内野安彦

講師名 内野安彦
講師名よみ うちのやすひこ
肩書き 元長野県塩尻市立図書館長、元茨城県鹿嶋市立図書館長
立教大学兼任講師、同志社大学嘱託講師
都道府県 茨城県

大学で司書科目、大学院で図書館政策論を担当。文部科学省や都道府県立図書館等が主催する研修会や講演会の講師として、これまで170回余、全国で講師を務める。また、毎週、コミュニティFMラジオで「Dr.ルイスの“本”の楽しみ」のパーソナリティを務める。図書館に関する著書多数。

プロフィール

■職歴
 昭和54年、茨城県鹿島町役場(現在の鹿嶋市)入庁。図書館長、学校教育課長を歴任、28年間奉職し、平成19年3月退職。平成19年4月、長野県塩尻市からの招聘に応じ市役所入庁。新図書館建設の指揮を執りつつ、図書館長も務める。新館をオープンさせ、平成24年3月早期退職。現在は、立教大学、同志社大学、熊本学園大学で教鞭を執る。
■最終学歴
 筑波大学大学院図書館情報メディア研究科博士後期課程中退(図書館情報学修士)
■主な著書
 『だから図書館めぐりはやめられない』、ほおずき書籍、平成24年
 『図書館はラビリンス』、樹村房、平成24年
 『図書館長論の試み』、樹村房、平成26年
 『塩尻の新図書館を創った人たち』、ほおずき書籍、平成26年
 『ちょっとマニアックな図書館コレクション談義』〔編著〕、大学教育出版、平成27年 
 『図書館はまちのたからもの』、日外アソシエーツ、平成28年
 『クルマの図書館コレクション』、郵研社、平成28年
 『ラジオと地域と図書館と』、ほおずき書籍、平成29年
 『スローライフの停留所』 、郵研社、平成30年
■社会活動
 現在は、茨城県ひたちなか市の図書館協議会委員、公益社団法人日本図書館協会認定司書審査会委員など
■その他
 FMかしま「Dr.ルイスの本の楽しみ」のパーソナリティ(日本で唯一の図書館と本をテーマにした番組。放送開始して300回を超える)
■ホームページ  tttps://uchinoyasuhiko.wordpress.com/

出身校

筑波大学大学院 図書館情報メディア研究科博士後期課程中退
図書館情報大学大学院 情報メディア研究科博士前期課程終了

主催者登録はこちら(無料)
  • 主催者の方はこちら
  • 講師・出演者の方はこちら
  • マンガでわかる「SBマーケット」
  • SBコンシェル
ご利用者の声
  • 毎回、講師の選定が大変なストレスでしたが、どんな講師が応募してくれるだろう?と逆に楽しみに・・・ (福祉団体)
  • 講師募集から開催日まで時間がなかったにもかかわらず、すぐにメールが何通もきまして講師の層・・・ (業界団体)
  • いつも講師を探すのに苦労していましたが、今回は講師から、こちらの希望・条件にあわせて提案を・・・ (製造業)
  • 短期間で複数のセミナー案を企画しなくてはいけないので、毎回ネタに困っていました。講師の・・・ (OA機器販売)
  • 全国規模での「講演依頼」の内容・ニーズがよく分かり、講師側としての新たな勉強の意欲が・・・ (コンサルタント)
  • >>もっと見る
システムブレーンからのお知らせ
  • 2019年04月01日
    新年度です!
    多くの団体様にとって、4月は新年度の事業・催事の準備を進められる時期かと思います。外部から講師を招いての講演会・研修・セミナーなどお考えでしたら、ぜひ当サービス「SBマーケット」をご活用下さい。
     実力ある講師の方々が、皆様のお役に立つ「ご提案」をしていただけます!

    ※詳しくは、「マンガでわかるSBマーケット」をご覧ください。
  • 2019年01月01日
    あけましておめでとうございます
    お陰様で弊社の新サービス「SBマーケット」も9年目となりました。皆さんの日頃のご支援、ご協力に心より感謝申し上げます。
    今年も宜しくお願いいたします。
  • 2018年07月05日
    募集内容の書き方など、お気軽にご相談下さい。
    初めてSBマーケットをご利用される方の多くが、「講師募集の内容は、どんな事を書いたら良いのだろう?」と悩まれます。
    そうした際にはお気軽に事務局までご相談下さい。
    講師からの良いご提案が多く集まるように、募集内容のアドバイスや加筆なども行っております。