古山陽一

講師名 古山陽一
講師名よみ ふるやまよういち
肩書き 国際医療福祉大学助教
パパの育児・看護・介護支援センター 代表
都道府県 千葉県

男性の看護学者ならではの経験や専門知識・技術等を活かした男女共同参画NPOを設立し、全国にて講演・研修等を行っている。第4回澤柳記念奨励賞受賞(東北大学)。家庭では、2児の子育て真っ最中。出生時には、「育休」も取得した。子育てしているというよりは、親として育てられている。

プロフィール

■経歴
1979年、福岡県生まれ。大阪市立大学大学院修士課程修了。同大学医学部附属病院看護師を経て、2016年より国際医療福祉大学助教に着任。専門は看護学。男性の看護学者ならではの経験や専門知識・技術等に基づいた講演・研修等を各地で行い、新聞をはじめとするジャーナリズムや著名な男女共同参画誌等で度々紹介される。看護学の探究を通じ、性別にとらわれず生きることができる社会への実践を目指して、日々奮闘中。妻と2児の4人家族。千葉県在住。
■社会活動
・全国男性看護師会 交流員会副委員長(2017.7~)
・阿倍野区子育て支援連絡会 運営委員(2015.4~2016.3)
・大阪市男女共同参画審議会 委員(2013.8~2015.8)
・パパの育児・看護・介護支援センター(旧・パパの育児休業支援センター) 代表(2012.8~)
■受賞
・澤柳政太郎記念東北大学男女共同参画奨励賞(2018.1)
・京都市男女共同参画推進協会から感謝状(2015.3)
■メディア掲載
読売新聞「名ばかりイクメン退場」(夕刊大阪本社版・社会面/2016.2.12)、日本経済新聞「『女性活躍』実現しますか」(夕刊大阪版・社会面/2015.11.21)、毎日新聞「イクメン最強助っ人」(夕刊大阪版・社会面/2013.10.15)、読売新聞「パパの育休相談乗るで」(朝刊大阪本社版・くらし面/2013.1.18)、他多数
■講演実績
Dear Mama & Papa 古山陽一さんお話会(ひとつぶてんとう園/2019.2.10)、名東区男女共同参画の集い(名古屋市名東区/2019.1.23)、ナースマン研修会(千葉県看護連盟/2018.12.1)、出産ケア政策会議(BFF研究会/2018.9.22)、男の子の身体講座(NPO法人Umiのいえ/2018.8.21)、男女共生市民講座(新発田市/2017.12.2)、子育て支援者応援講座(NPO法人つながる子育てにじいろ/2017.10.15)、男性看護職員研修会(滋賀県看護協会/2016.12.16)、男女共同推進セミナー(奈良県/2016.6.4)、地域子育て活動者研修(大阪市男女共同参画センター子育て活動支援館/2016.2.7)、ロールモデル・セミナー(大阪市立大学女性研究者支援室/2015.6.24)、子育てを楽しみたいパパのためのPapaカレッジ(京都市/2015.2.21)、他多数

NHK取材風景 イクメン最強助っ人(毎日新聞) 講演風景(第14回 東北大学男女共同参画シンポジウム)

出身校

大阪市立大学大学院修士課程修了(2016.3)

主催者登録はこちら(無料)
  • 主催者の方はこちら
  • 講師・出演者の方はこちら
  • マンガでわかる「SBマーケット」
  • SBコンシェル
ご利用者の声
  • 毎回、講師の選定が大変なストレスでしたが、どんな講師が応募してくれるだろう?と逆に楽しみに・・・ (福祉団体)
  • 講師募集から開催日まで時間がなかったにもかかわらず、すぐにメールが何通もきまして講師の層・・・ (業界団体)
  • いつも講師を探すのに苦労していましたが、今回は講師から、こちらの希望・条件にあわせて提案を・・・ (製造業)
  • 短期間で複数のセミナー案を企画しなくてはいけないので、毎回ネタに困っていました。講師の・・・ (OA機器販売)
  • 全国規模での「講演依頼」の内容・ニーズがよく分かり、講師側としての新たな勉強の意欲が・・・ (コンサルタント)
  • >>もっと見る
システムブレーンからのお知らせ
  • 2021年08月31日
    「SBマーケット」サービス終了のお知らせ


    この度、急激な変革期を鑑み、2021年9月末日を以て「SBマーケットサービス」を終了させていただく事となりました。

    ●9月末日をもって、新規の講師募集案件は受付終了となります。

    ●既に講師募集を開始された案件、講師が決定している案件につきましては、10月以降もSBマイページでのやり取りを重ねていただき、開催終了まで進行していただけます。

    長らく当サービスをご活用頂きました主催者様、講師の方々に深く御礼申し上げます。
    今後は、「SBコンシェル」サービスに注力して、オンライン開催を含めた皆様の多様なご要望にお応えしていく所存です。

    突然のご案内となり誠に申し訳ございません。何卒ご理解・ご容赦いただきますようお願い申し上げます。