松井みさき

講師名 松井みさき
講師名よみ まついみさき
肩書き 写真映像作家
(映画監督・写真家)
都道府県 東京都

会社員経験を経て、写真家を目指しニューヨークへ渡り、映画監督に。アート・スクールを卒業することなく独自の道を追求。すべての作品を通して共通のテーマ「no moment without hope」を持ち、人々に希望を思い起こさせることを使命としている。 現在、主に東京で活動中。

プロフィール

■経歴
神戸生まれ。日本でプランナーとしての経験を経て、2008年に写真家になるためにニューヨークに渡る。写真展歴は「we are the universe」(Chashama Gallery / NY), 「New Yorkers with a Dream」(Calumet Gallery / NY & サンフランシスコ)、「桜と海」(在NY日本国総領事館 / NY)、「100年後のカリフォルニアへ」(JICA横浜海外移住資料館 / 横浜)、「White Story」(The NY Art Book Fair, MoMA PS1 / NY) など。Kala Art Institute (カリフォルニア)のアーティスト・イン・レジデンスに参加。2013年より映像制作も開始。初監督作品のミュージック・ビデオ「white sea」がロンドンのレインダンス映画祭に、初の短編映画「KASUMI」(脚本・監督)が非暴力映画を推奨するモナコ国際映画祭に入選。初のドキュメンタリー映画「ケンジとケイスケと - ブルックリン ニューヨーク -」が、ショートショート フィルムフェスティバル & アジア 2017のジャパン部門に入選。
■受賞・入選歴
[写真]
インターナショナル・フォトグラフィ・アワード佳作 2012-2014
[映画]
レインダンス映画祭 2014
モナコ国際映画祭 2015(ベスト・オリジナル・ストーリー賞 インディペンデント・スピリット賞)
ショートショート フィルムフェスティバル & アジア 2017
■メディア出演歴
[TV]  BS日テレ「石原さとみ 私の愛するニューヨーク」
[ラジオ] FM横浜「加藤雅也のBan Ban Ban!」
[新聞] The Japan Times、The Epoch Times、産経新聞、週刊NY生活、NYビズ、よみタイム
[雑誌] ブレーン、月刊経団連
[ウェブ] ディスカバーニッケイ、NYビズ
■講演歴
立命館大学、大阪市立大学、京都光華女子大学、JICA横浜、全米日系人博物館

ショートショート フィルムフェスティバル & アジア 2017 ラフォーレミュージアム原宿

出身校

兵庫県立神戸高校
大阪市立大学経済学部

主催者登録はこちら(無料)
  • 主催者の方はこちら
  • 講師・出演者の方はこちら
  • マンガでわかる「SBマーケット」
  • SBコンシェル
ご利用者の声
  • 毎回、講師の選定が大変なストレスでしたが、どんな講師が応募してくれるだろう?と逆に楽しみに・・・ (福祉団体)
  • 講師募集から開催日まで時間がなかったにもかかわらず、すぐにメールが何通もきまして講師の層・・・ (業界団体)
  • いつも講師を探すのに苦労していましたが、今回は講師から、こちらの希望・条件にあわせて提案を・・・ (製造業)
  • 短期間で複数のセミナー案を企画しなくてはいけないので、毎回ネタに困っていました。講師の・・・ (OA機器販売)
  • 全国規模での「講演依頼」の内容・ニーズがよく分かり、講師側としての新たな勉強の意欲が・・・ (コンサルタント)
  • >>もっと見る
システムブレーンからのお知らせ
  • 2018年01月01日
    あけましておめでとうございます
    お陰様で弊社の新サービス「SBマーケット」も9年目となりました。皆さんの日頃のご支援、ご協力に心より感謝申し上げます。
    今年も宜しくお願いいたします。
  • 2017年07月05日
    募集内容の書き方など、お気軽にご相談下さい。
    初めてSBマーケットをご利用される方の多くが、「講師募集の内容は、どんな事を書いたら良いのだろう?」と悩まれます。
    そうした際にはお気軽に事務局までご相談下さい。
    講師からの良いご提案が多く集まるように、募集内容のアドバイスや加筆なども行っております。
  • 2017年04月01日
    新年度です!
    多くの団体様にとって、4月は新年度の事業・催事の準備を進められる時期かと思います。外部から講師を招いての講演会・研修・セミナーなどお考えでしたら、ぜひ当サービス「SBマーケット」をご活用下さい。
     実力ある講師の方々が、皆様のお役に立つ「ご提案」をしていただけます!

    ※詳しくは、「マンガでわかるSBマーケット」をご覧ください。