宮定 章

講師名 宮定 章
講師名よみ みやさだあきら
肩書き 神戸学院大学非常勤講師 災害復興研究担当
認定NPO法人まち・コミュニケーション 代表理事
都道府県 兵庫県

阪神・淡路大震災から23年間復興の現場でまちづくりに関わってきました。現場だけではなく、研究を進め、工学博士も、取得し、各地で防災・安全・地域づくりや自治組織、NPO組織等運営のノウハウを伝えています。

プロフィール

兵庫県西宮市在住。阪神・淡路大震災で自宅は、水が出ないなどの被害を受けた。建築学科に入学し、地震に強い建築をつくろうと勉学に励んだ。
大学在学中に、講師(都市計画学会石川賞受賞)の紹介で、住宅の8割が全焼した御蔵地区(神戸市長田区)を知る。住民組織が「一人でも多くの人を元のまちに戻そう!」と取り組んでおり、その取り組みをNPOまち・コミュニケーションが応援した。その活動に共感し、その一員として活動を始め、代表を務める。
NPOは、共同再建住宅を設計、権利関係、管理や、公園づくりワークショップ等コーディネートを行った。そして、住民・建築を志す学生ら、のべ5000人が関わる古民家移築集会所をコーディネートし、専門家と住民と学生を巻き込むこの活動が評価され、『防災功労者内閣総理大臣賞受賞(2003年)』『地域住宅計画賞(2004年)』を受賞。反響を呼び、2棟目を、日本から台湾への移築。日本と台湾の大工、学生等5000人をコーディネート。移築した古民家には年間20万人が訪れている。
 これまでの住宅再建・地域づくり支援の経験を活かし、東日本大震災や熊本地震の被災地で支援活動に取り組む。建築士、技術士、弁護士、不動産鑑定士に呼びかけ罹災証明発行と同時にワンストップ相談を受ける体制づくりを支援した。現在は、東南海トラフ地震へ備える「防災まちづくり、事前復興」に取り組む。人を活かし、地域を活かすための講演をしている。
【著書】『 共同再建住宅 みくら5の記録 』、『古民家移築集会所が培った日台の絆 ~阪神・淡路大震災/台湾集集大地震/東日本大震災の経験から~ (建築の研究 2015年8月 一般社団法人 建築研究振興協会)』、『 復興まちづくりの時代 震災から誕生した次世代戦略 』(共著、建築資料研究社・2006)、『 復興コミュニティ論入門』(共著、弘文堂・2007)、『東日本大震災住まいと生活の復興』(共著、東京 ドメス出版・2013)、『災害対応ハンドブック』(共著、法律文化社・2016)ほか。

講演の様子。日本全国・海外から、自治体、大学関係者、地域組織やNPO等から依頼があります。 神戸市長田区での当事務所での研修受入の様子。スライドで説明の後、現地フィールドワークも可能。 海外からの地域づくり・ボランティアの研修受入。コーディネートした再建マンションの前で。

出身校

1999 年 3 月 大阪大学工学部建築工学科 卒業
2000 年 3 月 阪神・淡路大震災まち支援グループ まち・コミュニケーション 参加
2002 年 3 月 大阪大学大学院
工学研究科建築工学専攻 建築デザイン学講座 建築都市計
画領域 修了
2002 年 4 月 阪神・淡路大震災まち支援グループ まち・コミュニケーション 代表
2003 年 4 月~2004 年 6 月 都市基盤整備公団(現都市再生機構)
~現在 まち・コミュニケーション 代表理事
2012 年 3 月 博士(工学)学位取得 神戸大学大学院 自然科学研究科

主催者登録はこちら(無料)
  • 主催者の方はこちら
  • 講師・出演者の方はこちら
  • マンガでわかる「SBマーケット」
  • SBコンシェル
ご利用者の声
  • 毎回、講師の選定が大変なストレスでしたが、どんな講師が応募してくれるだろう?と逆に楽しみに・・・ (福祉団体)
  • 講師募集から開催日まで時間がなかったにもかかわらず、すぐにメールが何通もきまして講師の層・・・ (業界団体)
  • いつも講師を探すのに苦労していましたが、今回は講師から、こちらの希望・条件にあわせて提案を・・・ (製造業)
  • 短期間で複数のセミナー案を企画しなくてはいけないので、毎回ネタに困っていました。講師の・・・ (OA機器販売)
  • 全国規模での「講演依頼」の内容・ニーズがよく分かり、講師側としての新たな勉強の意欲が・・・ (コンサルタント)
  • >>もっと見る
システムブレーンからのお知らせ
  • 2021年08月31日
    「SBマーケット」サービス終了のお知らせ


    この度、急激な変革期を鑑み、2021年9月末日を以て「SBマーケットサービス」を終了させていただく事となりました。

    ●9月末日をもって、新規の講師募集案件は受付終了となります。

    ●既に講師募集を開始された案件、講師が決定している案件につきましては、10月以降もSBマイページでのやり取りを重ねていただき、開催終了まで進行していただけます。

    長らく当サービスをご活用頂きました主催者様、講師の方々に深く御礼申し上げます。
    今後は、「SBコンシェル」サービスに注力して、オンライン開催を含めた皆様の多様なご要望にお応えしていく所存です。

    突然のご案内となり誠に申し訳ございません。何卒ご理解・ご容赦いただきますようお願い申し上げます。