本郷隆之

講師名 本郷隆之
講師名よみ ほんごうたかゆき
肩書き NPO法人日本障害者アイデア協会 理事長
都道府県 山梨県

障害者が考えたアイデアを社会に役立てる活動を行っている。アイデア啓発、特にユニバーサルデザインに関するアイデア・商品開発分野に強みを持つ。「高齢化社会への対応のために、障害者目線・高齢者目線での商品開発が重要であること」、「障害者がアイデアで活躍できること」を訴えている。

プロフィール

□活動趣旨
 ライターが「障害者の一言」から生まれたことをご存じでしょうか?
 火をつけるのにマッチしかなかった時代に「私は片手が不自由なのでマッチで火をつけることができない」という一言からライターは開発され、誰もが持っている大ヒット商品になりました。
 このライターの着眼点のように、健常者では気づくことができないこと、障害があるからこそ気づくことがあります。その気づきから生まれるアイデアはユニークで実用的。特に、本格的な高齢化社会を迎える我が国では、障害者目線の商品開発が必要となります。高齢者が増えると言うことは、心身に何らかの障害を持つ人が増えるからです。
 このように障害者の「気づき」は企業に利益をもたらし、誰もが暮らしやすい社会作りの役に立つのです。そこで、私は「障害者はアイデアや商品開発という舞台で活躍できる」ということを障害者に訴え、障害者に勇気と自信をもって頂けるような講演を行っています。
 また、企業には「障害者の声に耳を傾けることにより、ヒット商品を生み出すことができる」ことを訴える講演を行っています。
□ 経歴
1979:「発明を1つ考える」という夏休みの宿題で「スイカの種を簡単に取る器具」を作成。先生から高評価を得て、アイデアに興味を持つ
1989:法政大学卒業。システム開発会社に入社後、特許業界に転職
1996:障害を持つ子供を授かる
2004:自らのアイデア(しゃぶしゃぶのアクを簡単に取る方法)が人気番組「伊東家の食卓」で採用。
2010:障害児の母親達が子供の療育のために様々なアイデアを出し合っている姿をみて障害者アイデアに着目。障害者へのアイデアインタビューを開始
2012:日本障害者アイデア協会設立
2012:障害児の母親のアイデアを企業に紹介。自らのコーディネートでその母親と企業とが共同で実用新案権を取得
2012:NHK「おはよう日本」出演
□セミナー実績
東京商工会議所、築地ロータリークラブ、(株)JTB、ぴあ(株)、(株)ニチレイ、朝日カルチャーセンター等多数

出身校

法政大学

主催者登録はこちら(無料)
  • 主催者の方はこちら
  • 講師・出演者の方はこちら
  • マンガでわかる「SBマーケット」
  • SBコンシェル
ご利用者の声
  • 毎回、講師の選定が大変なストレスでしたが、どんな講師が応募してくれるだろう?と逆に楽しみに・・・ (福祉団体)
  • 講師募集から開催日まで時間がなかったにもかかわらず、すぐにメールが何通もきまして講師の層・・・ (業界団体)
  • いつも講師を探すのに苦労していましたが、今回は講師から、こちらの希望・条件にあわせて提案を・・・ (製造業)
  • 短期間で複数のセミナー案を企画しなくてはいけないので、毎回ネタに困っていました。講師の・・・ (OA機器販売)
  • 全国規模での「講演依頼」の内容・ニーズがよく分かり、講師側としての新たな勉強の意欲が・・・ (コンサルタント)
  • >>もっと見る
システムブレーンからのお知らせ
  • 2019年04月01日
    新年度です!
    多くの団体様にとって、4月は新年度の事業・催事の準備を進められる時期かと思います。外部から講師を招いての講演会・研修・セミナーなどお考えでしたら、ぜひ当サービス「SBマーケット」をご活用下さい。
     実力ある講師の方々が、皆様のお役に立つ「ご提案」をしていただけます!

    ※詳しくは、「マンガでわかるSBマーケット」をご覧ください。
  • 2019年01月01日
    あけましておめでとうございます
    お陰様で弊社の新サービス「SBマーケット」も9年目となりました。皆さんの日頃のご支援、ご協力に心より感謝申し上げます。
    今年も宜しくお願いいたします。
  • 2018年07月05日
    募集内容の書き方など、お気軽にご相談下さい。
    初めてSBマーケットをご利用される方の多くが、「講師募集の内容は、どんな事を書いたら良いのだろう?」と悩まれます。
    そうした際にはお気軽に事務局までご相談下さい。
    講師からの良いご提案が多く集まるように、募集内容のアドバイスや加筆なども行っております。