加納寛子

講師名 加納寛子
講師名よみ かのうひろこ
肩書き 山形大学 基盤教育院 准教授
都道府県 山形県

スマホ・SNS等の不適切な使い方により、ネットいじめや不適切な画像のUP等々、現代的な青少年の問題の分析と指導法に関する研究に取り組んでいる。著書『いじめサインの見抜き方』『ケータイ不安 子どもをリスクから守る15の知恵』など多数。

プロフィール

■経歴
1995年東京学芸大学 教育学部
1999年東京学芸大学大学院 修士課程 教育学研究科 
2004年早稲田大学大学院 博士後期課程 国際情報通信研究科 マルチメディアサイエンスコース
■主な講演テーマ例
SNS・スマホ依存症に陥らないための習慣とは
『ネットいじめ』を防ぐために保護者・教員ができること
スマホとSNSに関する子どもたちの諸問題にどう対処するか?
ソーシャルメディアを漂流する子どもたち~ネットいじめの未然防止とその対応~
いじめサインの見抜き方 

■主な著書
『AI時代の情報教育』(大学教育出版/2017年)
『ネットいじめの構造と対処・予防』、金子書房(2016)
『いじめサインの見抜き方』(金剛出版/2014年)
『高等学校情報教科書「情報の科学」「社会と情報」』(数研出版/2013年)
『チャートで組み立てるレポート作成法』(丸善/2010年)
『即レス症候群の子どもたち ケータイ・ネット指導の進め方』(日本標準/2009年)
『ポイント整理 情報モラル』(数研出版/2009年)
『わかる授業の科学的探求 授業研究法入門』(図書文化/2009年)
『「誰でもよかった殺人」が起こる理由 ―秋葉原無差別殺人事件は何を問いかけたか―』
                                  (日本標準ブックレット/2008年)
『ケータイ不安 子どもをリスクから守る15の知恵』(NHK出版生活人新書/2008年)
『現代のエスプリ ネットジェネレーション バーチャル空間で起こるリアルな問題』(至文堂/2008年)
『ネットジェネレーションのための情報リテラシー&情報 モラルネット犯罪・ネットいじめ・学校裏サイト』            
                                             (大学教育出版/2008年)
『情報社会論~超効率主義社会の構図』(北大路書房/2007年)
『サイレント・レボリューション   ITによる脱ニート・脱フリーター』(ぎょうせい/2006年)
『実践情報モラル教育―ユビキタス社会へのアプローチ』(北大路書房/2005年)
『数学する心を育てる課題学習・選択数学・総合学習の教材開発』(明治図書/2005年)
『児童生徒が喜んで挑戦するコンピュータ課題集 情報活用力の育成をめざす』(明治図書/2003年)
『ポートフォリオで情報科をつくる 新しい授業実践と評価の方法』(北大路書房/2002年)

主催者登録はこちら(無料)
  • 主催者の方はこちら
  • 講師・出演者の方はこちら
  • マンガでわかる「SBマーケット」
  • SBコンシェル
ご利用者の声
  • 毎回、講師の選定が大変なストレスでしたが、どんな講師が応募してくれるだろう?と逆に楽しみに・・・ (福祉団体)
  • 講師募集から開催日まで時間がなかったにもかかわらず、すぐにメールが何通もきまして講師の層・・・ (業界団体)
  • いつも講師を探すのに苦労していましたが、今回は講師から、こちらの希望・条件にあわせて提案を・・・ (製造業)
  • 短期間で複数のセミナー案を企画しなくてはいけないので、毎回ネタに困っていました。講師の・・・ (OA機器販売)
  • 全国規模での「講演依頼」の内容・ニーズがよく分かり、講師側としての新たな勉強の意欲が・・・ (コンサルタント)
  • >>もっと見る
システムブレーンからのお知らせ
  • 2021年08月31日
    「SBマーケット」サービス終了のお知らせ


    この度、急激な変革期を鑑み、2021年9月末日を以て「SBマーケットサービス」を終了させていただく事となりました。

    ●9月末日をもって、新規の講師募集案件は受付終了となります。

    ●既に講師募集を開始された案件、講師が決定している案件につきましては、10月以降もSBマイページでのやり取りを重ねていただき、開催終了まで進行していただけます。

    長らく当サービスをご活用頂きました主催者様、講師の方々に深く御礼申し上げます。
    今後は、「SBコンシェル」サービスに注力して、オンライン開催を含めた皆様の多様なご要望にお応えしていく所存です。

    突然のご案内となり誠に申し訳ございません。何卒ご理解・ご容赦いただきますようお願い申し上げます。