首藤雄三

講師名 首藤雄三
講師名よみ しゅとうゆうぞう
肩書き 一般社団法人笑顔の絆プロジェクト 代表理事
大分県教育庁認定 人権問題講師
笑顔と勇気の配達人、絵本作家
都道府県 大分県

生まれつき右上半身にアザがあり、2015年難病と判明。病気への理解を求め、ネット(facebook)で公開、5700人以上投稿をシェア、24000以上「いいね!」の反響。差別や偏見に苦しむ人の多さを実感し講演活動開始。アザを見せ、隠さずに生きられる世の中にするため活動中。

プロフィール

■経歴
1958年 大分県臼杵市生まれ
日本体育大学 体育学部 武道学科卒業。
2017年1月一般社団法人笑顔の絆プロジェクト設立 代表理事就任
2018年4月大分県教育庁認定 人権問題講師
現在、大分市の病院職員として働いている。
生まれつき右上半身に赤いアザがあり、その病名が判明したのは2015年の10月7日。
病名は『クリッペル・トレノニー・ウェーバー症候群』という難病だった。
その翌日に身体のアザや病気への理解を深めて欲しいと上半身の写真と病名をフェイスブック(FB)で公表したところ、偏見や病気に悩む人たちから「心の支えになった」などとインターネット上で共感が広がっている。既に5700人以上がこの投稿をシェアし、2万4千人以上が「いいね!」を押した。
『魔法の天使笑顔の絆』を合言葉にして、混合型脈管奇形(アザ)をまずは知ってもらう事と、アザに対する偏見・差別・迷信を撲滅してアザを隠さなくてもいい世の中にする活動をしている。
2017年1月13日に法務局から認証され『一般社団法人 笑顔の絆プロジェクト』として各地で講演会を実施している。
2017年2月絵本『ボク知っているヨ ママもパパも知っているよネ アザに理解を』
(発行:ブイツーソリューション/著者:首藤雄三 絵:佐藤 圭)
魔法の笑顔と家族愛 ~生まれつき難病をもった少年家族の暗黙の愛が生み出す家族の絆~

高等学校での講演会風景1 高等学校での講演風景2 福祉施設での講演風景

出身校

臼杵市立 福良ケ丘小学校
臼杵市立 東中学校
大分県立 宇佐高等学校
日本体育大学 体育学部 武道学科

参考動画

魔法の天使笑顔の絆~ありのままの自分を認めよう~

主催者:混合型脈管奇形の会様

会合名:

2017 年 06 月実施 東京都 市民大学等 

魔法の天使笑顔の絆~ありのままの自分を認めよう~

主催者:大分県立別府支援学校石垣原校様

会合名:

2017 年 06 月実施 大分県 学校・PTA 

魔法の天使笑顔の絆~ありのままの自分を認めよう~

主催者:大分県別府市立商業高等学校様

会合名:

2017 年 01 月実施 大分県 学校・PTA 

魔法の天使笑顔の絆~ありのままの自分を認めよう~

主催者:大分県溪泉寮様

会合名:

2016 年 12 月実施 大分県 市民大学等 

魔法の天使笑顔の絆~ありのままの自分を認めよう~

<受講者の反応・成果>
生徒さんから沢山の感想文をいただいた。首藤雄三のホームページにていくつか抜粋して掲載しています。

主催者:大分県立別府鶴見が丘高等学校様

会合名:

2016 年 07 月実施 大分県 学校・PTA 

主催者登録はこちら(無料)
  • 主催者の方はこちら
  • 講師・出演者の方はこちら
  • マンガでわかる「SBマーケット」
  • SBコンシェル
ご利用者の声
  • 毎回、講師の選定が大変なストレスでしたが、どんな講師が応募してくれるだろう?と逆に楽しみに・・・ (福祉団体)
  • 講師募集から開催日まで時間がなかったにもかかわらず、すぐにメールが何通もきまして講師の層・・・ (業界団体)
  • いつも講師を探すのに苦労していましたが、今回は講師から、こちらの希望・条件にあわせて提案を・・・ (製造業)
  • 短期間で複数のセミナー案を企画しなくてはいけないので、毎回ネタに困っていました。講師の・・・ (OA機器販売)
  • 全国規模での「講演依頼」の内容・ニーズがよく分かり、講師側としての新たな勉強の意欲が・・・ (コンサルタント)
  • >>もっと見る
システムブレーンからのお知らせ
  • 2021年08月31日
    「SBマーケット」サービス終了のお知らせ


    この度、急激な変革期を鑑み、2021年9月末日を以て「SBマーケットサービス」を終了させていただく事となりました。

    ●9月末日をもって、新規の講師募集案件は受付終了となります。

    ●既に講師募集を開始された案件、講師が決定している案件につきましては、10月以降もSBマイページでのやり取りを重ねていただき、開催終了まで進行していただけます。

    長らく当サービスをご活用頂きました主催者様、講師の方々に深く御礼申し上げます。
    今後は、「SBコンシェル」サービスに注力して、オンライン開催を含めた皆様の多様なご要望にお応えしていく所存です。

    突然のご案内となり誠に申し訳ございません。何卒ご理解・ご容赦いただきますようお願い申し上げます。