藤田敦子

講師名 藤田敦子
講師名よみ ふじたあつこ
肩書き 子育てアドバイザー
日本心理学会正会員
日本心理学会認定心理士
都道府県 京都府

同志社大学心理学専攻卒業。デザイナー時代に客から褒められ伸びた自身の経験を生かし「ぺたほめ」した結果、息子2人とも、国公立医学部に現役合格。たくさん褒めて認める「ぺたほめ」が自己肯定感を高くすることをお伝えする。著書『親もビックリ魔法の子育て術!「ぺたほめ」』(マガジンランド)

プロフィール

■プロフィール
京都府生まれ。同志社大学文学部心理学専攻卒業後、ニットデザイナーとして活躍する。デザイン学校出身の同僚と比較され日々苦しむも、自身の手がけたニットを客に褒めてもらったことをきっかけに「褒められることの喜び」に気づき、海外チーフにまで昇進。出産を機に退職するものの、この経験を元に「褒めて育てる」をモットーに育児を行い、シングルマザーで息子2人を国公立医学部現役合格に導いた。その後、子育てアドバイザーとして2018年5月自身が代表を務める、ぺたほめ医専アカデミーで「ぺたほめ本気塾」を開講。その他0歳児から18歳の子を持つ親を対象にパーソナルサポートや子育て相談業務を日々行っている。
医学部塾や中学受験の塾などで「お母さんとして受験生にできること」を伝えている。
■資格
日本心理学会正会員
日本心理学会認定心理士
■著書・マスコミ
2019年4月6日 親もビックリ魔法の子育て術!「ぺたほめ」出版。
2019年4月親もビックリ魔法の子育て術!「ぺたほめ」Amazon家庭教育部門1位獲得。
2019年4月 東京八重洲ブックセンター実用書ベストセラーランキング5位
毎日放送 ちちんぷいぷいテレビ生放送出演。
eo光チャンネルテレビ「ゲツ→キン」生放送出演。
FMまいづるラジオ出演
京都新聞 暮らしのページ掲載
■講演・セミナー
京都医学部塾トップス
医学部塾ロゴス
谷口医院にて講演
札幌厚別市子育てサロン
■講演内容
子どもを褒めると伸びるのは知っていると答えたお母さんは100%。しかし、いざ我が子となると、正さなければならないところばかりが目について褒めるのを忘れがち。もはや我が子の褒め方がわからない、難しいと答えたお母さんは85%。(これらの数値は自身実施のアンケートによる)
そこで誰でも簡単に子どもの頑張りをまるごと褒めることができる「ぺたほめ」子育て術を発案。「ぺた」っと貼って「ほめ」る「ぺたほめ」は頑張りを可視化することで、多くの人から何度も褒められます。たくさん褒められた子どもは自信を持つことができ、また褒められたいから頑張ることを繰り返し成長していきます。近年、教育虐待などが問題視されている中、「ぺたほめ」を実施し世の中に広げていくことで、チャレンジ心旺盛な自己肯定感が高い子どもが増えていくことを目標としています。

大阪医学部塾ロゴスにて「大学受験生のお母さんとしてできること」セミナー 札幌厚別市子育てサロンにて「ぺたほめ」セミナー 息子たちと開催した「ぺたほめ」出版セミナー

出身校

同志社大学 文学部 心理学専攻

主催者登録はこちら(無料)
  • 主催者の方はこちら
  • 講師・出演者の方はこちら
  • マンガでわかる「SBマーケット」
  • SBコンシェル
ご利用者の声
  • 毎回、講師の選定が大変なストレスでしたが、どんな講師が応募してくれるだろう?と逆に楽しみに・・・ (福祉団体)
  • 講師募集から開催日まで時間がなかったにもかかわらず、すぐにメールが何通もきまして講師の層・・・ (業界団体)
  • いつも講師を探すのに苦労していましたが、今回は講師から、こちらの希望・条件にあわせて提案を・・・ (製造業)
  • 短期間で複数のセミナー案を企画しなくてはいけないので、毎回ネタに困っていました。講師の・・・ (OA機器販売)
  • 全国規模での「講演依頼」の内容・ニーズがよく分かり、講師側としての新たな勉強の意欲が・・・ (コンサルタント)
  • >>もっと見る
システムブレーンからのお知らせ
  • 2021年08月31日
    「SBマーケット」サービス終了のお知らせ


    この度、急激な変革期を鑑み、2021年9月末日を以て「SBマーケットサービス」を終了させていただく事となりました。

    ●9月末日をもって、新規の講師募集案件は受付終了となります。

    ●既に講師募集を開始された案件、講師が決定している案件につきましては、10月以降もSBマイページでのやり取りを重ねていただき、開催終了まで進行していただけます。

    長らく当サービスをご活用頂きました主催者様、講師の方々に深く御礼申し上げます。
    今後は、「SBコンシェル」サービスに注力して、オンライン開催を含めた皆様の多様なご要望にお応えしていく所存です。

    突然のご案内となり誠に申し訳ございません。何卒ご理解・ご容赦いただきますようお願い申し上げます。