古賀謙一

講師名 古賀謙一
講師名よみ こがけんいち
肩書き カイゼンコンサルタント
都道府県 東京都

日本で生まれた改善は今やKaizenとなって世界に広まっている。世界30か国の拠点、ノウハウのコアをトヨタ生産方式とするKAIZEN Institute Consulting Group。グローバルなコンサルタント集団での実践経験を基にした研修やワークショップは自信があります。

プロフィール

■職歴・経歴
日本国内電機メーカーの金融機関向けの法人営業、人材ビジネスでの法人営業、経営管理および経営企画を経て、 2011年6月Kaizen Institute Japanの前身であるゲンバリサーチに入社。
ゲンバリサーチおよびKaizen Institute Japanでは、カイゼンセミナーの講師・ワークショップのファシリテーター・顧客企業内でのカイゼントレーナー養成に従事。
海外企業経営者が来日し、日本企業からカイゼンを学ぶ視察研修ツアーでは、本家本元のカイゼンを世界に広めるべく、ツアーの組立や視察団のリードに従事。
グロービス経営大学院(MBA)終了。
■専門分野
業種業界を問わず人材の育成・組織を変革させるための方法論としてカイゼンを用いる。SQCDを保証するための5Sやムリ・ムダ・ムラの発見、真因の追究、改善案の作成と実行。そしてPDCAを回せる人材育成とこれらを組織に根付かせる支援を専門とし。特に管理・間接部門における研修やワークショップ、トレーナー養成を得意としている。
■実績
・営業・事務の仕事のムダ取り、商談時間を倍増させるワークショップのコンテンツを開発。自らがファシリテーターを行い、30社以上に実施。
・外資系通信会社において、社内カイゼントレーナー教育ワークショップの企画および実施。 
・中部医療の質向上研究会において、医師向けに「カイゼンが成功する組織の築き方」を講演。
・給食事業会社(従業員約20,000名)において、改善推進部門への教育と現場指導。
・大手オフィス家具・文具メーカー(従業員約6,000名)の働き方改革プロジェクトに参画(2017年4月から)
・中堅給食事業会社において、病院内厨房のカイゼン指導(現在実施中)
・連合神奈川青年会において、「〜働き方改革のためには業務改善を〜」をテーマに講演。
 http://rengo.or.jp/青年委員会第18回学習会を開催/
ツイッターで、カイゼンに関する考え方やポイントを発信しています。
ツイッターアカウント @kenichi_lion
#カイゼン #業務改善

出身校

グロービス経営大学院 経営研究科経営専攻(MBA)修了

主催者登録はこちら(無料)
  • 主催者の方はこちら
  • 講師・出演者の方はこちら
  • マンガでわかる「SBマーケット」
  • SBコンシェル
ご利用者の声
  • 毎回、講師の選定が大変なストレスでしたが、どんな講師が応募してくれるだろう?と逆に楽しみに・・・ (福祉団体)
  • 講師募集から開催日まで時間がなかったにもかかわらず、すぐにメールが何通もきまして講師の層・・・ (業界団体)
  • いつも講師を探すのに苦労していましたが、今回は講師から、こちらの希望・条件にあわせて提案を・・・ (製造業)
  • 短期間で複数のセミナー案を企画しなくてはいけないので、毎回ネタに困っていました。講師の・・・ (OA機器販売)
  • 全国規模での「講演依頼」の内容・ニーズがよく分かり、講師側としての新たな勉強の意欲が・・・ (コンサルタント)
  • >>もっと見る
システムブレーンからのお知らせ
  • 2017年04月01日
    新年度です!
    多くの団体様にとって、4月は新年度の事業・催事の準備を進められる時期かと思います。外部から講師を招いての講演会・研修・セミナーなどお考えでしたら、ぜひ当サービス「SBマーケット」をご活用下さい。
     実力ある講師の方々が、皆様のお役に立つ「ご提案」をしていただけます!

    ※詳しくは、「マンガでわかるSBマーケット」をご覧ください。
  • 2017年01月01日
    あけましておめでとうございます
    お陰様で弊社は今年40期を迎え、新サービス「SBマーケット」も8年目となりました。皆さんの日頃のご支援、ご協力に心より感謝申し上げます。
    今年も宜しくお願いいたします。
  • 2016年07月05日
    募集内容の書き方など、お気軽にご相談下さい。
    初めてSBマーケットをご利用される方の多くが、「講師募集の内容は、どんな事を書いたら良いのだろう?」と悩まれます。
    そうした際にはお気軽に事務局までご相談下さい。
    講師からの良いご提案が多く集まるように、募集内容のアドバイスや加筆なども行っております。