富田眞司

講師名 富田眞司
講師名よみ とみたしんじ
肩書き ヒット企画書づくり講師
日本元気シニア総研顧問
都道府県 東京都

名大卒、6社で企画業務経験を生かし企画書作成ノウハウ本20冊執筆、韓国・タイ・中国語で翻訳、ヒット企画本著者。シニア関連では日本元気シニア総研顧問として企画力を生かし「元気シニア需要創造提案」「シニア8つのライフスタイル分析と攻略法」など独自の提案力を生かし講演する。

プロフィール

■経歴
名大卒、メーカー・広告会社6社で幅広い企画業務を経験。執筆した20冊の企画書作成本が大ヒット。代表作「A4・1枚究極の企画書」(宝島社)は韓国語、タイ語に翻訳。「提案書・企画書がスラスラ書ける本」(かんき出版)は10年売れ続け、続編「提案書・企画の基本はしっかり身につく本」も着実に売れる。企画書作成講座は提案営業の必要性や、社員の企画能力向上のために必要性が高まり、講演主催団体や企業など全国から依頼がある。2013年立ち上げた一般社団法人 日本元気シニア総研は3年間代表に4年目から顧問。企画能力を生かし増加するシニアに対して企画で培った独自に視点でシニアマーケティング分析と提案を行う。「元気シニアビジネスアドバイザー」資格制度を実施。
■専門分野
企画書作成では企画書本を多数執筆。筆者は豊富な企画業務の経験を生かし独自に「3要素、7ステップ」で書く企画書づくりを確立。企画書本の中で詳しく解説。分かりやすいと初心者からも評価。日本は低成長時代で市場は飽和し、社内のあらるゆ部署で企画提案の必要性が求められており、それに答えている。シニアマーケティング分野では企画の経験を生かし、増加するシニア市場を的確に分析、市場をいかに開拓すべきかを提案。65歳から90歳まで考えても25年、さらに健康なシニアから介護、終末まで含めるとひとくくりにはできない。そこで、5つの世代と8つのライフスタイル分析を行いシニアの生き方、題を分析、解決策としての独自のシニアマーケティング提案を行う。ますます拡大するシニア市場をいかに獲得するかのノウハウを講演している。
■著書・講演実績
企画書本は海外翻訳本含め20冊、シニアでは定年後目標創りの「スターティングノート」(日本元気シニア総研刊)作成。多くの新聞雑誌に企画書関連やシニアマーケティング関連で執筆。日経MJに「再考!シニア消費」を2017年4月から1年間連載。夕刊フジには「定年予備校」2016年11月ー2017年3月まで執筆。講演では全国の商工会議所関連、セミナー主催会社関連、プレミアム・インセンティブショー、団体・企業関連など多数実施。

研修会風景 講演会風景 元気シニアビジネスアドバイザーテキストと認定マーク

出身校

愛知県立一宮高校
名古屋大学教育学部教育心理学科

主催者登録はこちら(無料)
  • 主催者の方はこちら
  • 講師・出演者の方はこちら
  • マンガでわかる「SBマーケット」
  • SBコンシェル
ご利用者の声
  • 毎回、講師の選定が大変なストレスでしたが、どんな講師が応募してくれるだろう?と逆に楽しみに・・・ (福祉団体)
  • 講師募集から開催日まで時間がなかったにもかかわらず、すぐにメールが何通もきまして講師の層・・・ (業界団体)
  • いつも講師を探すのに苦労していましたが、今回は講師から、こちらの希望・条件にあわせて提案を・・・ (製造業)
  • 短期間で複数のセミナー案を企画しなくてはいけないので、毎回ネタに困っていました。講師の・・・ (OA機器販売)
  • 全国規模での「講演依頼」の内容・ニーズがよく分かり、講師側としての新たな勉強の意欲が・・・ (コンサルタント)
  • >>もっと見る
システムブレーンからのお知らせ
  • 2017年04月01日
    新年度です!
    多くの団体様にとって、4月は新年度の事業・催事の準備を進められる時期かと思います。外部から講師を招いての講演会・研修・セミナーなどお考えでしたら、ぜひ当サービス「SBマーケット」をご活用下さい。
     実力ある講師の方々が、皆様のお役に立つ「ご提案」をしていただけます!

    ※詳しくは、「マンガでわかるSBマーケット」をご覧ください。
  • 2017年01月01日
    あけましておめでとうございます
    お陰様で弊社は今年40期を迎え、新サービス「SBマーケット」も8年目となりました。皆さんの日頃のご支援、ご協力に心より感謝申し上げます。
    今年も宜しくお願いいたします。
  • 2016年07月05日
    募集内容の書き方など、お気軽にご相談下さい。
    初めてSBマーケットをご利用される方の多くが、「講師募集の内容は、どんな事を書いたら良いのだろう?」と悩まれます。
    そうした際にはお気軽に事務局までご相談下さい。
    講師からの良いご提案が多く集まるように、募集内容のアドバイスや加筆なども行っております。