若林計志

講師名 若林計志
講師名よみ わかばやしかずし
肩書き 人材育成コンサルタント
株式会社フローワン代表取締役
都道府県 東京都

プロフィール

著名な経営コンサルタントの元で日本最大級の海外オンラインMBAプログラムを立ち上げ、事務局長を約11年間務めた後、独立。MBAの最新理論と身近な事例を織り交ぜた分かりやすい解説、考えながら学べるワークショップ式研修で、ビジネスパーソンのマネジメント力アップに取り組んでいる。
岡山生まれ。米・オルブライト大学を卒業後、米ワシントンDCの外交政策シンクタンクを経て、国際紛争地での和解調停を専門とする日本紛争予防センターに参画。スリランカ/パレスチナなどに駐在。
その後、経営コンサルタントの大前研一氏が代表を務める株式会社ビジネス・ブレークスルーに設立1年目に入社。2000年より海外オンラインMBAプログラム(豪ボンド大学大学院とのパートナープログラム/Bond-BBT MBA)を立ち上げ、 カリキュラムデザイン、マーケティング、運営責任者を務めるかたわら、大前研一教授の「MBA経営戦略」のティーチングアシスタントなどを担当。2012年まで10年以上に渡り、同MBAプログラムの統括責任者を務めた。
コロンビア大学大学院の国際協力紛争解決センター(ICCCR)のB.フィッシャー博士より認定を受け、協調的交渉術公認トレーナーとして、企業のグローバルマネージャー、チームマネジメント研修などで講師を務める。
■著書
「プロフェッショナルを演じる仕事術」(PHP研究所)
「MBA流 チームが勝手に結果を出す仕組み」(PHP研究所)
「リーディングス組織経営」(岡山大学出版会)共著
■資格等
ASTD(米国人財開発機構)会員(テクノロジーラーニング研究会)。TOCfE(教育のための制約理論)国際認定プログラム修了。JMAA認定中小企業M&Aアドバイザリーコース修了。

出身校

米国 オルブライト大学
岡山県立 岡山一宮高校

戦略実行マネジメント:経営と現場をつなぐ「仕組み」の作り方

<受講者の反応・成果>
■理念とKPIがグリップすることでパフォーマンスが最大限発揮されることが分かりました。現在の職場で、今一度このズレを見つけ調整したいと思います。(20代・ベンチャー勤務)

■顧客にコンサルを提供する上で、自分の理解がより深まった事は非常に有意義でした。(40代女性・会社経営)

■「人の問題」と考えずに、「仕組み」を変えることで改善する事を忘れないよう心掛けたいと思います。(40代男性・管理職)

<開催目的に対して>
自社主催の定期セミナーです

主催者:株式会社フローワン様

会合名:

2014 年 01 月実施 東京都 サービス業 

主催者登録はこちら(無料)
  • 主催者の方はこちら
  • 講師・出演者の方はこちら
  • マンガでわかる「SBマーケット」
  • SBコンシェル
ご利用者の声
  • 毎回、講師の選定が大変なストレスでしたが、どんな講師が応募してくれるだろう?と逆に楽しみに・・・ (福祉団体)
  • 講師募集から開催日まで時間がなかったにもかかわらず、すぐにメールが何通もきまして講師の層・・・ (業界団体)
  • いつも講師を探すのに苦労していましたが、今回は講師から、こちらの希望・条件にあわせて提案を・・・ (製造業)
  • 短期間で複数のセミナー案を企画しなくてはいけないので、毎回ネタに困っていました。講師の・・・ (OA機器販売)
  • 全国規模での「講演依頼」の内容・ニーズがよく分かり、講師側としての新たな勉強の意欲が・・・ (コンサルタント)
  • >>もっと見る
システムブレーンからのお知らせ
  • 2020年01月01日
    あけましておめでとうございます
    お陰様で弊社の新サービス「SBマーケット」も10年目となりました。皆さんの日頃のご支援、ご協力に心より感謝申し上げます。
    今年も宜しくお願いいたします。
  • 2019年07月05日
    募集内容の書き方など、お気軽にご相談下さい。
    初めてSBマーケットをご利用される方の多くが、「講師募集の内容は、どんな事を書いたら良いのだろう?」と悩まれます。
    そうした際にはお気軽に事務局までご相談下さい。
    講師からの良いご提案が多く集まるように、募集内容のアドバイスや加筆なども行っております。
  • 2019年04月01日
    新年度です!
    多くの団体様にとって、4月は新年度の事業・催事の準備を進められる時期かと思います。外部から講師を招いての講演会・研修・セミナーなどお考えでしたら、ぜひ当サービス「SBマーケット」をご活用下さい。
     実力ある講師の方々が、皆様のお役に立つ「ご提案」をしていただけます!

    ※詳しくは、「マンガでわかるSBマーケット」をご覧ください。