枝川明敬

講師名 枝川明敬
講師名よみ えだがわあきとし
肩書き 東京芸術大学大学院 教授
名古屋大学 客員教授

「芸術が社会や人の生活に役立つ」「芸術が社会問題を解決する」といった観点から、元文化庁在職時から東京芸術大学、名古屋大学教授として、論文、書籍を出す。日本芸術文化振興会での助成金審査委員、文化庁、新国立劇場の運営に関わる。その他、音楽マネージメントへの講演も行う。

プロフィール

大学教員時代
1995年 埼玉大学大学院経営政策科学研究科助教授
我が国で初めてとなる「文化政策学」講座を開設。初代助教授に就任。
文化政策学を研究、講義、「文化政策概論」「美術館政策論」「文化会館通論」など出版。そのほか米国カリフォルニア大学との共同研究で”COMPARING Culutural Policy"出版。
1998年 国立情報学研究所助教授
「芸術文化の振興と文化財の保護」出版
2000年 名古屋大学教授(先端技術研究センター)
「文化芸術の経営・政策論」「名大講義録 ベンチャービジネス論」「ビジネスプラン」「新時代の文化振興論」を出版
「ビジネスプラン」は経済産業省から,我が国でのベンチャーテキスト作成依頼として、作成。
その後、2版出版。名古屋大学工学研究科での講義「創造工学論(2000年より現在まで20年続く講義で文科省から助成金をもらう)」に使用。
2004年から現在 東京芸術大学教授(音楽学部、国際芸術創造研究科)
2005年には日本地域学会より地域学会賞受賞。
「文化芸術への支援の論理と実際」を芸大出版会より出版、文化経済学会の推薦図書となる。
名古屋大学にて客員教授として、創造工学論を講義するほか、東京芸術大学では、経済、経営の視点から講義。
名古屋大学時代から、多くの地方自治体、総務省、文科省、農水省(水産庁)からの依頼で、「地域社会と文化芸術」の関係、特に地域社会に文化芸術がいかに貢献するか、講演を行ったり、文化会館、音楽ホールなどの建設プランの策定に加わる。
(公益財団)日本証券奨学財団より、芸術の社会経済への役割の研究が評価され、助成金授与される。
文化芸術関係だけでなく、高度人材養成のプロジェクトに名古屋大学ほかで関与。東京芸術大学では、芸術大学が果たす社会への貢献として、わかりやすいオペラを声楽の教員と一緒につくり、文化庁から評価され助成金が授与。
公務員時代
1977年文部省入省
1991年文化庁地域文化振興室長
阪神淡路大震災の被災調査にもくわわる。

名古屋大学での講演(シンポジウム) (公益財団)音楽文化創造での演奏者への講義 台湾大学からの招待講演

出身校

香川県立三本松高校
名古屋大学工学部
筑波大学政策科学研究科
工学博士(名古屋大学)

主催者登録はこちら(無料)
  • 主催者の方はこちら
  • 講師・出演者の方はこちら
  • マンガでわかる「SBマーケット」
  • SBコンシェル
ご利用者の声
  • 毎回、講師の選定が大変なストレスでしたが、どんな講師が応募してくれるだろう?と逆に楽しみに・・・ (福祉団体)
  • 講師募集から開催日まで時間がなかったにもかかわらず、すぐにメールが何通もきまして講師の層・・・ (業界団体)
  • いつも講師を探すのに苦労していましたが、今回は講師から、こちらの希望・条件にあわせて提案を・・・ (製造業)
  • 短期間で複数のセミナー案を企画しなくてはいけないので、毎回ネタに困っていました。講師の・・・ (OA機器販売)
  • 全国規模での「講演依頼」の内容・ニーズがよく分かり、講師側としての新たな勉強の意欲が・・・ (コンサルタント)
  • >>もっと見る
システムブレーンからのお知らせ
  • 2021年08月31日
    「SBマーケット」サービス終了のお知らせ


    この度、急激な変革期を鑑み、2021年9月末日を以て「SBマーケットサービス」を終了させていただく事となりました。

    ●9月末日をもって、新規の講師募集案件は受付終了となります。

    ●既に講師募集を開始された案件、講師が決定している案件につきましては、10月以降もSBマイページでのやり取りを重ねていただき、開催終了まで進行していただけます。

    長らく当サービスをご活用頂きました主催者様、講師の方々に深く御礼申し上げます。
    今後は、「SBコンシェル」サービスに注力して、オンライン開催を含めた皆様の多様なご要望にお応えしていく所存です。

    突然のご案内となり誠に申し訳ございません。何卒ご理解・ご容赦いただきますようお願い申し上げます。