勝田吉彰

講師名 勝田吉彰
講師名よみ かつだよしあき
肩書き 関西福祉大学教授
ドクトル外交官(外務省医務官)OB
都道府県 兵庫県

ドクトル外交官(外務省医務官)としてアジア・アフリカ・欧州24か国で業務経験を重ねた国際派医師。北京ではSARSのパンデミック渦中でリスクコミュニケーションを経験。海外経験をもとに海外、とくに新興国・途上国への赴任者の健康管理・メンタルへルスの情報発信に精力的に取り組んでいる。

プロフィール

■職歴・経歴
臨床医として勤務後、オックスフォード大学留学を経て外務省入省。在スーダン日本国大使館医務官を振り出しに、フランス・セネガル・中国の日本国大使館に在勤し、赴任と出張で24か国の医療を経験。この中で、駐在員・NGO・青年海外協力隊・旅行者などさまざまな立場の邦人と向き合い、非常事態への対処や予防活動を通して健康やメンタルを支える経験を重ねた。
それぞれの任国では
1)スーダンでは、連日の砂嵐に見舞われ、最高気温50℃のなか1日20時間停電する過酷な環境で、マラリアなど熱帯病も含めた、現地に在住する人々の健康・メンタル管理にあたった。
2)フランスでは、医療資源の乏しい途上国から重症患者の緊急移送の受入れ業務を通じて健康危機管理の経験を重ねた。さらにメンタル担当としても、アフリカ・中近東の広域担当した。
3)セネガルでは、マラリアや消化器感染症などのケアとならんで、重症者を送り出す側として緊急移送へのかかわりを通じて途上国における健康管理の経験を重ねた。
4)中国では2003年のSARS流行の対応を通じて、危機情報の効果的な伝え方、リスクコミュニケーションを身をもって学んだ。
在中華人民共和国日本国大使館参事官兼医務官を最後に退官後は関西福祉大学教授として、外務省の経験や人脈を生かしながら海外赴任にかかわる健康管理やメンタルへルスに関する研究や情報発信をおこなっている。
理化学研究所(理研)などで産業医業務をおこない職場の健康管理に通暁。(独)労働者健康福祉機構 産業保健総合支援センター相談員としてストレスチェック制度の講演を多数重ねる。
■専門分野
1)渡航医学(海外渡航にともなう感染症・予防接種・支援策など)
2)メンタルヘルス(ストレスチェック制度、職場のメンタルヘルス、海外赴任者のメンタルヘルスなど)
■主な著書
『「途上国」進出の処方箋―医療、メンタルヘルス・感染症対策』(経団連出版 2020年)
『パンデミック症候群―国境を越える処方箋』(エネルギーフォーラム 2015年)
『ドクトル外交官世界を診る』(星和書店 2008年)
『心に傷をうけた人の心のケア』(保健同人社 1999年)
『不安ときどき認知療法・・・のち心は晴れ』(星和書店 1993年)
■テレビ出演
読売テレビ「情報ライブ ミヤネ屋」「ウェークアップ」、毎日放送「ミント!」、関西テレビ「報道ランナー」等

出身校

川崎医科大学大学院修了(医学研究科)
オックスフォード大学Littlemore病院留学(カレッジ所属はグリーンカレッジ)

新入社員に「伝える」メンタルヘルス

<受講者の反応・成果>
新入社員研修や若手社員に対し、伝えるべき情報は何かを人事総務・産業保健担当者に話すことにより、長期的に利用可能なノウハウを提供できた。

<開催目的に対して>
引き続き、リピートをいただいた。次回は6月に予定。

主催者:岡山産業保健総合支援センター様

会合名:研修

2019 年 05 月実施 岡山県 官公庁 

高齢社会の落とし穴と対策

<受講者の反応・成果>
質疑が活発に出て、地域の高齢者への「見逃したり手遅れになると大変なこと」について理解を広めることが出来た。

<開催目的に対して>
責任者から感謝いただいた。

主催者:関西福祉大学様

会合名:地域連携フォーラム

2019 年 05 月実施 兵庫県 学校・PTA 

感染症から身を守る ~アジアを中心に~

<受講者の反応・成果>
アジア諸国に派遣予定者。実際の予防法、具体的な対処法が好評いただきました。

<開催目的に対して>
好評にて、リピートをいただきました。次回は5月に大阪で開催です。

主催者:国際交流基金様

会合名:日本語パートナーズ派遣前研修

2019 年 04 月実施 埼玉県 官公庁 

小規模事業場のメンタルヘルス対策 ~自殺予防を含め~

<受講者の反応・成果>
自殺予防月間の研修会として実施、兵庫県内で自殺率の比較的高位の県民局管内で、実際に使えるノウハウ、ツール、サインの見分け方など伝わった。

<開催目的に対して>
同上

主催者:丹波健康福祉事務所(丹波保健所)様

会合名:自殺予防研修会

2019 年 03 月実施 兵庫県 官公庁 

感染症から身を守る

<受講者の反応・成果>
東南アジアに日本語教育職として派遣される75名対象に、特に頻度の高い感染症や先輩の罹患実績のあるものについて予防法・処置法とともに伝えることができた。これは過去の実績からも有用であることが報告されている。

<開催目的に対して>
同上

主催者:立命館アジア太平洋大学(国際交流基金)様

会合名:日本語パートナーズ派遣前研修

2019 年 03 月実施 大分県 官公庁 

海外赴任者に伝えること

<受講者の反応・成果>
海外赴任者を送り出す企業の産業医・産業看護職に対して、リスクコミュニケーションの視点もあわせて伝えるべきこと、また、フォローすべきポイントを伝えた。

<開催目的に対して>
好評いただき、2回目のリピート。

主催者:海外勤務者健康管理協議会様

会合名:海外勤務者健康管理研修会

2018 年 03 月実施 大阪府 医療・福祉 

感染症予防のワザ~アジアを中心に~

<受講者の反応・成果>
インドネシアへ派遣される75名対象の講演。
これまでも重ねてリピートいただいており、そのアンケート結果を踏まえて改良を重ねた講演。
毎回、派遣国での健康管理に活かしていただいている。

<開催目的に対して>
次回もリピートいただいており、5月実施予定。

主催者:国際交流基金様

会合名:日本語パートナーズ派遣前研修

2018 年 03 月実施 大分県 官公庁 

海外生活と健康管理 ~感染症・メンタルヘルス・情報収集法~

<受講者の反応・成果>
海外赴任者を送り出す側の人事総務担当者に対して、海外赴任者への支援法やフォローアップの具体的方法論について効果的に伝えることが出来た。

<開催目的に対して>
在外企業協会との共催。同協会からは、3月に大阪で開催される同趣旨の講演依頼、リピートをいただいた。

主催者:愛知県経営者協会様

会合名:海外赴任者研修

2018 年 02 月実施 愛知県 会議所 

感染症予防のワザ ~アジアを中心に~

<受講者の反応・成果>
東南アジア(ベトナム・フィリピン・ラオス・台湾)へ派遣される50名対象の講演。講師の海外医療経験(アフリカ・アジア・欧州)を交えて、東南アジア赴任で身を守るのに必要なスキルを伝えた。
「目からウロコだった」「注意すべき点がわかった」等の好評コメント多数。

<開催目的に対して>
好評にてリピートいただいた(次回は8月にインドネシア・カンボジア赴任者研修依頼を受けている)

主催者:(独)国際交流基金様

会合名:日本語パートナーズ派遣前研修

2017 年 05 月実施 大阪府 官公庁 

新入社員に「伝える」メンタルヘルス

<受講者の反応・成果>
企業で研修にあたる人事総務職・産業保健職に対して、新入社員や若手社員に何を伝えるべきか、その伝え方のスキルとともに伝えた。自社に持ち帰り応用等の反応が得られた。

<開催目的に対して>
好評にてリピートいただいた。

主催者:(独)労働者健康安全機構 岡山産業保健総合支援センター様

会合名:企業向け研修

2017 年 05 月実施 岡山県 官公庁 

主催者登録はこちら(無料)
  • 主催者の方はこちら
  • 講師・出演者の方はこちら
  • マンガでわかる「SBマーケット」
  • SBコンシェル
ご利用者の声
  • 毎回、講師の選定が大変なストレスでしたが、どんな講師が応募してくれるだろう?と逆に楽しみに・・・ (福祉団体)
  • 講師募集から開催日まで時間がなかったにもかかわらず、すぐにメールが何通もきまして講師の層・・・ (業界団体)
  • いつも講師を探すのに苦労していましたが、今回は講師から、こちらの希望・条件にあわせて提案を・・・ (製造業)
  • 短期間で複数のセミナー案を企画しなくてはいけないので、毎回ネタに困っていました。講師の・・・ (OA機器販売)
  • 全国規模での「講演依頼」の内容・ニーズがよく分かり、講師側としての新たな勉強の意欲が・・・ (コンサルタント)
  • >>もっと見る
システムブレーンからのお知らせ
  • 2021年08月31日
    「SBマーケット」サービス終了のお知らせ


    この度、急激な変革期を鑑み、2021年9月末日を以て「SBマーケットサービス」を終了させていただく事となりました。

    ●9月末日をもって、新規の講師募集案件は受付終了となります。

    ●既に講師募集を開始された案件、講師が決定している案件につきましては、10月以降もSBマイページでのやり取りを重ねていただき、開催終了まで進行していただけます。

    長らく当サービスをご活用頂きました主催者様、講師の方々に深く御礼申し上げます。
    今後は、「SBコンシェル」サービスに注力して、オンライン開催を含めた皆様の多様なご要望にお応えしていく所存です。

    突然のご案内となり誠に申し訳ございません。何卒ご理解・ご容赦いただきますようお願い申し上げます。