川崎大輔

講師名 川崎大輔
講師名よみ かわさきだいすけ
肩書き 合同会社アセアンプラスコンサルティング 代表
株式会社アセアンカービジネスキャリア 代表取締役
京都大学大学院経済学研究科東アジア研究センター外部研究員
都道府県 埼玉県

経済学修士、MBA、京大大学院(アジア自動車流通研究)。香港の会社にてアジア各国駐在(8年)後、帰国。中古車のガリバーインターナショナルにて海外事業、海外ビジネス/アジア市場における中古・金融・修理などアフター中心の流通調査等を担当。「日本とアジアの架け橋代行人」として活躍中。

プロフィール

日本とアジアの架け橋代行人です。アジア自動車市場でのビジネス経験、そしてアカデミックな知識の両方との関わりともっているのが私の強みです。単なる知識に留まらず具体的なビジネスを立ち上げてきた経験があります。6か国で駐在経験がありアジアすべてを自ら見てきました。
■職歴・経歴
埼玉生まれ。大学卒業後、香港の会社に就職しアジア各国(香港、タイ、マレーシア、シンガポール)に駐在。その後、大手中古車会社のガリバーインターナショナル海外事業部でインド、タイの自動車事業立ち上げを担当。一方で、日系企業と海外との架け橋をつくるべく特にアジア市場における中古・金融・修理などアフター中心の流通調査を行う。2015年半ばよりASEAN PLUS CONSULTINGにて日系企業のアジア進出の支援を行う。経済学修士、経営学修士(MBA)を取得。現在、京都大学大学院経済研究科東アジア経済研究センター外部研究員(アジア自動車流通研究)。MBA・外部研究員などのアカデミックな知識と、合計6ヶ国での海外駐在ビジネス経験、さらには海外での幅広いネットワークを結合して、ビジネスとして使えるアジア市場の情報を提供しています。
■専門分野
アジア自動車市場、アジア中古車流通、アジアアフターサービス市場、アジア自動車金融市場、タイ・プラスワン、アジアで働く心構え
■背景・活動歴など
中古車流通を海外で広めるため、アジアを中心とした海外各国での自動車流通調査を実施。事業会社の海外事業部にて海外中古車ビジネスの立ち上げに従事。そのような中、「日本がアジアでビジネスを行っていくには、もっとアジアを理解していくことが大切でその支援をしてアジアとの架け橋を創りたい」と痛感。日本が親、アジアが子というような見方はすでに変化しており、アジア市場の「活気」と「変化のスピード」を理解してビジネスをすることが大切。黎明期にあるアジア中古車市場を日本の中小企業を含む皆様と活性化させるべく、自らの得たアジアマーケットの知識・情報を提供する活動を実践中。
■直近コラム・講演・著書等々
・自動車情報総合サイト「レスポンス」コラム 【川崎大輔の流通大陸】 
・京都大学東アジア経済研究センター「アジア中古車流通研究会」講演
・『企業価値創造会計(共著)』(学文社)

出身校

カリフォルニア州立大学単位取得
埼玉大学大学院経済科学研究科
中央大学大学院国際会計研究科
京都大学大学院経済研究科東アジア経済研究センター外部研究員

主催者登録はこちら(無料)
  • 主催者の方はこちら
  • 講師・出演者の方はこちら
  • マンガでわかる「SBマーケット」
  • SBコンシェル
ご利用者の声
  • 毎回、講師の選定が大変なストレスでしたが、どんな講師が応募してくれるだろう?と逆に楽しみに・・・ (福祉団体)
  • 講師募集から開催日まで時間がなかったにもかかわらず、すぐにメールが何通もきまして講師の層・・・ (業界団体)
  • いつも講師を探すのに苦労していましたが、今回は講師から、こちらの希望・条件にあわせて提案を・・・ (製造業)
  • 短期間で複数のセミナー案を企画しなくてはいけないので、毎回ネタに困っていました。講師の・・・ (OA機器販売)
  • 全国規模での「講演依頼」の内容・ニーズがよく分かり、講師側としての新たな勉強の意欲が・・・ (コンサルタント)
  • >>もっと見る
システムブレーンからのお知らせ
  • 2021年08月31日
    「SBマーケット」サービス終了のお知らせ


    この度、急激な変革期を鑑み、2021年9月末日を以て「SBマーケットサービス」を終了させていただく事となりました。

    ●9月末日をもって、新規の講師募集案件は受付終了となります。

    ●既に講師募集を開始された案件、講師が決定している案件につきましては、10月以降もSBマイページでのやり取りを重ねていただき、開催終了まで進行していただけます。

    長らく当サービスをご活用頂きました主催者様、講師の方々に深く御礼申し上げます。
    今後は、「SBコンシェル」サービスに注力して、オンライン開催を含めた皆様の多様なご要望にお応えしていく所存です。

    突然のご案内となり誠に申し訳ございません。何卒ご理解・ご容赦いただきますようお願い申し上げます。