光藤有佳

講師名 光藤有佳
講師名よみ みつふじゆか
肩書き AEAJ認定アロマテラピーインストラクター
漢方セラピスト
双極性障害、発達障害 当事者
都道府県 兵庫県

高校生の頃から気分の不安定を感じ、その後双極性障害(II型)の診断を受ける。大学卒業後販売職を転々とする中、26歳で発達障害と診断される。現在、「はたらくことで誰もが輝く」を信念に、フリーの在宅ワーカー(ライター、イラストレーター、グラフィックデザイナー)としてマルチに活躍中。

プロフィール

「はたらくことで誰もが輝く」を信念とし、在宅のイラストレーター、ライター、グラフィックデザイナーとしてマルチに表現活動をしている。
高校生の頃から気分のアップダウンを感じ、のちに双極性障害と診断される。大学卒業後、販売職を転々とするも仕事が続かず、26歳の時にWAIS-3(知能検査)を受け、発達障害も診断される。
2019年にフリーランスの在宅ワーカーに切り替えたことで双極性障害が寛解。思い切って環境を変えたことで対人関係の摩擦が減り、自らが活躍できる居場所を見つけた。
今後ははたらくことの大切さを伝えることと、「クスッと笑える面白いモノ」をクリエイトし、社会に還元することを目標としている。
■経歴
1983年 兵庫県生まれ
2006年 甲南大学文学部卒業
2011年 総合学園ヒューマンアカデミー修了
2019年 販売職からフリーランスのイラストレーターに転身
2020年 ライター・グラフィックデザイナーとしても活動
2021年 広告代理店やローカルメディアと契約を結ぶ
同年  約20年間患っていた双極性障害が寛解
■資格
AEAJ認定アロマテラピーインストラクター
漢方セラピスト
色彩検定3級
■双極性障害とは
気分障害と分類されている精神疾患のひとつ。 気分が落ち込む「うつ状態」と気分が異常に高揚した「躁状態」をくりかえす。症状が重い場合は休職・退職せざるを得ないこともあるが、ある程度回復すれば、病気と付き合いながら長く働き続けることも可能。服薬と療養が治療の要となる。
また、社会的サポートである「自立支援制度」や「精神障害者手帳」、「障害年金制度」もあるので、上手に利用することも快方への手助けとなる。社会にSOSを伝えることも大事。地域と連携して治療にあたることが重要である。

出身校

甲南大学 文学部 社会学科

主催者登録はこちら(無料)
  • 主催者の方はこちら
  • 講師・出演者の方はこちら
  • マンガでわかる「SBマーケット」
  • SBコンシェル
ご利用者の声
  • 毎回、講師の選定が大変なストレスでしたが、どんな講師が応募してくれるだろう?と逆に楽しみに・・・ (福祉団体)
  • 講師募集から開催日まで時間がなかったにもかかわらず、すぐにメールが何通もきまして講師の層・・・ (業界団体)
  • いつも講師を探すのに苦労していましたが、今回は講師から、こちらの希望・条件にあわせて提案を・・・ (製造業)
  • 短期間で複数のセミナー案を企画しなくてはいけないので、毎回ネタに困っていました。講師の・・・ (OA機器販売)
  • 全国規模での「講演依頼」の内容・ニーズがよく分かり、講師側としての新たな勉強の意欲が・・・ (コンサルタント)
  • >>もっと見る
システムブレーンからのお知らせ
  • 2021年08月31日
    「SBマーケット」サービス終了のお知らせ


    この度、急激な変革期を鑑み、2021年9月末日を以て「SBマーケットサービス」を終了させていただく事となりました。

    ●9月末日をもって、新規の講師募集案件は受付終了となります。

    ●既に講師募集を開始された案件、講師が決定している案件につきましては、10月以降もSBマイページでのやり取りを重ねていただき、開催終了まで進行していただけます。

    長らく当サービスをご活用頂きました主催者様、講師の方々に深く御礼申し上げます。
    今後は、「SBコンシェル」サービスに注力して、オンライン開催を含めた皆様の多様なご要望にお応えしていく所存です。

    突然のご案内となり誠に申し訳ございません。何卒ご理解・ご容赦いただきますようお願い申し上げます。