北村年子

講師名 北村年子
講師名よみ きたむらとしこ
肩書き 自己尊重トレーニングトレーナー
ノンィクションライター
ラジオパーソナリティ
都道府県 東京都

「今ここに生きてるだけで100点満点!」をモットーに、自分を大切に愛して生きる力「自尊感情」を育てる方法を、講演、書籍、ラジオ・SNSなど、さまざまな媒体を通じて発信中。独自の実践プログラム「自己尊重トレーニング©Be Myself」は子育て中の親、教員、支援職を中心に好評を博している。

プロフィール

■経歴
♦滋賀県生まれ、京都府育ち。
文芸誌・女性誌の編集者を経て、フリーランスのノンフィクションライターとなる。
♦十代のいじめ自死が増加する80年代、少女200人の肉声を取材したデビュー作『少女宣言』が話題を呼ぶ。 以後、女性・子ども・教育・ジェンダーを主なテーマに取材、執筆し、思春期電話相談員、ラジオDJとしても、親たち子どもたちの悩みにむきあう。
♦90年代、わが子の「発達障害」「不登校」も経験し、虐待防止・子育て支援にもとりくむ。「幸せな子どもは、幸せな大人から生まれる」をモットーに、あらゆる人の自尊感情(セルフ・エスティーム)を育てるための学びの場「自己尊重ラボ Be Myself」を設立。自分自身を愛する「自己尊重トレーニング」「マインドフルネス講座」「アサーショントレーニング」など、実践的・段階的に学ぶプログラムが好評を得ている。
♦2008年、子どもによる「ホームレス襲撃」をなくすために「ホームレス問題の授業づくり全国ネットを発足、教材用DVD“「ホームレス」と出会う子どもたち”を制作する。「ホームレス」を題材にした「いじめ防止」の画期的な教材として反響をよび、全国の学校、児童館等、教育現場で広く活用されている。(東京都教職員研修センター・人権教育資料センター選定ビデオ教材)
女性や社会的弱者の視点にたった人権活動が認められ、第6回やよりジャーナリスト賞(女性人権活動奨励賞)を受賞する。
♦ラジオパーソナリティ…TBSラジオ「チィーンズダイヤル」、FMヨコハマ「トレセンプラス」木曜「あなたにあえてよかった」~「ちょうどいいラジオ」隔週火曜「おはよう!ネンコさん」等を担当。
YouTube「ねんこチャンネル」でも「自尊感情の育て方」を中心に、生きづらさを抱える人々を勇気づける。
■主な著書 
『ま、いっかと力をぬいて 幸せなママになるレッスン』(赤ちゃんとママ社)
『おかあさんがもっと自分を好きになる本―子育てがラクになる自己尊重トレーニング』(学陽書房)
『「ホームレス」襲撃事件と子どもたち―いじめの連鎖を断つために』(太郎次郎社エディタス)
『子どもに「ホームレス」をどう伝えるか―いじめ・襲撃をなくすために』(HCネット)
『子どもを認める「ほめ方・叱り方」―愛が伝わる幸せ子育て』(PHP研究所)
『たった5つの冴えたやりかた―プリンセス・プリンセス・インタビュー集』(シンコーミュージック)
『少女宣言』(長征社)など多数。

主催者登録はこちら(無料)
  • 主催者の方はこちら
  • 講師・出演者の方はこちら
  • マンガでわかる「SBマーケット」
  • SBコンシェル
ご利用者の声
  • 毎回、講師の選定が大変なストレスでしたが、どんな講師が応募してくれるだろう?と逆に楽しみに・・・ (福祉団体)
  • 講師募集から開催日まで時間がなかったにもかかわらず、すぐにメールが何通もきまして講師の層・・・ (業界団体)
  • いつも講師を探すのに苦労していましたが、今回は講師から、こちらの希望・条件にあわせて提案を・・・ (製造業)
  • 短期間で複数のセミナー案を企画しなくてはいけないので、毎回ネタに困っていました。講師の・・・ (OA機器販売)
  • 全国規模での「講演依頼」の内容・ニーズがよく分かり、講師側としての新たな勉強の意欲が・・・ (コンサルタント)
  • >>もっと見る
システムブレーンからのお知らせ
  • 2021年08月31日
    「SBマーケット」サービス終了のお知らせ


    この度、急激な変革期を鑑み、2021年9月末日を以て「SBマーケットサービス」を終了させていただく事となりました。

    ●9月末日をもって、新規の講師募集案件は受付終了となります。

    ●既に講師募集を開始された案件、講師が決定している案件につきましては、10月以降もSBマイページでのやり取りを重ねていただき、開催終了まで進行していただけます。

    長らく当サービスをご活用頂きました主催者様、講師の方々に深く御礼申し上げます。
    今後は、「SBコンシェル」サービスに注力して、オンライン開催を含めた皆様の多様なご要望にお応えしていく所存です。

    突然のご案内となり誠に申し訳ございません。何卒ご理解・ご容赦いただきますようお願い申し上げます。