寺島裕美子

講師名 寺島裕美子
講師名よみ てらしまゆみこ
肩書き 先生のためのマインドフルネス講座講師
マインドフル子育て講座講師
社会人のためのマインドフルネス講座講師
都道府県 東京都

米グーグル社で開発され、その効果の高さのため全世界で人気のマインドフルネスとEQ開発のプログラム「サーチ・インサイド・ユアセルフ」認定講師。長年の海外生活で見てきた教育におけるマインドフルネスの重要性に注目し、日本でも広めたいと活動に力を注いでいる。

プロフィール

■職歴・経歴
東京生まれ。慶應義塾大学法学部政治学科卒業後、都内で大人や子供を対象とした英語教育に携わった後、米国の大学院で通訳翻訳の修士号を取得。
在米日系企業において通訳として従事した後、家族の都合により南米ペルーに転居したのを皮切りに、日本と海外に何度も居を移しながら、フリーランスとして通訳の仕事を続ける。
また、二児の母として育児をしながら、日本と海外の学校や幼稚園、先生たちと接する機会を多く持ち、海外の学校におけるマインドフルネスの効果の高さに注目する。
2017年夏、米グーグル社が開発した、脳科学に基づくマインドフルネスとEQ開発のプログラム「サーチ・インサイド・ユアセルフ」を受講、それが自分と周りの人との人間関係を改善し、人生を変えるほどの効果があることを実感、忙しい社会が作り出す様々な悩みを抱える現代人の大きな助けになると確信する。
2018年春より10ヶ月間、米国の同プログラム講師認定コースを受ける。その傍ら、滞在先の南米コロンビア首都ボゴタにおいて、マインドフルネスの外国人向けワークショップを定期的に開催し、好評を得る。口コミから毎回受講者が増加、ワークショップの規模を拡大していった。
2018年秋、帰国。高校生と小学生の子どもたちの学校の様子を見ながら、生徒も先生もマインドフルネスを学ぶことにより、ストレスの低下や集中力アップ、パフォーマンス(仕事や成績、運動等)の改善、人間関係の向上等の効果を実感しつつ、心身の健康が増進し、それが教育界全体の質の高さや健全さにつながるであろうと再確認する。
米国「サーチ・インサイド・ユアセルフ」認定講師資格取得(2019年2月)。
米国のMindful Schools(マインドフルネスを教師や小中高の生徒に教えるためのコースを提供する組織。https://www.mindfulschools.org)のMindful Educator Essentials課程修了(2019年6月)。
現在、企業等へマインドフルネスのオンライン講座を精力的にお届けしている。

コロンビア首都ボゴタでのマインドフルネスのワークショップ風景 群馬県富岡市商工会議所におけるマインドフルネスのワークショップ風景 群馬県富岡市商工会議所におけるマインドフルネスのワークショップ風景

出身校

大田区立馬込第三小学校
東京学芸大学附属竹早中学校
東京学芸大学附属高等学校
慶應義塾大学 法学部政治学科
The Middlebury Institute of International Studies at Monterey (米国カリフォルニア州) (通訳翻訳修士)

主催者登録はこちら(無料)
  • 主催者の方はこちら
  • 講師・出演者の方はこちら
  • マンガでわかる「SBマーケット」
  • SBコンシェル
ご利用者の声
  • 毎回、講師の選定が大変なストレスでしたが、どんな講師が応募してくれるだろう?と逆に楽しみに・・・ (福祉団体)
  • 講師募集から開催日まで時間がなかったにもかかわらず、すぐにメールが何通もきまして講師の層・・・ (業界団体)
  • いつも講師を探すのに苦労していましたが、今回は講師から、こちらの希望・条件にあわせて提案を・・・ (製造業)
  • 短期間で複数のセミナー案を企画しなくてはいけないので、毎回ネタに困っていました。講師の・・・ (OA機器販売)
  • 全国規模での「講演依頼」の内容・ニーズがよく分かり、講師側としての新たな勉強の意欲が・・・ (コンサルタント)
  • >>もっと見る
システムブレーンからのお知らせ
  • 2021年08月31日
    「SBマーケット」サービス終了のお知らせ


    この度、急激な変革期を鑑み、2021年9月末日を以て「SBマーケットサービス」を終了させていただく事となりました。

    ●9月末日をもって、新規の講師募集案件は受付終了となります。

    ●既に講師募集を開始された案件、講師が決定している案件につきましては、10月以降もSBマイページでのやり取りを重ねていただき、開催終了まで進行していただけます。

    長らく当サービスをご活用頂きました主催者様、講師の方々に深く御礼申し上げます。
    今後は、「SBコンシェル」サービスに注力して、オンライン開催を含めた皆様の多様なご要望にお応えしていく所存です。

    突然のご案内となり誠に申し訳ございません。何卒ご理解・ご容赦いただきますようお願い申し上げます。