髙木紀子

講師名 髙木紀子
講師名よみ たかきのりこ
肩書き 女神育成プロジェクト共同主宰
福島大学うつくしまふくしま未来支援センター相双地域支援サテライト教育環境整備担当
都道府県 福島県

「イマジネーションのあるまちづくりを」をテーマに、子育て支援、まちづくり、市民自治を中心に講演中。また女性応援団として「女神育成プロジェクト」を設立。さらに、福島大学うつくしまふくしま未来支援センター相双地域支援サテライト教育環境担当として活動中。

プロフィール

1957年 福島県生まれ
子育て時代に環境問題に関心を持ち、食品添加物や農薬について独学。学習会を主催するなど活動をはじめる。
1986年にチェルノブイリ原発事故が起こり、環境保全への思いを強くする。子どもたちの環境を守るためには「政治から変えなければ!」と市民の政治団体「国立・生活者ネットワーク」に参加。国立市の都市景観審議会委員、都市計画マスタープラン審議会委員を務め、まちづくりに関心を持つ。PTA活動多数。
国立・生活者ネットワーク事務局長。
2003年に国立市議会議員に初当選。2期8年務める。
対外活動として、東京都子どもの権利条例市民案や国民投票法市民案の作成に関わる。「多摩の地下水を守る会」事務局として地下水保全条例の市民案作成やフォーラムなど開催。
八ッ場ダム住民訴訟 東京裁判 原告団幹事(〜2012年)。
NPO市民討議会推進ネットワーク会員。
2011年 東日本大震災後、故郷である福島県いわき市へUターン。(『板谷』から『髙木』へ改姓)
2012年 女性が元気で楽しく生きられる社会をめざし「女神育成プロジェクト」を設立、運営している。
2015年~ 福島大学うつくしまふくしま未来支援センター相双地域支援サテライト教育環境整備担当。復興のためコーディネーターとして教育支援を行っている。
現在、講演活動、ブログ等を含め、環境保護や市民自治を広める活動を継続中である。
◇「無防備平和条例は可能だ―国立市議会審議の記録―」(無防備地域宣言運動全国ネットワーク編、耕文社)。
◆2013年 「彩りのとき」で、第36回 吉野せい賞 奨励賞受賞。

出身校

福島県立福島女子高等学校(現在の県立橘高等学校)
杉野学園ドレスメーカー女学院
現在、慶応大学法学部政治学科(通信教育課程)在学中

主催者登録はこちら(無料)
  • 主催者の方はこちら
  • 講師・出演者の方はこちら
  • マンガでわかる「SBマーケット」
  • SBコンシェル
ご利用者の声
  • 毎回、講師の選定が大変なストレスでしたが、どんな講師が応募してくれるだろう?と逆に楽しみに・・・ (福祉団体)
  • 講師募集から開催日まで時間がなかったにもかかわらず、すぐにメールが何通もきまして講師の層・・・ (業界団体)
  • いつも講師を探すのに苦労していましたが、今回は講師から、こちらの希望・条件にあわせて提案を・・・ (製造業)
  • 短期間で複数のセミナー案を企画しなくてはいけないので、毎回ネタに困っていました。講師の・・・ (OA機器販売)
  • 全国規模での「講演依頼」の内容・ニーズがよく分かり、講師側としての新たな勉強の意欲が・・・ (コンサルタント)
  • >>もっと見る
システムブレーンからのお知らせ
  • 2021年08月31日
    「SBマーケット」サービス終了のお知らせ


    この度、急激な変革期を鑑み、2021年9月末日を以て「SBマーケットサービス」を終了させていただく事となりました。

    ●9月末日をもって、新規の講師募集案件は受付終了となります。

    ●既に講師募集を開始された案件、講師が決定している案件につきましては、10月以降もSBマイページでのやり取りを重ねていただき、開催終了まで進行していただけます。

    長らく当サービスをご活用頂きました主催者様、講師の方々に深く御礼申し上げます。
    今後は、「SBコンシェル」サービスに注力して、オンライン開催を含めた皆様の多様なご要望にお応えしていく所存です。

    突然のご案内となり誠に申し訳ございません。何卒ご理解・ご容赦いただきますようお願い申し上げます。