吉田克夫

講師名 吉田克夫
講師名よみ よしだかつお
肩書き ものつくり110番:改善アドバイザー
都道府県 神奈川県

プロフィール

【職歴】
1953年6月生まれ
1972年4月大手精密機器メーカ入社、以後当該メーカにてものつくり畑一筋従事            
1987年4月製造課長、1990年4月検査課長、1998年10月技術購買部門次長歴任。
製造課長時代は複合機の新製品立ち上げから、200名以上の部下を抱えた量産現場のマネージメントに従事。
検査課長、技術購買部門次長時代は、国内外生産関連会社及び取引先様100社以上を対象とした現場改善(QCD)責任者として従事。この期間に系列販売会社との連携によるコンサルタント責任者も担当。2008年4月から2010年9月まで、生産関連会社派遣となり、特命テーマの工場改革(生産センター副センター長)担当。
2010年10月に本体の海外取引先様立て直しを目的に帰任。帰任後特命プロジェクトが設立され、リーダとしてその任にあたる。定年後は再雇用として残り、海外取引先様体質強化サポートに務めた。
2016年4月に在籍中のノウハウ伝承を目的に、源流保証塾が設立され、塾長に就任し若手育成に努めた。その後2018年1月に大手精密機器メーカ退社。退職後はフリーランスコンサルタントとして、中小企業のものつくりサポートに従事している。
【セミナー特徴】
一番のポイントは、実践経験と多くの改善事例を中心に説明が出来るところにある。
実戦現場は、国内外関連会社10社 仕入先様100社以上 コンサル10社等を経験してきている。
(業種も 組立、モールド成形、プレス、切削、ミラー、基盤、スプリング、ゴム等多岐に渡っている)
内容も、文字中心の説明ではなく、実際の改善写真やビデオを用いており、聴講者の方からは判りやすいとの声も聞く。
また改善事例は東南アジア系企業も多く、国内に比べ豊富なアイデア、改善スピードの速さに、カルチャーショックを受けられる経営者も多い。
コロナ過の中でも、東南アジア系企業の改善は進み続けており、個人的には国内中小企業のものつくりに危機を感じている。本セミナーが国内ものつくり振り返りの機会にして頂ければ幸いである。
【メディア掲載実績】
日経ビジネス  中国改善活動
日経ビジネス  国内改善活動
日本工業新聞 生産改革
工場管理    生産改革
プロパン産業新聞 既成概念からの脱出ものつくり

ものづくり実践セミナー 中部  2011年7月8日 ものづくり実践セミナー 北陸  2011年10月18日
主催者登録はこちら(無料)
  • 主催者の方はこちら
  • 講師・出演者の方はこちら
  • マンガでわかる「SBマーケット」
  • SBコンシェル
ご利用者の声
  • 毎回、講師の選定が大変なストレスでしたが、どんな講師が応募してくれるだろう?と逆に楽しみに・・・ (福祉団体)
  • 講師募集から開催日まで時間がなかったにもかかわらず、すぐにメールが何通もきまして講師の層・・・ (業界団体)
  • いつも講師を探すのに苦労していましたが、今回は講師から、こちらの希望・条件にあわせて提案を・・・ (製造業)
  • 短期間で複数のセミナー案を企画しなくてはいけないので、毎回ネタに困っていました。講師の・・・ (OA機器販売)
  • 全国規模での「講演依頼」の内容・ニーズがよく分かり、講師側としての新たな勉強の意欲が・・・ (コンサルタント)
  • >>もっと見る
システムブレーンからのお知らせ
  • 2021年08月31日
    「SBマーケット」サービス終了のお知らせ


    この度、急激な変革期を鑑み、2021年9月末日を以て「SBマーケットサービス」を終了させていただく事となりました。

    ●9月末日をもって、新規の講師募集案件は受付終了となります。

    ●既に講師募集を開始された案件、講師が決定している案件につきましては、10月以降もSBマイページでのやり取りを重ねていただき、開催終了まで進行していただけます。

    長らく当サービスをご活用頂きました主催者様、講師の方々に深く御礼申し上げます。
    今後は、「SBコンシェル」サービスに注力して、オンライン開催を含めた皆様の多様なご要望にお応えしていく所存です。

    突然のご案内となり誠に申し訳ございません。何卒ご理解・ご容赦いただきますようお願い申し上げます。