西村正行

講師名 西村正行
講師名よみ にしむらまさゆき
肩書き 魅力を引き出す話し方講師
アナウンサー
都道府県 山口県

局アナ、報道記者時代に1万人以上のインタビューを経験。各々の魅力を引き出し、伝える話し方、文章の書き方を伝授。取材経験と上場企業の広報を基にした記者会見対策や広報対策にも精通。

プロフィール

■職歴・経歴
山口県岩国市生まれ。1996年岩手朝日テレビ(テレビ朝日系)開局一期生アナウンサー兼記者として入社。ニュースキャスター、スポーツ実況、ニュース取材などを主に担当。放送人として正しい日本語や、わかりやすく良く伝わる表現を培う。長野五輪開催時には、テレビ朝日系取材団の一員として、テレビ朝日内での出稿などに携わる。
原爆報道に携わりたいとの当初の思いがあり、5年後、長崎国際テレビ(日本テレビ系)にアナウンサー兼記者として移籍。ニュース番組リポーター、スポーツ実況、ニュース取材などを担当。さらに、原爆報道キャップや報道デスク、報道特別番組のディレクター、キャスターも経験。取材項目決定や人員配置、後輩記者の指導、原稿チェックなどのマネジメントも経験。スクープで報道部長賞を1年に2度受賞するなど、中途採用ながら社内での信頼を得る。
局アナ経験は約10年。取材3,000本以上、インタビューした人数は10,000人を超える。その後、ガンホー・オンライン・エンターテイメントで企業広報を経験。メディア担当はもちろん、危機管理マニュアル作成などにも携わる。
2011年フリーに。広島の民放局でナレーター兼ディレクターを経験する傍ら、講師業もスタートした。
■専門分野
話し方(専門的なアナウンス、一般的な話し方、電話応対)、面接対策、就活対策、エントリーシート対策など。
■活動歴
鹿児島大学、山口大学、徳山大学、山口県立大学、近畿大学、大分県立文化芸術短期大学、日本経済新聞社主催の就活イベント等で講師として活動。100回を超える。人前で話す機会が少ない受講者の多くが、自身の稀有な経験を見いだせず苦しんでいることを実感。私自身のインタビュー経験を生かし、各々の経験を掘り下げ、それが魅力だと自覚させ、わかりやすく伝える手法も紹介し、受講者の表現力向上につなげている。
■その他
撮影、編集、ナレーションをワンストップでこなす映像制作にも精通。自身のYouTubeチャンネルで情報を発信中。

出身校

大阪芸術大学芸術学部放送学科

参考動画

局アナ経験者直伝!若手社員のための話し方講座

主催者:福江商工会議所様

会合名:新入社員激励大会

2015 年 06 月実施 長崎県 会議所 

話し方講座

主催者:山口大学様

会合名:

2015 年 05 月実施 山口県 学校・PTA 

就活を勝ち抜く話し方講座

主催者:鹿児島大学様

会合名:

2015 年 04 月実施 鹿児島県 学校・PTA 

インターンシップセミナー 話し方講座

主催者:日本経済新聞社西部支社様

会合名:インターンシップセミナー

2014 年 09 月実施 福岡県 情報通信業 

自信がつく話し方講座

主催者:近畿大学工学部様

会合名:

2013 年 04 月実施 広島県 学校・PTA 

主催者登録はこちら(無料)
  • 主催者の方はこちら
  • 講師・出演者の方はこちら
  • マンガでわかる「SBマーケット」
  • SBコンシェル
ご利用者の声
  • 毎回、講師の選定が大変なストレスでしたが、どんな講師が応募してくれるだろう?と逆に楽しみに・・・ (福祉団体)
  • 講師募集から開催日まで時間がなかったにもかかわらず、すぐにメールが何通もきまして講師の層・・・ (業界団体)
  • いつも講師を探すのに苦労していましたが、今回は講師から、こちらの希望・条件にあわせて提案を・・・ (製造業)
  • 短期間で複数のセミナー案を企画しなくてはいけないので、毎回ネタに困っていました。講師の・・・ (OA機器販売)
  • 全国規模での「講演依頼」の内容・ニーズがよく分かり、講師側としての新たな勉強の意欲が・・・ (コンサルタント)
  • >>もっと見る
システムブレーンからのお知らせ
  • 2021年08月31日
    「SBマーケット」サービス終了のお知らせ


    この度、急激な変革期を鑑み、2021年9月末日を以て「SBマーケットサービス」を終了させていただく事となりました。

    ●9月末日をもって、新規の講師募集案件は受付終了となります。

    ●既に講師募集を開始された案件、講師が決定している案件につきましては、10月以降もSBマイページでのやり取りを重ねていただき、開催終了まで進行していただけます。

    長らく当サービスをご活用頂きました主催者様、講師の方々に深く御礼申し上げます。
    今後は、「SBコンシェル」サービスに注力して、オンライン開催を含めた皆様の多様なご要望にお応えしていく所存です。

    突然のご案内となり誠に申し訳ございません。何卒ご理解・ご容赦いただきますようお願い申し上げます。