内藤朝雄

講師名 内藤朝雄
講師名よみ ないとうあさお
肩書き 明治大学文学部 准教授
都道府県 東京都

東大大学院を経て、現職。専門は社会学。長年いじめの問題を探究し、初の著作『いじめの社会理論』でいじめ発生のメカニズムを解明。学校、職場、地域など、様々な場面でのいじめ問題に対し、その克服に至るまでの具体的な解決法を説く。メディアや著作、講演・セミナーなど精力的に活動中。

プロフィール

■略歴
東京大学大学院を経て明治大学文学部准教授。東京大学、京都大学、大阪大学、立教大学などで非常勤講師を歴任。千代田区いじめ問題調査委員会委員など。
■主な活動
学校、会社、地域をとわず大きな問題になってるいじめ問題。
なぜいじめが起こるのか。人間はある社会環境に置かれたとき、集団で残酷になる。そのメカニズムを解き明かしただけではなく、克服のための具体的な解決方法をも指し示した。そして、学校や職場のいじめから、全体主義、民族・宗教紛争、そして発達障害、ヘイト、右翼と左翼、進化論、ブラック企業、日本的経営の問題、新型コロナ問題など近年の時事問題まで、広くオピニオンを世に出している。
■著作
【単著】
『いじめの構造--なぜ人が怪物になるのか』(講談社現代新書)
『いじめの社会理論』(柏書房)
『〈いじめ学〉の時代』(柏書房)
『いじめと現代社会』(双風社)
【共著】
『「ニート」って言うな』(本田由紀、後藤和智との共著:光文社新書)
『いじめの直し方』(荻上チキとの共著:朝日新聞出版)
『学校が自由になる日』(宮台真司、藤井誠二との共著:雲母書房)
『ネットいじめの構造と対処・予防』(加納寛子、西川純、藤川大祐との共著:金子書房) 他多数。
【主要論文】
「学校の秩序分析から社会の原理論へ--暴力の進化理論・いじめというモデル現象・理論的ブレークスルー」
『岩波講座 現代8』(岩波書店)
■メディア発信
NHK、テレビ朝日、TBS、日本テレビ、フジテレビ、テレビ東京、朝日新聞、読売新聞、毎日新聞、日本経済新聞、東京新聞、『中央公論』、『世界』、『AERA』、『週刊朝日』など多数。AFP通信、VOAなどから世界に発信。講談社『現代ビジネス』一般向けのメッセージを発信。
その他、「学校のいじめに通じる『日本のコロナ差別』、内藤朝雄氏が語る『人が怪物になる』とき」『弁護士ドットコム』「日本社会は変われるのか――『中間集団全体主義』という桎梏」『図書新聞』などネット記事多数。

議員会館で国会議員に講演(公共政策プラットフォームプラトン第19回BBL) 日テレニュース24(教師同士のいじめをなくすには何が必要か) 直撃LIVEグッディ!(羽交い締めで激辛カレー)

出身校

東京大学大学院

参考動画

主催者登録はこちら(無料)
  • 主催者の方はこちら
  • 講師・出演者の方はこちら
  • マンガでわかる「SBマーケット」
  • SBコンシェル
ご利用者の声
  • 毎回、講師の選定が大変なストレスでしたが、どんな講師が応募してくれるだろう?と逆に楽しみに・・・ (福祉団体)
  • 講師募集から開催日まで時間がなかったにもかかわらず、すぐにメールが何通もきまして講師の層・・・ (業界団体)
  • いつも講師を探すのに苦労していましたが、今回は講師から、こちらの希望・条件にあわせて提案を・・・ (製造業)
  • 短期間で複数のセミナー案を企画しなくてはいけないので、毎回ネタに困っていました。講師の・・・ (OA機器販売)
  • 全国規模での「講演依頼」の内容・ニーズがよく分かり、講師側としての新たな勉強の意欲が・・・ (コンサルタント)
  • >>もっと見る
システムブレーンからのお知らせ
  • 2020年01月01日
    あけましておめでとうございます
    お陰様で弊社の新サービス「SBマーケット」も10年目となりました。皆さんの日頃のご支援、ご協力に心より感謝申し上げます。
    今年も宜しくお願いいたします。
  • 2019年07月05日
    募集内容の書き方など、お気軽にご相談下さい。
    初めてSBマーケットをご利用される方の多くが、「講師募集の内容は、どんな事を書いたら良いのだろう?」と悩まれます。
    そうした際にはお気軽に事務局までご相談下さい。
    講師からの良いご提案が多く集まるように、募集内容のアドバイスや加筆なども行っております。
  • 2019年04月01日
    新年度です!
    多くの団体様にとって、4月は新年度の事業・催事の準備を進められる時期かと思います。外部から講師を招いての講演会・研修・セミナーなどお考えでしたら、ぜひ当サービス「SBマーケット」をご活用下さい。
     実力ある講師の方々が、皆様のお役に立つ「ご提案」をしていただけます!

    ※詳しくは、「マンガでわかるSBマーケット」をご覧ください。