吉野崇史

講師名 吉野崇史
講師名よみ よしのたかふみ
肩書き 教育起業家
「自分の育て方」専門家
都道府県 京都府

北海道余市郡出身。東大・同大学院卒後、三菱商事でインド勤務やJV設立に携わる。業界外の画像解析ベンチャーSkymatiXに転職し、僅か半年で日本初サービスを複数リリースし世界初サービスを発案(のちに商品化)。子供・若手世代の可能性の最大化をビジョンとする【NOPLI Education】を起業。

プロフィール

【経歴】
北海道余市郡生まれ。一児の父。書道家。
今でも地元で語り継がれている「田舎からの東大現役合格」を通じて「徹底的なメタ認知で自分を急激に成長させる技術」を獲得。
その後、東大トップ層との交流で「可能性を最大化する環境の要素」を理解。
東大大学院卒業後は大手総合商社の三菱商事に入社。インド勤務を経て、日本最大の農協組織と「自分以外全員ベテラン・業界有名人」の合弁会社を設立し、コーポレート・営業統括管理職として出向して働く中で「若手が輝く働き方」「経験差と役割分担」を体得。一方、三菱商事のエース級の若手が次々と転職・独立していき、自身も転職を決める中で「優秀な若手と企業の不幸な溝」を分析。
Mizuho Innovation Award受賞のAI/画像解析ベンチャーSkymatiXに転職後は、業界外からの転職にも関わらず半年で、プロマネとして日本初サービスを複数リリース・世界初サービスを発案(後に商品化)し「会社史上No.1の速度でキャッチアップ・成長する方法」「会社や仕事をどう捉えるか」を体得。
企業勤務と並行して多様なビジネスパーソンが集まるキャリア教育NPOで活動し「優秀で多忙な人ほど積極的に無償で時間を割く仕組み」を理解。
大手塾講師・家庭教師・保護者コンサル・NPO・高学歴大学生のキャリア相談・後輩育成・仕事相談・転職相談を通じて、3500時間・300人以上の若手人材をサポートする中で、「若手のモチベーション構造とコーチングの手法」を体得。これらの経験を生かし、「環境や情報不足による子供・若手世代の機会損失を日本から無くし、可能性を最大化する」をビジョンとしてNOPLI Educationを起業。
優秀な若手の思考・成長・離職に数多く接してきた経験を元に、個人の自己実現や価値観に基づくキャリア・社会スキル・ビジネススキル・学習支援を行い、若手社会人・大学生・中高生・保護者から絶大な信頼を得る。
【専門分野】
経営層向け:優秀な若手社員の育成/離職防止/幸福度向上
若手社員向け:仕事観/成長カーブ最大化/幸福度向上
保護者向け:子供の可能性を最大化する環境と接し方
学生向け:メタ認知・コミュニケーション等の非認知能力強化法/勉強法/キャリア教育/生きる上での基礎教養 他
【著書】
『田舎を出て東大に行って都会で総合商社・AIベンチャーを経験した僕が起業家として子育て本を出す理由』

出身校

余市町立 大川小学校
余市町立 旭中学校
北海道立 小樽潮陵高校
東京大学 工学部 応用化学科
東京大学大学院 新領域創成科学研究科 物質系専攻

主催者登録はこちら(無料)
  • 主催者の方はこちら
  • 講師・出演者の方はこちら
  • マンガでわかる「SBマーケット」
  • SBコンシェル
ご利用者の声
  • 毎回、講師の選定が大変なストレスでしたが、どんな講師が応募してくれるだろう?と逆に楽しみに・・・ (福祉団体)
  • 講師募集から開催日まで時間がなかったにもかかわらず、すぐにメールが何通もきまして講師の層・・・ (業界団体)
  • いつも講師を探すのに苦労していましたが、今回は講師から、こちらの希望・条件にあわせて提案を・・・ (製造業)
  • 短期間で複数のセミナー案を企画しなくてはいけないので、毎回ネタに困っていました。講師の・・・ (OA機器販売)
  • 全国規模での「講演依頼」の内容・ニーズがよく分かり、講師側としての新たな勉強の意欲が・・・ (コンサルタント)
  • >>もっと見る
システムブレーンからのお知らせ
  • 2021年08月31日
    「SBマーケット」サービス終了のお知らせ


    この度、急激な変革期を鑑み、2021年9月末日を以て「SBマーケットサービス」を終了させていただく事となりました。

    ●9月末日をもって、新規の講師募集案件は受付終了となります。

    ●既に講師募集を開始された案件、講師が決定している案件につきましては、10月以降もSBマイページでのやり取りを重ねていただき、開催終了まで進行していただけます。

    長らく当サービスをご活用頂きました主催者様、講師の方々に深く御礼申し上げます。
    今後は、「SBコンシェル」サービスに注力して、オンライン開催を含めた皆様の多様なご要望にお応えしていく所存です。

    突然のご案内となり誠に申し訳ございません。何卒ご理解・ご容赦いただきますようお願い申し上げます。