沖田正午

講師名 沖田正午
講師名よみ おきだしょうご
肩書き 時代小説作家
都道府県 埼玉県

長い人生の間に、必ず挫折は巡ってくるもの。それをいかにチャンスとして活かすか。会社経営に失敗しなければ、今の小説家としての地位はない。そして、癌の宣告。人生の終結感を、いかにして克服したか。自らの人生の体験と実感。この活力感はどこから生まれるか。一人でも多くの人に伝えたい。

プロフィール

1949年現さいたま市中央区生まれ。埼玉県立与野高校卒業。
グラフィックデザイナー、販促用ゲームプランナーとして活躍。
2006年『丁半小僧武吉伝』(幻冬舎文庫)で、作家デビュー。
「沖田節」ともいえる、人を見る目の暖かさと軽妙な筆づかいがファンを惹きつけている時代小説作家。これまで、約90冊刊行。
■漢字が書けなくても、小説は画ける
小説は、文字でもって絵を画くようなもの。知識、博学よりも、自らの経験や体験で描く世界と考えている。失敗や挫折が、物語を紡ぎ出す肥しとなりエネルギーとなる。オリジナル性をどのように創り出すのか。江戸時代を表現する上で、いつも意識するのは、電車も自動車もなかったその距離感である。
■奇跡は必ず起こりうる
これまでに、二度の奇跡を体験した。一度目は、小説家として糊口を凌ぐことができること。二度目は、ひと月に二度の癌摘出手術を施し生還できたこと。 それを小説で表現したのがKADOKAWAから刊行した『生きがい』である。プロットは、癌治療の入院中に生まれたものである。余命一年を宣告された戯作者が、いかにして生きがいを見出したのか。生きるべき糧を求めて旅に出る。その最中での艱難辛苦。どんな境遇にあれ、人は思い込みによって強くなれるもの。そんな勇気を与えてくれる作品と自負している。主人公の生きざまをテーマとして、ぜひ語りたいものである。そして、三度目としてこれから起こる奇跡とは。 
■時代小説とは、かくなるもの
時代小説を書いていて重要なのは、人生観と人間の機微。教科書に載るような歴史上の出来事よりも、現代人とは違った、彼らの生活感を主体に表現する作風である。執筆する上で古地図を参考とするが、平面に書かれたものを、いかにして立体化するか。そこに、想像というものが働いてくる。物語創作の中で出てくるアイデアと、販売促進のリンク。江戸時代に生きた人々の生きる糧を、企業の販売促進に役立ててもよいのではないか。
■主な作品
『北町影同心』(二見文庫)、『やぶ医師天元世直し帖』(ハルキ文庫)、『姫様お忍び事件帖』(徳間文庫)、『天神坂下よろず屋始末記』(双葉文庫)、『仕込み正宗』(祥伝社文庫)などの各シリーズ、『阿吽の羽織』(幻冬舎単行本)、『生きがい 戯作者南風余命つづり』『物書き同心裏稼業 未解決事件始末』(ともに角川文庫)など多数。
実業之日本社刊『お家あげます』は、初の書き下ろし現代小説。

講演会で歌は唄いません。
主催者登録はこちら(無料)
  • 主催者の方はこちら
  • 講師・出演者の方はこちら
  • マンガでわかる「SBマーケット」
  • SBコンシェル
ご利用者の声
  • 毎回、講師の選定が大変なストレスでしたが、どんな講師が応募してくれるだろう?と逆に楽しみに・・・ (福祉団体)
  • 講師募集から開催日まで時間がなかったにもかかわらず、すぐにメールが何通もきまして講師の層・・・ (業界団体)
  • いつも講師を探すのに苦労していましたが、今回は講師から、こちらの希望・条件にあわせて提案を・・・ (製造業)
  • 短期間で複数のセミナー案を企画しなくてはいけないので、毎回ネタに困っていました。講師の・・・ (OA機器販売)
  • 全国規模での「講演依頼」の内容・ニーズがよく分かり、講師側としての新たな勉強の意欲が・・・ (コンサルタント)
  • >>もっと見る
システムブレーンからのお知らせ
  • 2019年04月01日
    新年度です!
    多くの団体様にとって、4月は新年度の事業・催事の準備を進められる時期かと思います。外部から講師を招いての講演会・研修・セミナーなどお考えでしたら、ぜひ当サービス「SBマーケット」をご活用下さい。
     実力ある講師の方々が、皆様のお役に立つ「ご提案」をしていただけます!

    ※詳しくは、「マンガでわかるSBマーケット」をご覧ください。
  • 2019年01月01日
    あけましておめでとうございます
    お陰様で弊社の新サービス「SBマーケット」も9年目となりました。皆さんの日頃のご支援、ご協力に心より感謝申し上げます。
    今年も宜しくお願いいたします。
  • 2018年07月05日
    募集内容の書き方など、お気軽にご相談下さい。
    初めてSBマーケットをご利用される方の多くが、「講師募集の内容は、どんな事を書いたら良いのだろう?」と悩まれます。
    そうした際にはお気軽に事務局までご相談下さい。
    講師からの良いご提案が多く集まるように、募集内容のアドバイスや加筆なども行っております。