齊藤 潤

講師名 齊藤 潤
講師名よみ さいとうじゅん
肩書き UTU語り部さん
音楽大好き Baggio
都道府県 兵庫県

プロフィール

壮絶なうつ病の経験の中で学んだ「当たり前の日常のありがたさ」を誠実に自分の言葉で伝える。重いテーマの中にユーモアと感動を交え、最後に希望へとつなげる語りは好評。また、元教職員、現みやっこキッズパーク職員として現場で得た子どもたちとのつながりの話しなど多くのテーマに対応し語る。
■職歴・経歴
1975年兵庫県生まれ。
但馬・西宮で延べ13年間、中・小学校教師を務め子どもたちに寄り添った温かい指導を行う。
2010年うつ病を発症、壮絶な闘病を余儀なくされ2015年3月教師を退職。無念と挫折の中周囲の支えにより懸命に治療し2016年4月西宮市施設「みやっこキッズパーク」職員として採用され社会復帰を果たす。
その間「自分の経験を伝え役に立ちたい」と講師を志し「講師養成講座」で基本から学び修了する。自分の体調と相談しながらのゆっくりとしたペースではあるが、広島・西宮で講演活動を行う。2017年には「第67次兵庫県教育研究集会」で発表する。
■テーマ分野
当事者でしか言えない正直な言葉で語るうつ病をテーマとする話しが基本。
講演の参加者の声として「具体的で、当事者の気持ちがよく分かった」「辛い、苦しいだけで終わらせずに前へ進んで行こうとする姿に感動した」「あの人にこの話しを届けたい」(アンケートより)がある。
また、元教師の現場や現職場でのたくさんの子どもたちや、保護者との関わりで得た豊かな経験を生かし、うつ病のみではなく、教育・子育て・命・家族・教職員に向けてなどニーズに合わせて多くのテーマについて語ることができる。
■背景・活動歴
昨今うつ病などの心の病に苦しむ患者は5人に一人と言われる。教職員においても休職・退職に追い込まれる切実な問題である。企業・会社でのメンタルヘルスについても大きな課題となっている。
実際講師の講演中に「話しが聞きたい」と飛び込んで来る人がいたほど、身近にあり求められるテーマである。
しかし、その認知度は高くなった一方で、流行のようになって、情報としても大きくなりすぎている感があり、うつ病などに対して否定的な見解や偏見も表れている。講師としては、正しい理解へとつながってほしいことと、無関心層への啓発になるために伝えていくべきだと考えた。以上のことにより、2015年より少しずつ上記の通り活動を始めている。
音楽も行い将来的に講演に音楽を取り入れたいという夢がある。

西宮での講演の風景。
「這い上がってこられた齊藤先生のまっすぐな視線に感動しました。生きていくことに心強くなりました。」(アンケートより)
「自分には経験がなかったが、うつに対する見方が変わった」(アンケートより)
広島での講演の風景。
「うつを経験された方がここまで自分のことを話し、自分の言葉で話されたことにびっくりしました。」(アンケートより)
「支えた奥さん、子どもたちの絆に感動しました。」(アンケートより)
音楽もしています。将来的に講演に音楽を取り入れたいです。

出身校

兵庫県立 豊岡高等学校
仏教大学 文学部仏教学科
仏教大学 教育学部教育学科(通信教育)

主催者登録はこちら(無料)
  • 主催者の方はこちら
  • 講師・出演者の方はこちら
  • マンガでわかる「SBマーケット」
  • SBコンシェル
ご利用者の声
  • 毎回、講師の選定が大変なストレスでしたが、どんな講師が応募してくれるだろう?と逆に楽しみに・・・ (福祉団体)
  • 講師募集から開催日まで時間がなかったにもかかわらず、すぐにメールが何通もきまして講師の層・・・ (業界団体)
  • いつも講師を探すのに苦労していましたが、今回は講師から、こちらの希望・条件にあわせて提案を・・・ (製造業)
  • 短期間で複数のセミナー案を企画しなくてはいけないので、毎回ネタに困っていました。講師の・・・ (OA機器販売)
  • 全国規模での「講演依頼」の内容・ニーズがよく分かり、講師側としての新たな勉強の意欲が・・・ (コンサルタント)
  • >>もっと見る
システムブレーンからのお知らせ
  • 2021年08月31日
    「SBマーケット」サービス終了のお知らせ


    この度、急激な変革期を鑑み、2021年9月末日を以て「SBマーケットサービス」を終了させていただく事となりました。

    ●9月末日をもって、新規の講師募集案件は受付終了となります。

    ●既に講師募集を開始された案件、講師が決定している案件につきましては、10月以降もSBマイページでのやり取りを重ねていただき、開催終了まで進行していただけます。

    長らく当サービスをご活用頂きました主催者様、講師の方々に深く御礼申し上げます。
    今後は、「SBコンシェル」サービスに注力して、オンライン開催を含めた皆様の多様なご要望にお応えしていく所存です。

    突然のご案内となり誠に申し訳ございません。何卒ご理解・ご容赦いただきますようお願い申し上げます。