山川裕隆

講師名 山川裕隆
講師名よみ やまかわひろたか
肩書き 時事総合研究所客員研究員
前時事通信社解説委員兼前国際室次長
都道府県 千葉県

東南アジアに進出している日本企業の動向や東南アジアで成功すためのヒント、ASEAN経済共同体に関すること、東南アジア各国のメリット・デメリットなどを自分で撮ってきた写真や図、表などを使いながら、分かりやすく解説します。

プロフィール

■職歴・経歴
1951年6月生まれ。青森県五所川原市出身。
1975年青山学院大学法学部卒業、同年時事通信社入社。
主に経済部に所属し、旧通産省や農林水産省を担当したほか、自動車産業や流通(百貨店やスーパーなど)、旧大蔵省のキャップを歴任。その後、経済部次長や産業部次長。
2004年からは解説委員や国際室次長などを務め、日刊WEBサービス「時事アジア速報」の編集を担当。また、「ベトナム速報」を立ち上げました。2012年から時事総合研究所客員研究員に就任、東南アジアの国々(タイ、ベトナム、インドネシア、ミャンマー、カンボジア、ラオス)を訪問し、取材を続けています。
現在行っている東南アジア関連の取材は12年になります。最近も日本企業の進出が加速しているミャンマーやタイ、カンボジア、ラオスなど東南アジアの国々を訪問し、現地に進出している日本企業を直接取材し続けています。また、各国の工業団地を視察し、それぞれの工業団地の電力や水道、下水道などインフラ状況、賃貸料などを聞いて、東南アジアへの進出を検討している企業などに情報を提供しています。このほか、東南アジア各国の外国企業の誘致策や政治状況などについても取材しています。
そうした各国の最新状況について連載記事にまとめ、時事速報などに掲載し、配信しています。
また、企業経営者の団体や大学などで「最新の東南アジア事情」「ASEAN経済共同体と日本企業の東南アジア進出状況」「ASEAN経済共同体と東南アジア進出企業の成功事例」「ジャーナリストから見た最新のベトナムとミャンマー」などと題して講演もしています。

出身校

五所川原市立南小学校
五所川原市立五所川原中学校
青森県立五所川原高校
青山学院大学法学部公法学科

主催者登録はこちら(無料)
  • 主催者の方はこちら
  • 講師・出演者の方はこちら
  • マンガでわかる「SBマーケット」
  • SBコンシェル
ご利用者の声
  • 毎回、講師の選定が大変なストレスでしたが、どんな講師が応募してくれるだろう?と逆に楽しみに・・・ (福祉団体)
  • 講師募集から開催日まで時間がなかったにもかかわらず、すぐにメールが何通もきまして講師の層・・・ (業界団体)
  • いつも講師を探すのに苦労していましたが、今回は講師から、こちらの希望・条件にあわせて提案を・・・ (製造業)
  • 短期間で複数のセミナー案を企画しなくてはいけないので、毎回ネタに困っていました。講師の・・・ (OA機器販売)
  • 全国規模での「講演依頼」の内容・ニーズがよく分かり、講師側としての新たな勉強の意欲が・・・ (コンサルタント)
  • >>もっと見る
システムブレーンからのお知らせ
  • 2019年04月01日
    新年度です!
    多くの団体様にとって、4月は新年度の事業・催事の準備を進められる時期かと思います。外部から講師を招いての講演会・研修・セミナーなどお考えでしたら、ぜひ当サービス「SBマーケット」をご活用下さい。
     実力ある講師の方々が、皆様のお役に立つ「ご提案」をしていただけます!

    ※詳しくは、「マンガでわかるSBマーケット」をご覧ください。
  • 2019年01月01日
    あけましておめでとうございます
    お陰様で弊社の新サービス「SBマーケット」も9年目となりました。皆さんの日頃のご支援、ご協力に心より感謝申し上げます。
    今年も宜しくお願いいたします。
  • 2018年07月05日
    募集内容の書き方など、お気軽にご相談下さい。
    初めてSBマーケットをご利用される方の多くが、「講師募集の内容は、どんな事を書いたら良いのだろう?」と悩まれます。
    そうした際にはお気軽に事務局までご相談下さい。
    講師からの良いご提案が多く集まるように、募集内容のアドバイスや加筆なども行っております。