山口 純

講師名 山口 純
講師名よみ やまぐちじゅん
肩書き 株式会社ヤマグチ代表取締役
都道府県 埼玉県

プロフィール

デンマークにおいて福祉機器の研究に従事した経験を持つ、福祉機器評価のプロフェッショナル。
介護事業者やメーカーの各課題に応じた、講演・研修・個別コンサルティングサービスを展開している。
特に、福祉大国デンマークで実際に活用されている福祉機器評価手法(ATAT)の講座に定評がある。
【経歴】
2008年 3月 芝浦工業大学 工学研究科 機械工学専攻修士課程 修了 工学修士号取得
2011年 3月 国立障害者リハビリテーションセンター研究所 技術補助員
2015年 8月 Danish Technological Institute インターン
2016年 4月 University of L'Aquila, Dept. of Industrial and Information Engineering and Economics, Doctoral course 修了 工学博士号取得
2016年 4月 芝浦工業大学SIT総合研究所 脳科学ライフテクノロジー寄附研究センター 客員研究員
2017年 4月 産業技術総合研究所 ロボットイノベーション研究センター 博士研究員
2018年 7月 国立障害者リハビリテーションセンター研究所 障害工学研究部 流動研究員
2019年 6月 株式会社ヤマグチを設立
【研究業績】
1.山口 純, 岡村 宏他. 車両軽量化へのアプローチ, Dynamics & Design Conference 2006, "536-1"-"536-4", 一般社団法人日本機械学会, 2006
2.山口 純, 岡村 宏. 軽量化のための設計ノウハウ適用手法, 2007年度学術研究講演会 講演前刷集, 167, 社団法人自動車技術会関東支部, 2008
3.山口 純, 井上 剛伸他. 肢体不自由者用ロボットアームの臨床評価, 日本デザイン学会 第59回研究発表大会 概要集, DN/JST.JSTAGE/jssd.59.0.150.0, 日本デザイン学会, 2012
4.木下崇史, 井上剛伸, 木之瀬隆, 中山剛, 山口純. 重度肢体不自由者用ロボットアームの有効性の検証. 第16回世界作業療法士連盟大会・第48回日本作業療法学会, 横浜, 2014-6-18/6-21. CI 1-2-4.
5.Yamaguchi, J., et al. "Measuring Benefits of Telepresence robot for Individuals with Motor Impairments." Studies in health technology and informatics 217 (2015): 703-709.
6.Yamaguchi, J, et al. "The telepresence robot for social participation: how much assistance is required?" International Journal of Integrated Care 15.7 (2015).

参考動画

主催者登録はこちら(無料)
  • 主催者の方はこちら
  • 講師・出演者の方はこちら
  • マンガでわかる「SBマーケット」
  • SBコンシェル
ご利用者の声
  • 毎回、講師の選定が大変なストレスでしたが、どんな講師が応募してくれるだろう?と逆に楽しみに・・・ (福祉団体)
  • 講師募集から開催日まで時間がなかったにもかかわらず、すぐにメールが何通もきまして講師の層・・・ (業界団体)
  • いつも講師を探すのに苦労していましたが、今回は講師から、こちらの希望・条件にあわせて提案を・・・ (製造業)
  • 短期間で複数のセミナー案を企画しなくてはいけないので、毎回ネタに困っていました。講師の・・・ (OA機器販売)
  • 全国規模での「講演依頼」の内容・ニーズがよく分かり、講師側としての新たな勉強の意欲が・・・ (コンサルタント)
  • >>もっと見る
システムブレーンからのお知らせ
  • 2021年08月31日
    「SBマーケット」サービス終了のお知らせ


    この度、急激な変革期を鑑み、2021年9月末日を以て「SBマーケットサービス」を終了させていただく事となりました。

    ●9月末日をもって、新規の講師募集案件は受付終了となります。

    ●既に講師募集を開始された案件、講師が決定している案件につきましては、10月以降もSBマイページでのやり取りを重ねていただき、開催終了まで進行していただけます。

    長らく当サービスをご活用頂きました主催者様、講師の方々に深く御礼申し上げます。
    今後は、「SBコンシェル」サービスに注力して、オンライン開催を含めた皆様の多様なご要望にお応えしていく所存です。

    突然のご案内となり誠に申し訳ございません。何卒ご理解・ご容赦いただきますようお願い申し上げます。