷・イベント・展示会などを手がける
1986年 退職後、デザイナーとして独立。2年後に株式会社化 
    「パンダ金魚ヤンヤン」の著作者としてマスコミ露出、多数
1993年 バブル崩壊後、個人事務所へ軽量化 いち早くデザイン業務のコンピュータ化に着手
1995年 関西DTP協会 理事に就任、DTP普及に尽力 出版・印刷会社への講演、デモンストレーション多数。
    アップルの選ぶ「日本のデザイナーTOP200」に選出
1996年 阪神淡路大震災でのプロボノとして「関西お風呂マップ」デザイン企画 担当    
2000年 活動拠点を東京へ ウェブデザインを業務の中心に
    企画立案とプレゼンテーションを無償で学べるサイト「企画とプレゼン手法」を公開
   (2006年~)http://ameblo.jp/rokilab/
    医療法人へのコンサル業務開始
2011年 東北大震災でのプロボノとして西新宿地域協議会 理事に就任
2013年 活動拠点を再び大阪へ
    以後、現在に至る  講演・執筆など多数。

出身校

大阪市立 南大江小学校
大阪市立 東中学校
大阪市立 東高校
大阪芸術大学 デザイン科グラフィックデザイン専攻

参考動画

主催者登録はこちら(無料)
  • 主催者の方はこちら
  • 講師・出演者の方はこちら
  • マンガでわかる「SBマーケット」
  • SBコンシェル
ご利用者の声
  • 毎回、講師の選定が大変なストレスでしたが、どんな講師が応募してくれるだろう?と逆に楽しみに・・・ (福祉団体)
  • 講師募集から開催日まで時間がなかったにもかかわらず、すぐにメールが何通もきまして講師の層・・・ (業界団体)
  • いつも講師を探すのに苦労していましたが、今回は講師から、こちらの希望・条件にあわせて提案を・・・ (製造業)
  • 短期間で複数のセミナー案を企画しなくてはいけないので、毎回ネタに困っていました。講師の・・・ (OA機器販売)
  • 全国規模での「講演依頼」の内容・ニーズがよく分かり、講師側としての新たな勉強の意欲が・・・ (コンサルタント)
  • >>もっと見る
システムブレーンからのお知らせ
  • 2020年01月01日
    あけましておめでとうございます
    お陰様で弊社の新サービス「SBマーケット」も10年目となりました。皆さんの日頃のご支援、ご協力に心より感謝申し上げます。
    今年も宜しくお願いいたします。
  • 2019年07月05日
    募集内容の書き方など、お気軽にご相談下さい。
    初めてSBマーケットをご利用される方の多くが、「講師募集の内容は、どんな事を書いたら良いのだろう?」と悩まれます。
    そうした際にはお気軽に事務局までご相談下さい。
    講師からの良いご提案が多く集まるように、募集内容のアドバイスや加筆なども行っております。
  • 2019年04月01日
    新年度です!
    多くの団体様にとって、4月は新年度の事業・催事の準備を進められる時期かと思います。外部から講師を招いての講演会・研修・セミナーなどお考えでしたら、ぜひ当サービス「SBマーケット」をご活用下さい。
     実力ある講師の方々が、皆様のお役に立つ「ご提案」をしていただけます!

    ※詳しくは、「マンガでわかるSBマーケット」をご覧ください。