佐野翔音

講師名 佐野翔音
講師名よみ さのしょうおん
肩書き 映画監督(社会的養護がテーマの映画)
都道府県 神奈川県

児童虐待、子どもの貧困などで、社会的養護を受ける子どもたち、その親、彼らを支えようとする大人たちをテーマにした映画を創る監督。自ら監督した映画「こども食堂にて」又は「わたし、生きてていいのかな」の上映と講演を行い、現代の子どもたちの問題、親や周囲の状況を伝える。

プロフィール

【映画「こども食堂にて」監督】 
 〈映画+講演〉社会的養護を描く映画監督。
50歳を過ぎてから映画製作を開始。児童虐待を受けた子ども、その親、彼らを支えようとする人たちを取り上げた、社会的養護がテーマの映画を創り続ける。
【プロフィール】
1959年生まれ。東京都出身。
大学卒業後、映像制作会社勤務を経て、現在、フリーの映像ディレクター。
これまで数百本の企業映像(会社案内、製品PR、教育ビデオなど)を演出。
現在も、上場企業や大手メーカーの映像製作を本業としている。
2011年に「映画製作チーム・Sunshine」を立ち上げ、映画製作を開始。
2015年末に、児童虐待がテーマの映画『わたし、生きてていいのかな』を完成させる。
2016年からその上映活動を行う。自主開催のマンスリー上映会で8カ月上映後、
全国各地の自治体、NPO、児童相談所、児童養護施設、大学、高校など
50団体以上が自主上映会を開催している。監督として上映後の講演に呼ばれることもある。
2017年、映画『こども食堂にて』を監督・製作する。この映画では、こども食堂を舞台に様々な子どもの問題を描いている。
2018年9月から、劇場ロードショーを行い、東京、横浜、大阪、群馬、長野の映画館で公開する。
東京(アップリンク渋谷)では、7週間のロングラン上映となった。
(2019年9/28~10/4は、神戸の元町映画館でも上映。)
その他、現在、日本各地で、自主上映会が企画され、上映後の講演に呼ばれることもある。
映画製作では、一貫して、社会的養護を受けて暮らす子どもたちと、その親、彼らを支えようとする大人たちを描いている。

映画「こども食堂にて」試写会後の監督トーク 映画「こども食堂にて」劇場上映後のトークショー 映画「こども食堂にて」上映イベント後のトークセッション前

参考動画

映画「こども食堂にて」予告編  映画「わたし、生きてていいのかな」予告編 

主催者登録はこちら(無料)
  • 主催者の方はこちら
  • 講師・出演者の方はこちら
  • マンガでわかる「SBマーケット」
  • SBコンシェル
ご利用者の声
  • 毎回、講師の選定が大変なストレスでしたが、どんな講師が応募してくれるだろう?と逆に楽しみに・・・ (福祉団体)
  • 講師募集から開催日まで時間がなかったにもかかわらず、すぐにメールが何通もきまして講師の層・・・ (業界団体)
  • いつも講師を探すのに苦労していましたが、今回は講師から、こちらの希望・条件にあわせて提案を・・・ (製造業)
  • 短期間で複数のセミナー案を企画しなくてはいけないので、毎回ネタに困っていました。講師の・・・ (OA機器販売)
  • 全国規模での「講演依頼」の内容・ニーズがよく分かり、講師側としての新たな勉強の意欲が・・・ (コンサルタント)
  • >>もっと見る
システムブレーンからのお知らせ
  • 2019年04月01日
    新年度です!
    多くの団体様にとって、4月は新年度の事業・催事の準備を進められる時期かと思います。外部から講師を招いての講演会・研修・セミナーなどお考えでしたら、ぜひ当サービス「SBマーケット」をご活用下さい。
     実力ある講師の方々が、皆様のお役に立つ「ご提案」をしていただけます!

    ※詳しくは、「マンガでわかるSBマーケット」をご覧ください。
  • 2019年01月01日
    あけましておめでとうございます
    お陰様で弊社の新サービス「SBマーケット」も9年目となりました。皆さんの日頃のご支援、ご協力に心より感謝申し上げます。
    今年も宜しくお願いいたします。
  • 2018年07月05日
    募集内容の書き方など、お気軽にご相談下さい。
    初めてSBマーケットをご利用される方の多くが、「講師募集の内容は、どんな事を書いたら良いのだろう?」と悩まれます。
    そうした際にはお気軽に事務局までご相談下さい。
    講師からの良いご提案が多く集まるように、募集内容のアドバイスや加筆なども行っております。