飯島克仁

講師名 飯島克仁
講師名よみ いいじまかつひと
肩書き 司法書士
家族信託専門士
都道府県 埼玉県

プロフィール

認知症による財産凍結対策の切り札として注目を集めている「家族信託」のスペシャリスト。認知症発症後でも柔軟な財産管理を行うことができる家族信託の仕組みを、司法書士として相続や成年後見の現場に携わってきた経験を踏まえながら分かりやすく解説する。
■職務・経歴
1974年埼玉県生まれ。
映画「ウォーターボーイズ」のモデルとなったことで知られる埼玉県立川越高校を卒業後、早稲田大学社会科学部を経て、2004年に司法書士試験合格。
司法書士事務所での実務経験を経て、2009年にいいじま司法書士事務所を開設。
以後、家族信託や不動産の相続登記、遺言書作成、成年後見などを主な業務とする傍ら、これらをテーマにしたセミナー活動も行い、金融機関・商工会等での講演実績を持つ。
また、家族信託の普及を目的とした一般社団法人家族信託普及協会の正会員であり、同協会が認定する「家族信託専門士」の資格を保有している。
家族信託を活用した認知症高齢者の財産管理(凍結)対策を手掛けることができる埼玉県では数少ない専門家としても活躍中である。
■専門分野
家族信託、相続、遺言、成年後見
■背景・活動歴など
国民の4人に1人が65歳以上という超高齢社会において、近年、認知症高齢者の増加が深刻な問題となりつつある。認知症により判断能力が失われると、定期預金の解約や不動産の売買などができなくなり、事実上の財産凍結状態となってしまう。
そのような場合、一般的に成年後見が利用されているが、後見業務を行う上での家族の負担や制約も大きく、必ずしも使い勝手のいい制度とは言えないのが現状である。
こういった中、成年後見に代わるものとして、注目されているのが「家族信託」である。元気なうちに家族信託を組んでおくことにより、認知症となった後も家族による財産管理が可能となるため、認知症高齢者の財産凍結対策の切り札として注目を集めている。
家族信託セミナーの開催やガイドブックの無料配布など、家族信託の普及のために積極的な取り組みを行うとともに、専門用語を使わない説明は分かりやすいと好評を得ている。
■所属団体
埼玉司法書士会(川越支部)
公益社団法人成年後見センター・リーガルサポート(埼玉支部)
一般社団法人家族信託普及協会
埼玉中小企業家同友会(川越地区会)

主催者登録はこちら(無料)
  • 主催者の方はこちら
  • 講師・出演者の方はこちら
  • マンガでわかる「SBマーケット」
  • SBコンシェル
ご利用者の声
  • 毎回、講師の選定が大変なストレスでしたが、どんな講師が応募してくれるだろう?と逆に楽しみに・・・ (福祉団体)
  • 講師募集から開催日まで時間がなかったにもかかわらず、すぐにメールが何通もきまして講師の層・・・ (業界団体)
  • いつも講師を探すのに苦労していましたが、今回は講師から、こちらの希望・条件にあわせて提案を・・・ (製造業)
  • 短期間で複数のセミナー案を企画しなくてはいけないので、毎回ネタに困っていました。講師の・・・ (OA機器販売)
  • 全国規模での「講演依頼」の内容・ニーズがよく分かり、講師側としての新たな勉強の意欲が・・・ (コンサルタント)
  • >>もっと見る
システムブレーンからのお知らせ
  • 2021年08月31日
    「SBマーケット」サービス終了のお知らせ


    この度、急激な変革期を鑑み、2021年9月末日を以て「SBマーケットサービス」を終了させていただく事となりました。

    ●9月末日をもって、新規の講師募集案件は受付終了となります。

    ●既に講師募集を開始された案件、講師が決定している案件につきましては、10月以降もSBマイページでのやり取りを重ねていただき、開催終了まで進行していただけます。

    長らく当サービスをご活用頂きました主催者様、講師の方々に深く御礼申し上げます。
    今後は、「SBコンシェル」サービスに注力して、オンライン開催を含めた皆様の多様なご要望にお応えしていく所存です。

    突然のご案内となり誠に申し訳ございません。何卒ご理解・ご容赦いただきますようお願い申し上げます。