吉田光宏

講師名 吉田光宏
講師名よみ よしだみつひろ
肩書き ジャーナリスト、PRプランナー
都道府県 広島県

新聞記者経験をベースにした執筆活動とPR支援のシナジーを目指している。環境問題や農林水産業などの取材では現場を大切にし、理解と共感が得られる文章に仕上げる。そうした取材活動で得た知識は、PR広報にも応用し個人や団体・組織などの社会的認知度を高めることに役立てている。

プロフィール

■職歴・経歴 
広島県生まれ。中国新聞社で20年間、編集記者として勤務。在職中1993-4年フルブライト奨学生として米国留学(スタンフォード大学ナイトフェローシップ)。1999年退職後、日本環境ジャーナリストの会、農政ジャーナリストの会の会員として執筆活動を続け、出版、講演活動などへ展開している。
2010年から取材活動の経験を生かしてPR広報を支援する活動を開始。以後、公的支援機関(中小企業基盤整備機構、広島市中小企業支援センターなど)に登録している。
学校法人ひらた学園IWAD環境福祉リハビリ専門学校非常勤講師(農業、環境学)。
■専門分野
取材&記事執筆、PR支援、文章作成指導、パンフ・チラシ・書籍などの作成
■背景・活動暦など
 <執筆活動>
独立後、時事通信社『農林経済』への寄稿、日本農業新聞の書評などを中心に、新聞、雑誌などに多数の記事を発表。現在、地球・環境人間フォーラムの月刊情報誌『グローバルネット』で「日本の沿岸を歩く」連載中である。
◎自然保護関連…自然史博物館、野生動物再導入、ロシア・タイガの自然、オオカミ再導入問題など
発表した記事はAmazon KDP(電子書籍)で順次公表。
◎農林水産業関連…牛の放牧、米国のコメ栽培、女性漁業者、有機農業、エビ養殖、カツオ漁、オランダのニシン、台湾バナナ、讃岐うどん、米国のオーガニック事情、ナマズ養殖など
◎その他社会問題関連
<PR支援活動>
プレスリリースを中心にこれまで100件近い支援を行い、メディア露出の高い成功率を誇る。チラシ、WEB などについてコピーや構成などの改善見直しを助言する。山口型放牧研究会が社団法人中央畜産会「畜産大賞」を受賞(2007年)したときの山口県審査委員長(業績紹介、推薦文監修)を務めた。
<出版事業>
DTPで企業の社史、記念誌、印刷物などを制作。また執筆記事をAmazonの電子書籍KDPやオンデマンド出版(POD)で出版している。
■著書
『つながるいのち 生物多様性からのメッセージ』(共著、山と渓谷社)
『干潟の図鑑』(分担執筆=日本自然保護協会編、ポプラ社)
『農業・環境・地域が蘇る 放牧維新』(家の光協会)
『耕作放棄地解消!放牧大作戦 舌刈りで一石五鳥』(監修、家の光協会)
『広島県の農業を知るとカープを応援したくなる』(PRPH)
『GABAライスで農村ルネサンス 豊栄プロジェクトGO!』(PRPH)ほか

出身校

新市町立 網引小学校
新市町立 中央中学校
広島県立 府中高等学校
中央大学 法学部 政治学科

主催者登録はこちら(無料)
  • 主催者の方はこちら
  • 講師・出演者の方はこちら
  • マンガでわかる「SBマーケット」
  • SBコンシェル
ご利用者の声
  • 毎回、講師の選定が大変なストレスでしたが、どんな講師が応募してくれるだろう?と逆に楽しみに・・・ (福祉団体)
  • 講師募集から開催日まで時間がなかったにもかかわらず、すぐにメールが何通もきまして講師の層・・・ (業界団体)
  • いつも講師を探すのに苦労していましたが、今回は講師から、こちらの希望・条件にあわせて提案を・・・ (製造業)
  • 短期間で複数のセミナー案を企画しなくてはいけないので、毎回ネタに困っていました。講師の・・・ (OA機器販売)
  • 全国規模での「講演依頼」の内容・ニーズがよく分かり、講師側としての新たな勉強の意欲が・・・ (コンサルタント)
  • >>もっと見る
システムブレーンからのお知らせ
  • 2021年08月31日
    「SBマーケット」サービス終了のお知らせ


    この度、急激な変革期を鑑み、2021年9月末日を以て「SBマーケットサービス」を終了させていただく事となりました。

    ●9月末日をもって、新規の講師募集案件は受付終了となります。

    ●既に講師募集を開始された案件、講師が決定している案件につきましては、10月以降もSBマイページでのやり取りを重ねていただき、開催終了まで進行していただけます。

    長らく当サービスをご活用頂きました主催者様、講師の方々に深く御礼申し上げます。
    今後は、「SBコンシェル」サービスに注力して、オンライン開催を含めた皆様の多様なご要望にお応えしていく所存です。

    突然のご案内となり誠に申し訳ございません。何卒ご理解・ご容赦いただきますようお願い申し上げます。