西川 仁

講師名 西川 仁
講師名よみ にしかわひとし
肩書き 人間力アップコンサルタント
都道府県 大阪府

35年間の企業での実務経験、管理職経験と大脳生理学をベースとした長谷川式メンタルトレーニングを学び、集中力UP、コミュニケーション力UP、チームワーク力UPなど人間力を上げるための知恵・コツを活用して講義一辺倒でなく、簡単な体験実習を交えて楽しく理解していただきます。

プロフィール

■職歴・経歴
大阪府出身
富士ゼロックスグループで事務職を約35年間勤務しました。債権管理/顧客情報管理12年、経理業務7年、経営計画7年、セールスバックヤード業務7年、営業推進2年と事務端でも様々な実務経験をもち、管理職として20年強、部下育成、自部門の方針管理、採用関連を経験。また、会社合併等により入社当初従業員80名規模から300名規模、出向等により1000名規模、2000名規模の会社を経験。規模の変化に伴う仕組みや組織体制の対応も経験しました。
 また、能力開発・教育研修会社である株式会社シンパシィ・ユニオン(兵庫県武庫之荘)の創立者、現会長ヒューマンプロデューサー長谷川一彌先生との出逢いで人間の脳や身体の仕組みからその機能をうまく働かせる考え方や方法である『長谷川式メンタルトレーニング』を学び、20年。
 地域活動では豊中市のPTA役員、健全育成会役員等 8年 箕面市青少年指導員 7年 将来を担う子ども達の健全育成を側面的にサポートしています。現在、箕面市青少年指導員連絡協議会参事、校区理事。
■専門分野
企業の人材育成。ミドルマネージャーのモチベーションアップ、チームビルディング、部下育成。
会社の数字が読め、部下のやりがいを駆り立てる活き活きとしたミドルマネージャーの育成。
■想い
ミドルマネージャーはプレイヤーとして実務を抱え、部下の面倒に加え、コンプライアンス、セクハラ、パワハラ、働き方改革など昔に比べ、管理スパーンが格段に拡大しているのではないでしょうか?また、年々難度を増す上司からの要求に対し、展開すると部下からの反発、上下間の板挟みで疲労困憊。年上の部下が多く、なかなか聞き入れてもらえない。などストレスを抱えているミドルマネージャーが多いのではないでしょうか。それを見て、憧れを抱く部下は少ないのではないでしょうか。私も長年管理職をしていたので、同じ悩みを持っていました。しかし、メンタルトレーニングを学び、実践したことで集中力アップ、ポジティブな発想で仕事も職場環境も明るく元気に楽しく笑顔になりました。そんな知恵・コツであなたを元気にさせます。
 また、少子高齢化がすすむ現在、将来社会人となる子ども達はより主体性、リーダーシップが求められます。そのベースとなるのが集中力アップ。子どものやる気・元気を高めることも将来企業の人材育成に繋がるものです。その知恵・コツで子どもを元気にしていきましょう。

主催者登録はこちら(無料)
  • 主催者の方はこちら
  • 講師・出演者の方はこちら
  • マンガでわかる「SBマーケット」
  • SBコンシェル
ご利用者の声
  • 毎回、講師の選定が大変なストレスでしたが、どんな講師が応募してくれるだろう?と逆に楽しみに・・・ (福祉団体)
  • 講師募集から開催日まで時間がなかったにもかかわらず、すぐにメールが何通もきまして講師の層・・・ (業界団体)
  • いつも講師を探すのに苦労していましたが、今回は講師から、こちらの希望・条件にあわせて提案を・・・ (製造業)
  • 短期間で複数のセミナー案を企画しなくてはいけないので、毎回ネタに困っていました。講師の・・・ (OA機器販売)
  • 全国規模での「講演依頼」の内容・ニーズがよく分かり、講師側としての新たな勉強の意欲が・・・ (コンサルタント)
  • >>もっと見る
システムブレーンからのお知らせ
  • 2019年04月01日
    新年度です!
    多くの団体様にとって、4月は新年度の事業・催事の準備を進められる時期かと思います。外部から講師を招いての講演会・研修・セミナーなどお考えでしたら、ぜひ当サービス「SBマーケット」をご活用下さい。
     実力ある講師の方々が、皆様のお役に立つ「ご提案」をしていただけます!

    ※詳しくは、「マンガでわかるSBマーケット」をご覧ください。
  • 2019年01月01日
    あけましておめでとうございます
    お陰様で弊社の新サービス「SBマーケット」も9年目となりました。皆さんの日頃のご支援、ご協力に心より感謝申し上げます。
    今年も宜しくお願いいたします。
  • 2018年07月05日
    募集内容の書き方など、お気軽にご相談下さい。
    初めてSBマーケットをご利用される方の多くが、「講師募集の内容は、どんな事を書いたら良いのだろう?」と悩まれます。
    そうした際にはお気軽に事務局までご相談下さい。
    講師からの良いご提案が多く集まるように、募集内容のアドバイスや加筆なども行っております。