後閑愛実

講師名 後閑愛実
講師名よみ ごかんめぐみ
肩書き 看取りコミュニケーション講師
看護師
都道府県 群馬県

1000人以上の患者の看護に携わる中、いのちの場面に立ち会った経験から学んだことを生かし、現在、病院の非常勤看護師として勤務する傍ら、研修、講演、執筆などを行っている。講演会、トークイベントで、参加者から感謝と感動の声が続々と寄せられている。著書に『後悔しない死の迎え方』。

プロフィール

■職歴・経歴
群馬パース看護短期大学卒業後、2003年より看護師として病院勤務。現在は療養病棟に勤務している。1000人以上の患者と関わる中で、様々な患者を看取る。看取ってきた患者から学んだことを生かして、看護師をしながら看取りの際のコミュニケーションの方法を、2013年より研修・講演を通して伝えている。
■実績
丹波市立看護専門学校(兵庫)/坂出医師会(香川県)/SORA訪問看護ステーション(大阪府)/福島県介護支援専門員協会(福島県)/埼玉県委託セミナー(埼玉県)/山岸和敬荘(岩手県)/いわき市医療センター看護専門学校(福島県)/桶川市役所(埼玉県)/九州ホスピタルショウ2019(福岡県)/日光市役所(栃木県)/香川県老人福祉施設協議会(香川県)など
■執筆
読売新聞医療系ポータルサイト「ヨミドクター」で『看取りのチカラ』連載中
雑誌「月刊ナーシング」で『まんがでわかるはじめての看取りケア』連載(2020.3終了)
ダイヤモンド・オンライン/上毛新聞「視点オピニオン」などにも連載中
■著書
『後悔しない死の迎え方』(ダイヤモンド社)
■NHK「首都圏ネットワーク」(2019年12月25日放送回)で活動が取り上げられる。

【講演会参加者の感想】
介護職員は、看取りについて… いや、私は罪悪感が心を埋め尽くすことの方が多く、あの時好きなものを食べてもらっていたら…もっと体調をしっかり看護に伝えていたら…
もっと、看取りの時に出来るケアは無いのか?
そんな宿題を持っていきましたが…
あ!そういう風にとらえているんだ~
なるほど~私達が出来ることは、普段のケアにあったし、本人と家族それぞれに対しても死に対する考えの違い、現場にいる後閑愛実さんだからこそ、とても伝わりやすい話だった…私も職場でこの話を伝えていこうと思いました。
ヨミドクターで『看取りのチカラ』(原作・執筆)連載中
新人看護師ゆきが、看取りケアを通して成長していく連載まんがです。ストーリーはすべて、名前や病名、設定などは変更していますが、看護師として後閑愛実が実際に体験したことがもとになっています。
原作:後閑愛実
​作画:なかもと ゆき
著書『後悔しない死の迎え方』(ダイヤモンド社)
人は自分の死を自覚した時、あるいは死ぬ時に何を思うのか。
15年間にわたり医療現場で1000人以上の患者に関わってきた看護師が体験した、現実でのさまざまな死の迎え方を紹介しつつ、死に際した本人や家族にとって後悔を残さない最期の迎え方の秘訣を具体的に説いていく。

出身校

上尾市立 鴨川小学校
上尾市立 南中学校
私立 星野女子高等学校
群馬パース看護短期大学 看護学科

参考動画

主催者登録はこちら(無料)
  • 主催者の方はこちら
  • 講師・出演者の方はこちら
  • マンガでわかる「SBマーケット」
  • SBコンシェル
ご利用者の声
  • 毎回、講師の選定が大変なストレスでしたが、どんな講師が応募してくれるだろう?と逆に楽しみに・・・ (福祉団体)
  • 講師募集から開催日まで時間がなかったにもかかわらず、すぐにメールが何通もきまして講師の層・・・ (業界団体)
  • いつも講師を探すのに苦労していましたが、今回は講師から、こちらの希望・条件にあわせて提案を・・・ (製造業)
  • 短期間で複数のセミナー案を企画しなくてはいけないので、毎回ネタに困っていました。講師の・・・ (OA機器販売)
  • 全国規模での「講演依頼」の内容・ニーズがよく分かり、講師側としての新たな勉強の意欲が・・・ (コンサルタント)
  • >>もっと見る
システムブレーンからのお知らせ
  • 2021年08月31日
    「SBマーケット」サービス終了のお知らせ


    この度、急激な変革期を鑑み、2021年9月末日を以て「SBマーケットサービス」を終了させていただく事となりました。

    ●9月末日をもって、新規の講師募集案件は受付終了となります。

    ●既に講師募集を開始された案件、講師が決定している案件につきましては、10月以降もSBマイページでのやり取りを重ねていただき、開催終了まで進行していただけます。

    長らく当サービスをご活用頂きました主催者様、講師の方々に深く御礼申し上げます。
    今後は、「SBコンシェル」サービスに注力して、オンライン開催を含めた皆様の多様なご要望にお応えしていく所存です。

    突然のご案内となり誠に申し訳ございません。何卒ご理解・ご容赦いただきますようお願い申し上げます。