宮田 晃

講師名 宮田 晃
講師名よみ みやたあきら
肩書き 心理相談員
生きがい・子育て講演 講師
都道府県 広島県

阪大卒後、マツダに入社。エンジニアとして米国赴任。在勤中、ブログ「幸せのDNA~学校では教えてくれない大切なこと」を開設。現在“心あたたまる感動と、やさしい気持ちと夢を届ける活動”を実践中。子どもたちは生きる希望を、親は子どもを愛おしいと感じ、笑顔で子育てができるようにと願って。

プロフィール

■略歴
大阪大学 基礎工学部 卒。
マツダ(株)に入社。エンジニアとして米国に赴任。帰国後、経営管理、全社変革活動などを担当。
「すべての営みは人の心に行きつく」と気づいて、心理学やカウンセリングを学び始める。
現在は、心理相談員としてメンタルの問題に対応するかたわら、ブログでの発信、講演活動、子どもたちや子育てに悩む保護者の相談に乗っている。
■想い
子どもは、愛され受け入れられることで、「自分は愛されるに値する人間なんだ」という自己肯定感が生まれます。この自己肯定感が、意欲、夢、思いやり、人を愛する心の基本になります。この子育ての基本は、人が幸せに生きるために必要なポインでもあったのです。
本来の子育ては喜びに満ちています。愛されていることに気づけば、子どもは生き生きとした笑顔を取り戻します。人はいくつになっても夢を持つことができます。
これまで、延べ5千人を越える方々に講演を行いました。メール相談では6千通以上のやりとりがありました。「感動して涙が出た」「すべての言葉が心に響いた」「これから生きていく力と元気をもらった」「思春期真っ最中の子どもに悩んでいたので、聞けて良かった」「温かくやさしい気持ちになった」……そんな、いっぱいの熱い感想をもらい、もっと多くの人、多くの子どもたちと話す機会を持ちたいと思っております。
■講演の特徴
子どもたちは、生きる価値を感じ、未来に希望を持って頑張ろうと思う。親御さんたちは、我が子を愛おしいと感じ、肩の力を抜いて子育てができる。地域で活躍する方々は、生きがいをもって、やさしい気持ちで生きていく――そんなお話しです。
① 聴いた人が心で感じ、納得し、明日への意欲がわきます。
② 難しい言葉は使わず、経験に基づいた身近な事例を使って、分かりやすくお話しします。
③ インタビューや寸劇を交え、飽きることなく楽しく聴いてもらいます。
④ 心で感じた上で、どう行動すればいいかがわかります。
■講師の公式ブログ
『幸せのDNA~学校では教えてくれない大切なこと』
http://ameblo.jp/miyatawsp/

中学生向けの講演の様子 PTAでの講演の様子 子育て講演でのスライド(例)

出身校

広島県安芸郡海田町立 東海田小学校
私立 修道中学校
私立 修道高等学校
国立 大阪大学 基礎工学部 制御工学科

『親も子も輝いて生きる』

<受講者の反応・成果>
■概要
広島市立 南観音小学校の「心の参観日」(※)に合わせて、保護者向けの「子育て講演」を行った。校長先生からは、「特に、反抗期への対応の仕方を」との要望があった。テーマ「親も子も輝いて生きる」で、45分の講演を行った。

※広島市の各学校で実施している「心の参観日」は、「学校が道徳の授業を家庭や地域に公開し、道徳教育について相互理解を図り、児童生徒の命の大切さや思いやりなどの豊かな心をはぐくむ」ことが目的。

■内容
子どもは、愛されることで、「自分は愛されるに値する人間なんだ」という生きる力(自己肯定感)を育む。しかし、親の愛はいつもうまく子どもに伝わるとは限らない。愛が伝わらない事例や、愛の伝え方のコツを、反抗期に焦点を当てて話した。

■参加者の声
受講した保護者の皆さんから、たくさんの熱い感想と、「ありがとう」の言葉を頂いた。以下、抜粋。

「今まさにつまずいている事のお話しが聞けてよかったです。子どもにやさしく接していけそうです」
「今、本当に必要としている話でした。子どもがありのままの自分が愛されていると感じられるように、接していこうと思いました」
「中3、小6、小4の娘がいます。小4の娘が反抗期に入ってきたかなと思っているとこで、今日のお話しを生かせると、ちょっと明るい気持ちになりました。『反抗期か、どーんと来い!』と思えます!」
「私自身の自己肯定感が育まれているか、自信がなくなるときがありますが、『私は私でいいんだ』というところから、自分自身が変わっていけたらと思います。お話しがきけて良かったです」
「子どもは完璧な親を求めているのではなく、今のあなたを求めていると聞き、心が楽になりました」
「とても分かりやすくあたたかい講演で、気持ちがすっとしました。子育てはこれからも続きますが、自分のこともほめてあげながら、子どもと一緒に成長し、みんなで笑顔で進んでいきたいと思います」
「小4の子どもが、『自分は存在する価値があるのか』と質問してきたので、まさに今日の内容でした。聞くことができてよかったです」
「分かりやすく、すべての話が心に残りました。自己肯定感、大事にします」
「とても聞きやすいお話しで、あっという間でした。気持ちが楽になりました。帰ったら、ゆっくり子どもと話をしてみたいです」
「今まで悩んでいたことが、答えが出たようでとてもためになりました。実行するのはなかなか大変だけど、がんばってやっていこうと思いました」

<開催目的に対して>
45分間と、通常より短い時間であったが、大切なポイントは伝えることができた。定員を大きく上回る60名を超える参加があり、会場は補助イスを出すほどの満席となった。

主催者:広島市立 南観音小学校様

会合名:子育て講演会

2017 年 01 月実施 広島県 学校・PTA 

生きがいのある人生 ~ わたしの居場所、みんなの居場所

<受講者の反応・成果>
■概要
広島市老人大学の一般教養講座で、講演「「生きがいのある人生」を行った。大学の1年~3年生(65歳以上)約300人対象の、1時間半の講演。

■内容
自分が大切にされていることに気づくこと、そして自分が大切に思っている人たちに気づくこと――それが、生きがいの基本。自分が大切にされていると気づく、大切な人を増やす、自分が大切に思う人は誰か、大切な人に何を遺すかを参加者と一緒に考えた。

■参加者の声
「すべての言葉が身にしみた」「自信が持てた」「心が楽になった」「家族にも話したい」など、大きな反響を頂いた。

<参加者の感想より>
・「愛」の大切さを改めて感じた時間でした! とても分かりやすくお話しされたので、ずっと引き込まれて、1時間半があっという間でした。
・とても内容のある講座だった。生きる目的があり、毎日を楽しく皆の役に立てる自分がいるし、皆を愛し続けて生きてゆきたい。この広島が大好きで、日本人に生まれたことがうれしい。
・身近なことから広がっていく善意の輪が、大げさにいえば世界に広がっていくように心がけて、これから生活してゆくことが大切だと実感しました。
・マンネリ化した生活の中で失いがちになる人間の尊厳の大切さを再確認しました。
・理解しやすいお話しで、自分の中にすーと入り、気持ちが軽やかになりました。幸せであることに感謝し、夢を持つことの大切さを改めて感じました。
・今後の生き方に、そして家族、社会との付き合い方に、とても参考になりました。

<老人大学入学の動機と合わせて、感想をくださった方もいた>
・人生一回、悔いのない人生を送りたいと、この大学に入学しました。今日みたいな心に響く講座を求めていました。日本人の素晴らしい「心」を思い出しました。涙が出ました。
・世話する子どもも親もいなくなって、空の巣症候群になりそうだったので、老人大学に入りました。今日の講座は、これからの生活の指針になったような気がします。

<いつか必ずやってくる最期に思いをはせた「終活」につながる感想もあった>
・日々確実に死に向けて刻んでいるとすれば、今日のお話しは、私のできること、私の楽しみ方等に、”勇気”を持って新たな日々につなげられそうです。
・本当に良い話を聞きました。短いこの先の人生を、楽しく、よりいっそう生きがいのある人生を送れるよう心掛けて生きていこうと思います。
・救われた気持ちになりました。残りの人生、周りの人のために確かな道を歩きたい。

<開催目的に対して>
社会福祉協議会の担当の方も、受講者からのたくさんの熱い感想に驚くと同時に、大変喜んでくださった。

【講師の公式ブログの関連記事】
第301話)老人大学の熱気と終活
http://ameblo.jp/miyatawsp/entry-12247688114.html

主催者:広島市社会福祉協議会様

会合名:広島市老人大学 一般教養講

2016 年 11 月実施 広島県 市民大学等 

幸せのDNA~輝いて生きるために

<受講者の反応・成果>
■概要
広島市立 五日市南中学校の「心の参観日」(※)で、講演「幸せのDNA~輝いて生きるために」を行った。1年~2年生約400名と、教職員、保護者が対象の、1時間の講演。

※広島市の各学校で実施している「心の参観日」は、「学校が道徳の授業を家庭や地域に公開し、道徳教育について相互理解を図り、児童生徒の命の大切さや思いやりなどの豊かな心をはぐくむ」ことが目的。

■内容
一人ひとりが大切にされており、かけがえのない存在であることを実感してもらった上で、生きるとは、働くとは、幸せとは何かを、一緒に考えた。思春期の悩みや、いじめの問題も取りあげた。現在の学校生活だけでなく、今後の人生の指針となる内容。

■参加者の声
たくさんの熱い感想と、「ありがとう」の言葉をもらった。

<生徒からの感想文より>
・ 落ち込んでいる時にこの話を聞けて、本当によかったです。すべての言葉が胸に響きました。感動して泣きそうになりました。
・ 最初は「めんどくせっ」と思っていたけど、聞くにつれて「そうなんだ」と思うようになり、心がとても軽くなりました。今日の話は、ぼくの人生にとって心の支えになると思います。
・ 今まで悩んでいたのがなんだったんだろうというほど、体が軽く、明るい気持ちです。
・ 自分の存在価値をしっかりと知ることができました。生きていく自信が持てました。愛情をいっぱいもらおうと思いました。大切な人にたくさんよいことをして、喜んでもらおうと思いました。
・この世には、いらない人なんていないんだと実感しました。
・ 「自分は幸せじゃないなぁ」と思うことがあったけど、「幸せに気づいていないだけ」ということがわかりました。
・ 今日の言葉をお守り代わりにして、たくさんのことにチャレンジしていこうと思いました。
・ お話しが聞けて、自分は幸せ者だと思いました。今日は休まなくてよかったと思いました。明日から、ちがう自分になっていこうと思いました。今日ここにいなかったら、人生の半分損していたなと思いました。
・ 「自分は輝いていいんだ」「主人公でいいんだ」と思いました。
・ 世界には70億人の人がいるけど、「みんなちがって、みんないい」から、自分の誇れるところを伸ばして、がんばっていけたらいいと思いました。
・ 今日の話を聞いて、いじめのない輝いて育っていける南中にしたいと思います。

<開催目的に対して>
校長先生から「生徒たちはお話を聞いて、人に喜んでもらえる人になることが自分の幸せにつながるということを学んだようです。わかりやすくパワーポイントを使ってのお話しをとても喜んでおりました」とのお言葉を頂いた。

主催者:広島市立 五日市南中学校様

会合名:心の参観日

2016 年 11 月実施 広島県 学校・PTA 

親も子も輝いて生きる~こどもとの接し方と子育てのアドバイス

<受講者の反応・成果>
■概要
ひとり親で子育て中の方々向けに、講演『親も子も輝いて生きる~こどもとの接し方と子育てのアドバイス』を行いました。ひとり親以外の地域の方にも声をかけてもらい、10代から70代まで、約30名の参加がありました。

■内容
我が子を愛する気持ちを再確認してもらったうえで、愛が伝わらない事例や、愛の伝え方のコツを紹介しました。通常の子育て講演の内容に加え、ひとり親が特に考慮すべきポイントを入れました。

■参加者の声
ひとり親の方、未婚の10代の方、孫育て世代の方など、それぞれのお立場より、温かい感想を頂きました。
「親子のあり方を再認識した」
「とても良かった、自分が洗われた感じです」
「子育ては卒業しましたが、どの世代が聞いても良いお話しでした」
「こういう講演会、きいてみたかったです!」
「涙が出そうになりました。 認められるっていうことは、とても大事だと思いました」
「子どもの気持ちに寄りそっていきたいなと思いました」
「書きとめて読み返して、今日のお話しを忘れないようにしたいです」
「親になる前に、愛の伝え方や接し方を学ぶことができて良かったです」

<開催目的に対して>
主催者にも大変満足頂き、担当者の方から次のようなお言葉を頂きました。
「参加者の皆様より 心温まる良いお話だったと称賛のお言葉を頂き、お願いして本当に良かったと大変嬉しく思っております。お話を聞いて、私も、自分の親に、そしてわが子に、あらためて感謝の気持ちが湧いてきました」

【講師の公式ブログの関連記事】
第296話)抱きしめることができなかった
http://ameblo.jp/miyatawsp/entry-12228294987.html

主催者:広島県ひとり親家庭等福祉連合会様

会合名:ひとり親家庭等生活向上講習会

2016 年 10 月実施 広島県 医療・福祉 

親も子も輝いて生きていくために

<受講者の反応・成果>
■概要
一般の子育て中の方々向けに、飛び入り参加も可能な子育て講演『親も子も輝いて生きていくために』を行いました。講演時間は1時間半。幅広い年齢層から、約30名の参加がありました。

■内容
我が子を愛する気持ちを再確認してもらったうえで、愛が伝わらない事例や、愛の伝え方のコツを紹介しました。一般の方向けということで、乳幼児から子どもの自立まで、子育てのプロセスをすべて網羅する内容としました。また、気持ちにゆとりを持って、楽しい子育てができるよう、親自身の生き方の参考になる内容にもふれました。

■参加者の声
・大変内容の濃い講演でした。3歳、0歳の2人の娘の父ですが、今だけでなく今後もずっと参考になるお話しを聴けたと思います。(30代、男性)

・子どものイヤイヤも必要なことだとは思いながらも悩んでいましたが、子どもも自分も今のままでいいことが分かり安心しました。(40代、女性)

・娘は小さい頃から引っ込み思案でした。今日、お話を聞いて、私は、子どもが話したくなくなるようなことを言っていたんだと、改めて感じました。もっと話を聞いてあげて、否定しないように、気を付けようと思います。(40代、女性)

・これまでの、子どもや孫との接し方を振り返り、反省しながら今後に活かしていこうと思います。大変有意義なものでした。(60代、男性)

・子育ては終わってしまいましたが、共感できることが多く、これからの生き方を再確認しました。(60代、女性)

<開催目的に対して>
主催者にも大変喜んで頂き、担当者の方から次のようなお言葉を頂きました。
「準備物等も丁寧にご指示いただき、非常に心強く、安心して取り組むことができました。会場の様子から、参加された皆さんがとても熱心に聞き入っておられ、お話しに引き込まれておられることがよく分かりました。
子育てに限らず、生きる力といいますか、自分らしく生きていく上で、どなたにお聞きいただいても心で感じてもらうことができる、癒される、励まされる、安心感を得られるお話しだと思いました」

【講師の公式ブログの関連記事】
第295話)ひとり親だからこそできること
http://ameblo.jp/miyatawsp/entry-12210887573.html

主催者:広島市文化財団まちづくり市民交流プラザ様

会合名:人材バンク発表会 子育て講演

2016 年 08 月実施 広島県 市民大学等 

夢を育てる~輝いて生きるために

<受講者の反応・成果>
■概要
高校2年生を対象としたキャリア講演。主催者からは、「単にどの大学に行くかといった内容ではなく、生きる意味や働くとは何かといったところから、今後の人生を真剣に考えてほしい」という要望だった。2年生 320名が対象。 『夢を育てる~輝いて生きるために』というテーマで1時間15分の講演を行った。生徒たちが大変感銘を受けているということで、沼田高校からの依頼は、3年連続3回目。

■内容
一人ひとりがかけがえのない存在であることを実感してもらった上で、夢の見つけ方・育て方、働くとはどういうことかについて話した。今夢のある子は、その夢に向かって頑張ろうと思え、まだ夢のない子はどうやって夢をみつければよいかが分かり、希望と元気がわく――そんな、人生の指針となる内容。

■生徒の声
生徒からは、「すべての話が心に残った」「すごく共感した」「どの話も深くてよかった」「感動した」「とても意味ある貴重な時間になった」「愛されていることがわかって安心した」「自分に自信が持てた」「気分が晴れた」「前向きに頑張りたい」など、いっぱいの共感の感想をもらった。

以下、その抜粋。
・自分は愛されているのだとわかり、とてもすがすがしい気分になった。すべての人は必要な存在というところが心にささった。感動の涙で湖ができそうなほど感動した。生きるということがどのようなことなのかがわかり、自分の存在する意味もわかった。(高2男子)

・とても良い話しだった。生きるとは、学ぶとは、働くとは、について考えることができて良かった。「いない方がいいなんて人は一人もいない」と聞いて、がんばろうと思った。(高2女子)

・自分は、周りの目を気にしてしまうタイプで、言いたいことも言えず、びくびくしている自分がいました。今日の講演を聴いて、自分はもう十分なほど人から必要とされているなと思いました。これから先、自信を持ってがんばっていきたいです。(高2男子)

・これまでのキャリア講演は、聞いたことがあるものばかりで正直めんどくさかった。でも、今日の講演は「愛」から始まって、他と全然違った。共感して涙が出た。わかってくれる人がいるんだなと、とてもうれしかった。(高2女子)

・悩んでいたことの答えが見えた気がした。幸せになれそう。おもしろかった。心にぐっときた。今日聞いたことは忘れない。夢を見つけたくなった。希望が持てた。心があたたまった。進路を探したくなった。(高2男子)

<開催目的に対して>
主催者にも大変喜んで頂き、担当の先生から「また、来年もお願いしたい」とのお言葉を頂いた。

主催者:広島市立 沼田高等学校様

会合名:沼田高校 キャリア講演会

2016 年 04 月実施 広島県 学校・PTA 

子どもたちが生き生きと学校生活を送るために

<受講者の反応・成果>
■概要
岩国中央公民館主催の「小学校就学前後の子を持つ親の講座」の一つとして、講演「子どもたちが生き生きと学校生活を送るために」を行った。主催者からは、保護者の関心が高い「いじめへの対応」を入れてほしいとの要望があった。小学校就学前後の子を持つ親40名を対象にした、1時間半の講演。講演の後、希望者と個別相談を実施した。

■内容
我が子を愛する気持ちを再確認してもらったうえで、愛が伝わらない事例や、愛の伝え方のコツを紹介した。乳幼児から児童期の子育てに重きを置き、「いじめ」の予防と対処にも時間を割いた。

■参加者の声
参加者全員に「満足」との評価を頂いた。講演後の個別相談では5名の方から相談を受け、うち2人は涙を流しながらの相談となった。

<参加者の感想抜粋>
・いじめについて知らなかったことが多く、もしその状況になっていたら間違ったことを言っていたと思う。今日それを知れてよかった。自己肯定感がとても大事だというのも分かったので、今日から息子2人にやっていこうと思います。【30代】
・下の子が産まれてから、上の子の対応がむずかしくなっていた。上の子の話を聞き気持ちを受け止め、しっかりと上の子との関係を築きたいと思いました。【20代】
・自己肯定感をしっかり持って、いじめをキャッチしていこうと思います。自分自身のこともほめて、子どもの話もしっかり聞こうと思いました。気づかされた事がいっぱいあって勉強になりました。【40代】
・子どもの幸せ、自分の幸せ、家族の幸せ、周囲の人の幸せについて、お話が分りやすく、よくよく自分の中で考えることが出来ました。今日は家に帰って、子どもペースで沢山甘えさせてあげたいと思います。【30代】
・とても感動しました!子育てのあり方を改めて考え直すきっかけにしたいと思います。良い時間をありがとうございます。【40代】
・子どもの心理や、どういうふうに接したら良いか分りやすく説明してもらえた。頭の隅においてしっかり信頼関係を築いていきたいです。【30代】
・子どもの幸せのために何をどうすべきか、あらためて思い出せた気がする。子どもも自分も幸せに生きられるように、楽しく幸せな居場所を作りたいと思った。それが結果的に、いじめをしない、されない子どもにつながると思った。【30代】
・分かりやすいお話で、とても良かったです。お人柄があふれでる心温まる素晴らしい講座でした。【40代】

<開催目的に対して>
主催者にも大変喜んで頂き、次のようなお言葉を頂きました。
「先生の講座は大変好評で、受講者からは『来てよかった!』等々の感想を頂きました。狙い通りの講座になり、大変嬉しく思います。おかげを持ちまして、多大なる成果を収めることができました」

【講師の公式ブログの関連記事】
第281話)我が子を愛せない苦しみ
http://ameblo.jp/miyatawsp/entry-12088532877.html

主催者:岩国市中央公民館様

会合名:家庭教育講座「小学校就学前後の子を持つ親の講座」

2015 年 10 月実施 山口県 市民大学等 

主催者登録はこちら(無料)
  • 主催者の方はこちら
  • 講師・出演者の方はこちら
  • マンガでわかる「SBマーケット」
  • SBコンシェル
ご利用者の声
  • 毎回、講師の選定が大変なストレスでしたが、どんな講師が応募してくれるだろう?と逆に楽しみに・・・ (福祉団体)
  • 講師募集から開催日まで時間がなかったにもかかわらず、すぐにメールが何通もきまして講師の層・・・ (業界団体)
  • いつも講師を探すのに苦労していましたが、今回は講師から、こちらの希望・条件にあわせて提案を・・・ (製造業)
  • 短期間で複数のセミナー案を企画しなくてはいけないので、毎回ネタに困っていました。講師の・・・ (OA機器販売)
  • 全国規模での「講演依頼」の内容・ニーズがよく分かり、講師側としての新たな勉強の意欲が・・・ (コンサルタント)
  • >>もっと見る
システムブレーンからのお知らせ
  • 2017年04月01日
    新年度です!
    多くの団体様にとって、4月は新年度の事業・催事の準備を進められる時期かと思います。外部から講師を招いての講演会・研修・セミナーなどお考えでしたら、ぜひ当サービス「SBマーケット」をご活用下さい。
     実力ある講師の方々が、皆様のお役に立つ「ご提案」をしていただけます!

    ※詳しくは、「マンガでわかるSBマーケット」をご覧ください。
  • 2017年01月01日
    あけましておめでとうございます
    お陰様で弊社は今年40期を迎え、新サービス「SBマーケット」も8年目となりました。皆さんの日頃のご支援、ご協力に心より感謝申し上げます。
    今年も宜しくお願いいたします。
  • 2016年07月05日
    募集内容の書き方など、お気軽にご相談下さい。
    初めてSBマーケットをご利用される方の多くが、「講師募集の内容は、どんな事を書いたら良いのだろう?」と悩まれます。
    そうした際にはお気軽に事務局までご相談下さい。
    講師からの良いご提案が多く集まるように、募集内容のアドバイスや加筆なども行っております。