佐野翔音

講師名 佐野翔音
講師名よみ さのしょうおん
肩書き 映画監督(社会的養護がテーマの映画)
都道府県 神奈川県

児童虐待、子どもの貧困などで、社会的養護を受ける子どもたち、その親、彼らを支えようとする大人たちをテーマにした映画を創る監督。自ら監督した映画「こども食堂にて」又は「わたし、生きてていいのかな」の上映と講演を行い、現代の子どもたちの問題、親や周囲の状況を伝える。

プロフィール

【映画「こども食堂にて」監督】 
 〈映画+講演〉社会的養護を描く映画監督。
50歳を過ぎてから映画製作を開始。児童虐待を受けた子ども、その親、彼らを支えようとする人たちを取り上げた、社会的養護がテーマの映画を創り続ける。
【プロフィール】
1959年生まれ。東京都出身。
大学卒業後、映像制作会社勤務を経て、現在、フリーの映像ディレクター。
これまで数百本の企業映像(会社案内、製品PR、教育ビデオなど)を演出。
現在も、上場企業や大手メーカーの映像製作を本業としている。
2011年に「映画製作チーム・Sunshine」を立ち上げ、映画製作を開始。
2015年末に、児童虐待がテーマの映画『わたし、生きてていいのかな』を完成させる。
2016年からその上映活動を行う。自主開催のマンスリー上映会で8カ月上映後、
全国各地の自治体、NPO、児童相談所、児童養護施設、大学、高校など
50団体以上が自主上映会を開催している。監督として上映後の講演に呼ばれることもある。
2017年、映画『こども食堂にて』を監督・製作する。この映画では、こども食堂を舞台に様々な子どもの問題を描いている。
2018年9月から、劇場ロードショーを行い、東京、横浜、大阪、群馬、長野の映画館で公開する。
東京(アップリンク渋谷)では、7週間のロングラン上映となった。
(2019年9/28~10/4は、神戸の元町映画館でも上映。)
その他、現在、日本各地で、自主上映会が企画され、上映後の講演に呼ばれることもある。
映画製作では、一貫して、社会的養護を受けて暮らす子どもたちと、その親、彼らを支えようとする大人たちを描いている。

映画「こども食堂にて」試写会後の監督トーク 映画「こども食堂にて」劇場上映後のトークショー 映画「こども食堂にて」上映イベント後のトークセッション前

参考動画

映画「こども食堂にて」予告編  映画「わたし、生きてていいのかな」予告編 

主催者登録はこちら(無料)
  • 主催者の方はこちら
  • 講師・出演者の方はこちら
  • マンガでわかる「SBマーケット」
  • SBコンシェル
ご利用者の声
  • 毎回、講師の選定が大変なストレスでしたが、どんな講師が応募してくれるだろう?と逆に楽しみに・・・ (福祉団体)
  • 講師募集から開催日まで時間がなかったにもかかわらず、すぐにメールが何通もきまして講師の層・・・ (業界団体)
  • いつも講師を探すのに苦労していましたが、今回は講師から、こちらの希望・条件にあわせて提案を・・・ (製造業)
  • 短期間で複数のセミナー案を企画しなくてはいけないので、毎回ネタに困っていました。講師の・・・ (OA機器販売)
  • 全国規模での「講演依頼」の内容・ニーズがよく分かり、講師側としての新たな勉強の意欲が・・・ (コンサルタント)
  • >>もっと見る
システムブレーンからのお知らせ
  • 2021年08月31日
    「SBマーケット」サービス終了のお知らせ


    この度、急激な変革期を鑑み、2021年9月末日を以て「SBマーケットサービス」を終了させていただく事となりました。

    ●9月末日をもって、新規の講師募集案件は受付終了となります。

    ●既に講師募集を開始された案件、講師が決定している案件につきましては、10月以降もSBマイページでのやり取りを重ねていただき、開催終了まで進行していただけます。

    長らく当サービスをご活用頂きました主催者様、講師の方々に深く御礼申し上げます。
    今後は、「SBコンシェル」サービスに注力して、オンライン開催を含めた皆様の多様なご要望にお応えしていく所存です。

    突然のご案内となり誠に申し訳ございません。何卒ご理解・ご容赦いただきますようお願い申し上げます。