小森春彦

講師名 小森春彦
講師名よみ こもりはるひこ
肩書き 元 パティシエオーナーシェフ
都道府県 埼玉県

プロフィール

人は苦難や困難な時に成長し本当の幸せを見つけることができます。人間の究極の幸せとは人に必要とされ喜ばれ愛されること。私は自分の経営していたお店が廃業し困難な生活の時に二人の我が子から本当の幸せを頂き教えられました。そして廃業をきっかけに人生哲学やヨガ哲学・心理学など様々な事を勉強し実践しました。すると・成功している各界の頂点を極めた人々にある共通点がある事に気が付きました
それは、どんな出来事に対しても積極的な心の持ち方や考え方、捉え方があると言うことに。この人生に一番大切な考え方や捉え方は人間関係や子育てお仕事にも役立つと思います。私が学び、気が付いこと。
そして更に学び続け、築き上げたことを皆様にお伝えしたいと思っております。
【経歴】1985年・定時制高校に通いながら洋菓子の修業に励み、この道で生きることを決意し定時制を辞め自宅を離れ住み込みで働く。七年間の務めを得て。1992年・新たに技術を磨くため銀座の有名店で働く。この間,毎年行われる東日本洋菓子作品展で金賞一回、銅賞二回を獲得した経験している・五年間の務めを得て。2000年に独立を決意しその年の4月21日に埼玉県のふじみ野市に洋菓子店・プチ・ラ・フォーレを開業。十五坪ぐらいの小さいお店でしたが二人のスタッフを雇い、開業当初からキャラクターケーキやオーダーメイドのバースデーケーキなどにに力を入れ、宣伝なしでも口コミで広がり
三年目にして年商2600万円まで達成。その頃に新潟県の洋菓子店から洋菓子講習会の依頼があり引き受ける。全て順調に思えたが、商売には上り坂、下り【まさか】があると聞いてはいたが、約五年目頃に【まさか】の出来事が起きる、何とか立て直そうと試行錯誤したが、二年後2007年10月21日に廃業。
自分の人間としての愚かさ、経営者としての無知に気がつく。その後、妻と二人の子供の生活を守る為に
佐川急便に努め上司に事情を話し、休みの日はラーメン店でアルバイト。引っ越しをきっかけに、中距離ドライバーを主として、朝は荷物の仕分け、休みの日はラーメン店で働く。それでも滞納金が膨らむため。2016年にやもう得ず、営業の仕事に転職【外壁塗装の訪問販売】に、誠実さと謙虚を理念にとした結果
入社して一ヶ月目にして約600万円の契約を頂く【私個人の売上】。2017年の2月と7月に本社を含む11店舗ある支店でÑō・1営業【トップセールス】になる。
私は決して大成功はしてません、むしろ失敗や挫折の連続でしたが、この経験の中から多くの学びを得ました。因果応報はよく耳にすると思います、ヨガ哲学ではカルマヨーガと言います、全て自分の蒔いた種です。少し前の自分はこの言葉の意味は分かっていましたが、未熟さゆえに理解や反省が中々出来ませんでしたが今しっかりと理解し実践しています。そして世のため人に私が学んだ事を心から皆様に伝えたいと思っております【人生の成功の実現の為に】

1995年6月//95東日本洋菓子作品展・金賞受賞した写真 1996年6月//96東日本洋菓子作品展・銀賞受賞した写真 2017年2月度・同年7月・Ño.1営業を11店舗ある支店でÑō1
主催者登録はこちら(無料)
  • 主催者の方はこちら
  • 講師・出演者の方はこちら
  • マンガでわかる「SBマーケット」
  • SBコンシェル
ご利用者の声
  • 毎回、講師の選定が大変なストレスでしたが、どんな講師が応募してくれるだろう?と逆に楽しみに・・・ (福祉団体)
  • 講師募集から開催日まで時間がなかったにもかかわらず、すぐにメールが何通もきまして講師の層・・・ (業界団体)
  • いつも講師を探すのに苦労していましたが、今回は講師から、こちらの希望・条件にあわせて提案を・・・ (製造業)
  • 短期間で複数のセミナー案を企画しなくてはいけないので、毎回ネタに困っていました。講師の・・・ (OA機器販売)
  • 全国規模での「講演依頼」の内容・ニーズがよく分かり、講師側としての新たな勉強の意欲が・・・ (コンサルタント)
  • >>もっと見る
システムブレーンからのお知らせ
  • 2021年08月31日
    「SBマーケット」サービス終了のお知らせ


    この度、急激な変革期を鑑み、2021年9月末日を以て「SBマーケットサービス」を終了させていただく事となりました。

    ●9月末日をもって、新規の講師募集案件は受付終了となります。

    ●既に講師募集を開始された案件、講師が決定している案件につきましては、10月以降もSBマイページでのやり取りを重ねていただき、開催終了まで進行していただけます。

    長らく当サービスをご活用頂きました主催者様、講師の方々に深く御礼申し上げます。
    今後は、「SBコンシェル」サービスに注力して、オンライン開催を含めた皆様の多様なご要望にお応えしていく所存です。

    突然のご案内となり誠に申し訳ございません。何卒ご理解・ご容赦いただきますようお願い申し上げます。