寺田ユースケ

講師名 寺田ユースケ
講師名よみ てらだゆーすけ
肩書き 車イスホスト
HELPUSH(ヘルプッシュ)車イスヒッチハイカー
都道府県 東京都

プロフィール

芸人、ホスト、ヘルプッシュ...車イスに乗りながらも寺田が活動し続ける芯にあるのは、日本全国でマイノリティへの理解者を増やし、全ての人が気軽に笑い合える世の中にすること。『マイノリティ』『ダイバシティ』『車イス』『挑戦』 『働き方』などをテーマに講演会をいたします。
■経歴
1990年名古屋市生まれ。2013年関西学院大学卒。生まれつきの脳性麻痺のため、車イスに乗って生活をしている。20歳までは足を引きずりながら生活していて性格も内気。20歳のとき、車イスに乗ったことをきっかけに前向きになる。その後、2012年に1年間の単身イギリス留学をする。帰国後は、「障害を笑いに変えたい」という想いから車イス芸人となるも挫折。2015年に「お酒の飲めない・終電で帰るホスト」として歌舞伎町のホストクラブで働く。ホスト現役引退後、在籍していたホストクラブを経営する「Smappa!Group」の新プロジェクト「歌舞伎町ブックセンター」で車イスホスト書店員として働く。また、ホスト時代に学んだ「一人一人に伝えることの大切さ」を胸に、2017年4月にスタートさせた道ゆく方々に「車イスを押してください」と声をかけ、気軽な助け合いを広める車イスヒッチハイクの旅「HELPUSH」プロジェクトの代表として日本全国を巡っている。
■講演内容
・「自分を驚かせる働き方」…障害者、健常者関係なく自分を驚かせるという観点から新しい働き方についてお話しします。
・「ダイバシティ」…すべての人が気軽に助けてと言えて気軽に後押しができる社会に向けて。多様性を目指す社会で大切なことを車イスユーザー目線で「HELPUSH」の活動を通して学んだことを中心にお話しします。
・「マイノリティ」…他人と同じことができなくても仲間でいられる。ホスト時代の経験を元に個性を活かした働き方についてお話しします。
・「挑戦」…脳性麻痺という障害を持ちながらも健常者と生活して学んだ挑戦の大切さについて。「誰か」に勝とうとして人一倍頑張っても勝てなかった少年時代。「自分」と向き合うようになった現在。どちらも私にとって大切な経験です。
・「教育」…大学教授の両親が障害者である私をどのように育てたか。子育てをするお母さん、お父さん、学校の先生に聞いてもらいたい内容です。
■著書
自叙伝「車イスホスト。」(双葉社)
■SNS
・Twitter/ Instagram:@helpush_story

自叙伝「車イスホスト。」(双葉社)
幼少期から脳性マヒで足が不自由だった著者。
車イス生活の彼が「終電帰り・お酒は飲めないホスト・クララ」として、
歌舞伎町で働きはじめた。ホストクラブ「APiTS」の同僚たちと切磋琢磨し、
彼にとって、本当の仲間を見つけるまでの半生を綴った、感動のノンフィクション。
HELPUSH(ヘルプッシュ)
HELP(助けて)×PUSH(後押し)で、HELPUSH(ヘルプッシュ)。
『ダイバーシティの考え方は広まってきているけれど、
すべての人が、
もっと気軽に「助けて」と言えて、
もっと気軽に「後押し」できる世の中にできたら。』

私は、車イスユーザーですが、手すりに捕まれば階段を登れます。
駅員さんに10m先にある階段を登りたいので、
車イスを運ぶのを「手伝ってください」と頼んだら、
そこは駅の管轄の範囲外なので手伝えません。と言われ、
虚しく友人に愚痴をこぼしたら、
「そ

出身校

名古屋市立 大森小学校
名古屋市立 大森中学校
名古屋市立 名古屋高校
関西学院大学 社会学部 社会学科

主催者登録はこちら(無料)
  • 主催者の方はこちら
  • 講師・出演者の方はこちら
  • マンガでわかる「SBマーケット」
  • SBコンシェル
ご利用者の声
  • 毎回、講師の選定が大変なストレスでしたが、どんな講師が応募してくれるだろう?と逆に楽しみに・・・ (福祉団体)
  • 講師募集から開催日まで時間がなかったにもかかわらず、すぐにメールが何通もきまして講師の層・・・ (業界団体)
  • いつも講師を探すのに苦労していましたが、今回は講師から、こちらの希望・条件にあわせて提案を・・・ (製造業)
  • 短期間で複数のセミナー案を企画しなくてはいけないので、毎回ネタに困っていました。講師の・・・ (OA機器販売)
  • 全国規模での「講演依頼」の内容・ニーズがよく分かり、講師側としての新たな勉強の意欲が・・・ (コンサルタント)
  • >>もっと見る
システムブレーンからのお知らせ
  • 2020年01月01日
    あけましておめでとうございます
    お陰様で弊社の新サービス「SBマーケット」も10年目となりました。皆さんの日頃のご支援、ご協力に心より感謝申し上げます。
    今年も宜しくお願いいたします。
  • 2019年07月05日
    募集内容の書き方など、お気軽にご相談下さい。
    初めてSBマーケットをご利用される方の多くが、「講師募集の内容は、どんな事を書いたら良いのだろう?」と悩まれます。
    そうした際にはお気軽に事務局までご相談下さい。
    講師からの良いご提案が多く集まるように、募集内容のアドバイスや加筆なども行っております。
  • 2019年04月01日
    新年度です!
    多くの団体様にとって、4月は新年度の事業・催事の準備を進められる時期かと思います。外部から講師を招いての講演会・研修・セミナーなどお考えでしたら、ぜひ当サービス「SBマーケット」をご活用下さい。
     実力ある講師の方々が、皆様のお役に立つ「ご提案」をしていただけます!

    ※詳しくは、「マンガでわかるSBマーケット」をご覧ください。