ペ ホス

講師名 ペ ホス
講師名よみ ぺほす
肩書き 人材定着コンサルタント
「理由を探る認知症ケア」マスタートレーナー
都道府県 兵庫県

「あなたに出会えて良かった」と言われる体験は、その人の人生を豊かにする財産だと考えます。そして、人の成長は「自分は”人”に影響している」ということを認めることが出発点です。研修受講後に、参加者が「意図に適った影響力をもつ自分」になれるようにリードすることを約束します。

プロフィール

■職歴・経歴
兵庫県生まれ。大学卒業後、訪問入浴サービスを手がける民間会社に入社。その後は、居宅介護支援事業所、地域包括支援センター、訪問看護、訪問リハ、通所リハ、訪問介護、介護老人保健施設等で相談業務およびマネジメント業務に従事。一方で、コミュニケーショントレーニングネットワークにて、パラダイムシフト・コミュニケーションの各種トレーニングに参加し、講師としても活動を開始。現場経験とパラダイムシフト・コミュニケーションを融合し、2014年には認知症ケアの考え方を180度転換する「理由を探る認知症ケア」を著書として出版。現在は、毎日新聞・医療プレミアにて「理由を探る認知症ケア」を連載している。
■専門分野
人材定着コンサルティング、認知症ケア、コミュニケーション、コーチング
■背景・活動歴など
「認知症」等のように自分の意思をうまく表現しにくい人を理解する上で、機能する観点とコミュニケーション力を身につけられる研修を、介護に関わるあらゆる立場の人を対象に提供している。人材課題(採用・定着・育成)については、「人材定着」にレバレッジをかけてアプローチするコンサルティングを提供している。
■出版・執筆実績
【出版実績】
「“理由を探る”認知症ケア~関わり方が180度変わる本~」(メディカル・パブリケーションズ、2014.8)
【執筆実績】
雑誌「おはよう21・2017年10月号増刊 認知症のBPSD対応ガイド」(中央法規出版、2017/9)
雑誌「達人ケアマネ」:「ブラッシュアップ!認知症ケアマネジメント」(日総研出版、2016/全6回)
雑誌「こころの科学」:「理由を探る認知症ケア」(日本評論社 2015/7)
テキスト:「介護職員初任者研修テキスト(ニチイ学館)」
テキスト:「ニチイのハンドブックシリーズ6~介護者のための~認知症ケア」
【監修実績】
雑誌「レクリエ」:「認知症ケア“理由を探る”レッスン」(世界文化社、2016/全6回)
映画「ケアニン」:脚本監修者の一人として映画製作に参画(2017)

「認知症ONLINE 公開講演会」での講演風景です。 「敦賀市社会福祉協議会」での研修風景です。 「株式会社セラピット」での研修風景です。

出身校

明石市立 和坂小学校
明石市立 野々池中学校
兵庫県立 明石北高等学校
関西学院大学 商学部

主催者登録はこちら(無料)
  • 主催者の方はこちら
  • 講師・出演者の方はこちら
  • マンガでわかる「SBマーケット」
  • SBコンシェル
ご利用者の声
  • 毎回、講師の選定が大変なストレスでしたが、どんな講師が応募してくれるだろう?と逆に楽しみに・・・ (福祉団体)
  • 講師募集から開催日まで時間がなかったにもかかわらず、すぐにメールが何通もきまして講師の層・・・ (業界団体)
  • いつも講師を探すのに苦労していましたが、今回は講師から、こちらの希望・条件にあわせて提案を・・・ (製造業)
  • 短期間で複数のセミナー案を企画しなくてはいけないので、毎回ネタに困っていました。講師の・・・ (OA機器販売)
  • 全国規模での「講演依頼」の内容・ニーズがよく分かり、講師側としての新たな勉強の意欲が・・・ (コンサルタント)
  • >>もっと見る
システムブレーンからのお知らせ
  • 2017年04月01日
    新年度です!
    多くの団体様にとって、4月は新年度の事業・催事の準備を進められる時期かと思います。外部から講師を招いての講演会・研修・セミナーなどお考えでしたら、ぜひ当サービス「SBマーケット」をご活用下さい。
     実力ある講師の方々が、皆様のお役に立つ「ご提案」をしていただけます!

    ※詳しくは、「マンガでわかるSBマーケット」をご覧ください。
  • 2017年01月01日
    あけましておめでとうございます
    お陰様で弊社は今年40期を迎え、新サービス「SBマーケット」も8年目となりました。皆さんの日頃のご支援、ご協力に心より感謝申し上げます。
    今年も宜しくお願いいたします。
  • 2016年07月05日
    募集内容の書き方など、お気軽にご相談下さい。
    初めてSBマーケットをご利用される方の多くが、「講師募集の内容は、どんな事を書いたら良いのだろう?」と悩まれます。
    そうした際にはお気軽に事務局までご相談下さい。
    講師からの良いご提案が多く集まるように、募集内容のアドバイスや加筆なども行っております。