勅使川原亨

講師名 勅使川原亨
講師名よみ てしがわらとおる
肩書き オフィスT代表
元富士ゼロックス(株)フェロー
都道府県 神奈川県

東北大大学院工学研究科修了後、富士ゼロックス(総合研究所)にて画像・記録技術の研究開発を担う。米国駐在を経て、開発全体のフェロー/エグゼクティブアドバイザー等を歴任。商品技術開発全体のマネジメント、市場・政策・技術動向の具申、デューデリジェンス等。日本画像学会技術賞受賞(2014年度)。

プロフィール

“木を見て森を見る” “私は変わる” ことをモットーに、R&Dポートフォリオの構築、研究開発マネジメント、大型プロジェクトリーディング並びに米国開発チーム管掌などを実践した経験を有する。来るべきAIの未来、ポストコロナを妄想したとき、働くを変える・自分も変わる、を主題に、企業や個人としてどうあるべきかを提起する。
◇職歴・経歴
群馬県生まれ。東北大学大学院工学研究科(修士課程)修了後、富士ゼロックス株式会社に入社。
総合研究所にて画像及び記録技術の研究開発を担当、世界初の技術を含む開発成果を自社商品に多数導入した実績有り。研究開発全体の戦略・運営マネジメント、米国駐在を経験、帰国後部門長として新規技術開発をリードするとともに、150名を超える全社プロジェクトのリーダーを兼務し、成功させる。
その後、開発全体のフェロー/エグゼクティブアドバイザーを歴任、商品技術開発全体をマネジメントしつつ、市場・政策・技術動向の具申、重要テーマ立ち上げや米国西海岸の現地開発チームを管掌。海外エンジニアのリードを通して、地域固有の特性を理解し臨機応変なマネジメントを実践。デューデリジェンスも経験している。日本画像学会技術賞を受賞(2014年度)。
◇専門分野
ポストコロナ×働き方は変わる、AI社会の到来と自己変革、組織モチベーション、変革マネジメント
◇背景・活動歴など
業界団体の将来ビジョン策定リーダーとして、世の中の変化を鑑み、業界としてどうあるべきかを提言。また、今までの経験から、不確実な社会に対して、我々はどうあるべきかのヒントを提起してきた。
多くの経験は業界・企業を超えて、変革マネジメントを実践する上で有効と考える。
・一般社団法人 ビジネス機械・情報システム産業協会 将来ビジョンワーキンググループリーダー、2019/3~2020/3
・一般社団法人 ビジネス機械・情報システム産業協会 標準化センター長、2016/6~2018/5
・一般社団法人 電子情報技術産業協会 情報端末事業部会委員、2018/7~2020/3
・一般社団法人 電子情報技術産業協会 技術戦略部会委員、2016/7~2019/4

出身校

東北大学大学院 工学研究科 修士課程

主催者登録はこちら(無料)
  • 主催者の方はこちら
  • 講師・出演者の方はこちら
  • マンガでわかる「SBマーケット」
  • SBコンシェル
ご利用者の声
  • 毎回、講師の選定が大変なストレスでしたが、どんな講師が応募してくれるだろう?と逆に楽しみに・・・ (福祉団体)
  • 講師募集から開催日まで時間がなかったにもかかわらず、すぐにメールが何通もきまして講師の層・・・ (業界団体)
  • いつも講師を探すのに苦労していましたが、今回は講師から、こちらの希望・条件にあわせて提案を・・・ (製造業)
  • 短期間で複数のセミナー案を企画しなくてはいけないので、毎回ネタに困っていました。講師の・・・ (OA機器販売)
  • 全国規模での「講演依頼」の内容・ニーズがよく分かり、講師側としての新たな勉強の意欲が・・・ (コンサルタント)
  • >>もっと見る
システムブレーンからのお知らせ
  • 2020年01月01日
    あけましておめでとうございます
    お陰様で弊社の新サービス「SBマーケット」も10年目となりました。皆さんの日頃のご支援、ご協力に心より感謝申し上げます。
    今年も宜しくお願いいたします。
  • 2019年07月05日
    募集内容の書き方など、お気軽にご相談下さい。
    初めてSBマーケットをご利用される方の多くが、「講師募集の内容は、どんな事を書いたら良いのだろう?」と悩まれます。
    そうした際にはお気軽に事務局までご相談下さい。
    講師からの良いご提案が多く集まるように、募集内容のアドバイスや加筆なども行っております。
  • 2019年04月01日
    新年度です!
    多くの団体様にとって、4月は新年度の事業・催事の準備を進められる時期かと思います。外部から講師を招いての講演会・研修・セミナーなどお考えでしたら、ぜひ当サービス「SBマーケット」をご活用下さい。
     実力ある講師の方々が、皆様のお役に立つ「ご提案」をしていただけます!

    ※詳しくは、「マンガでわかるSBマーケット」をご覧ください。