宮本欣弥

講師名 宮本欣弥
講師名よみ みやもときんや
肩書き 社会保険労務士
助成金コンサルタント
宮本人事労務パートナーズ 代表
都道府県 石川県

プロフィール

■助成金専門の社労士です
助成金は返済義務のない給付金で、国から支給されるいわば企業への支援金です。
しかし、経営者の方々から「助成金があること自体知らなかった」、「手続きが面倒で申請したとしても、もらえないのでは?」という声が聞こえるように、助成金が有効活用されていないという現状です。そんな方々にセミナーを通して助成金を活用した賢い経営について情報発信しています!
■1987年1月7日 金沢市生まれ、津幡町育ち
(浜辺美波ちゃんと同じ出身地です!金沢マラソンに参加したとき一度だけ見たことがあります!)
■社労士を目指したきっかけ
大学生のときのアルバイト先がブラック企業ではないかと疑問を持っていたところ、友人から大学で社会保険労務士の資格講座を受けられることを教えてもらい、ブラック企業に騙されない知識を得るため、生まれて初めて勉強にのめり込みました。(結局試験は3回も受験しました^^;)
地元の上場企業に就職して、社会人1年目に社会保険労務士試験に合格。本社の人事労務担当になり、従業員5,000名の給与計算業務と労務相談窓口を担当しましたが、社会保険労務士の法律知識だけでは、真の問題解決ができないものと知り、打ちのめされることになりました。(従業員にもよく言うのですが、法律だけで解決しようとすると泥沼化します。)
その後は、管理業務と現場を理解した労務管理のスペシャリストになるために現場経験を積む必要があると考え、小売店の店舗への異動を志願しました。(石川県内に本社がある某ドラッグストアで日用品の販売から化粧品・医薬品の接客をおこなっていました。)
店長に昇進し、従業員が言うことを聞いてくれない。やる気を出してくれない。問題社員がいて困っている。…といった実務で現れる不満や問題を解決していきましたが、本社と現場の両方の労務管理の苦労を経験しながらも、この能力を使ってもっと多くの企業のお手伝いがしてみたいという想いから、社労士事務所に転職を決意することにしました。
■転職から独立に至るまで
しかし、転職をしてみたものの社会保険労務士事務所の主な仕事は「企業の行う保険手続きの代行」…という手間の削減に貢献する仕事で、自ら積極的に企業がメリットとなる情報を提供していきたいという私の想いとは違ったものでした。
その後、助成金の申請代行業務と出会い、助成金は中小企業の経営者・個人事業主の方にとって必ずメリットとなるものであるのにも関わらず、助成金の情報が企業に浸透していないことや、助成金申請の難易度が高く、申請代行ができる社労士は10%程度しかしないこと、中小企業にとってリスクが少なく、安心して助成金代行を頼めるコンサルタントが不足していることから、助成金専門の社労士事務所を開業することを決意しました。

出身校

津幡町立 英田小学校
津幡町立 津幡中学校
学校法人稲置学園 星稜高等学校
学校法人稲置学園 金沢星稜大学

主催者登録はこちら(無料)
  • 主催者の方はこちら
  • 講師・出演者の方はこちら
  • マンガでわかる「SBマーケット」
  • SBコンシェル
ご利用者の声
  • 毎回、講師の選定が大変なストレスでしたが、どんな講師が応募してくれるだろう?と逆に楽しみに・・・ (福祉団体)
  • 講師募集から開催日まで時間がなかったにもかかわらず、すぐにメールが何通もきまして講師の層・・・ (業界団体)
  • いつも講師を探すのに苦労していましたが、今回は講師から、こちらの希望・条件にあわせて提案を・・・ (製造業)
  • 短期間で複数のセミナー案を企画しなくてはいけないので、毎回ネタに困っていました。講師の・・・ (OA機器販売)
  • 全国規模での「講演依頼」の内容・ニーズがよく分かり、講師側としての新たな勉強の意欲が・・・ (コンサルタント)
  • >>もっと見る
システムブレーンからのお知らせ
  • 2021年08月31日
    「SBマーケット」サービス終了のお知らせ


    この度、急激な変革期を鑑み、2021年9月末日を以て「SBマーケットサービス」を終了させていただく事となりました。

    ●9月末日をもって、新規の講師募集案件は受付終了となります。

    ●既に講師募集を開始された案件、講師が決定している案件につきましては、10月以降もSBマイページでのやり取りを重ねていただき、開催終了まで進行していただけます。

    長らく当サービスをご活用頂きました主催者様、講師の方々に深く御礼申し上げます。
    今後は、「SBコンシェル」サービスに注力して、オンライン開催を含めた皆様の多様なご要望にお応えしていく所存です。

    突然のご案内となり誠に申し訳ございません。何卒ご理解・ご容赦いただきますようお願い申し上げます。