山形県の講師・出演者一覧

4件中: 1-4件
しょうふくていしょうすけ
笑福亭笑助

落語家

■経歴 1997年 笑福亭笑瓶に入門  公益社団法人 上方落語協会会員 2014年 東北住みます落語家として山形県在住 現在のレギュラー番組は、「ピヨ卵ワイド」「ラジぱん」(山形放送)、「ひるらじ」(おらんだラジオ)、 「笑助のおきたま出愛隊」「Radio ZOOZOO」(NCV)、「ママを訪ねて三千軒」(ダイバーシティメディア)など。 ■落語 ・古典落語50席以上 ・新作落語「金閣寺」「...


かのうひろこ
加納寛子

山形大学 基盤教育院 准教授

■経歴 1995年東京学芸大学 教育学部 1999年東京学芸大学大学院 修士課程 教育学研究科  2004年早稲田大学大学院 博士後期課程 国際情報通信研究科 マルチメディアサイエンスコース ■主な講演テーマ例 ・SNS・スマホ依存症に陥らないための習慣とは ・『ネットいじめ』を防ぐために保護者・教員ができること ・スマホとSNSに関する子どもたちの諸問題にどう対処するか? ・ソーシャルメ...


わがつまじゅんいち
我妻淳一

ヒューマンメンタルヘルス研究所・笑いの伝道所 「あこ~る」所長

出身校:米沢市立 西部小学校|米沢市立 第三中学校|山形県立 米沢商業高等学校
■職歴・経歴 1962年   民間魚市場に勤務 同年11月 市役所職員として採用 2003年  市役所を在籍40年で定年退職 同年8月 ヒューマンメンタルヘルス研究所「あこ~る」開設 同年8月 カウンセリング オフィス「あこ~る」を開設 現在に至る。 ■現職・公職など ・カウンセリングオフィス「あこ~る」主宰 ・産業カウンセラー、心理相談員、行政書士 ・山形県・米沢市両生涯学習指導員 ・...


なかむらけいじ
中村恵二

フリーライター

出身校:法政大学経済学部卒業
■職歴・経歴 本名:中村恵二(なかむら けいじ) 1954年山形県生まれ。 法政大学経済学部卒業。 編集プロダクション経営。「凛次郎」はペンネーム。街頭紙芝居師「もっけ」を名乗ることもある。 フリーライターとして、各種ジャンルの取材や執筆、編集、講演などを行っている。 さらに、街頭紙芝居や地域昭和回想法などのコンテンツ制作にも取り組んでいる。 地方出版界での紙と電子の本づくり支援を目指...

最新の評価:

導入部や印刷業界の課題の提示は良かったです。ただ、聴衆はプロなので既に課題は認識しており、具体例など掘り下げたお話を伺いたかったです。 弊組織は国際労働組合なので、もっとグローバルな視点を入れて頂くように事前打合せをすべきでした。 紙芝居は、少し唐突でした。マイク準備の関係上、事前にご相談いただけたら良かったです。 今後のますますのご活躍を祈念いたします。ありがとうございました。


4件中: 1-4件
  • 主催者の方はこちら
  • 講師・出演者の方はこちら
  • マンガでわかる「SBマーケット」
  • SBコンシェル
ご利用者の声
  • 毎回、講師の選定が大変なストレスでしたが、どんな講師が応募してくれるだろう?と逆に楽しみに・・・ (福祉団体)
  • 講師募集から開催日まで時間がなかったにもかかわらず、すぐにメールが何通もきまして講師の層・・・ (業界団体)
  • いつも講師を探すのに苦労していましたが、今回は講師から、こちらの希望・条件にあわせて提案を・・・ (製造業)
  • 短期間で複数のセミナー案を企画しなくてはいけないので、毎回ネタに困っていました。講師の・・・ (OA機器販売)
  • 全国規模での「講演依頼」の内容・ニーズがよく分かり、講師側としての新たな勉強の意欲が・・・ (コンサルタント)
  • >>もっと見る
システムブレーンからのお知らせ
  • 2017年04月01日
    新年度です!
    多くの団体様にとって、4月は新年度の事業・催事の準備を進められる時期かと思います。外部から講師を招いての講演会・研修・セミナーなどお考えでしたら、ぜひ当サービス「SBマーケット」をご活用下さい。
     実力ある講師の方々が、皆様のお役に立つ「ご提案」をしていただけます!

    ※詳しくは、「マンガでわかるSBマーケット」をご覧ください。
  • 2017年01月01日
    あけましておめでとうございます
    お陰様で弊社は今年40期を迎え、新サービス「SBマーケット」も8年目となりました。皆さんの日頃のご支援、ご協力に心より感謝申し上げます。
    今年も宜しくお願いいたします。
  • 2016年07月05日
    募集内容の書き方など、お気軽にご相談下さい。
    初めてSBマーケットをご利用される方の多くが、「講師募集の内容は、どんな事を書いたら良いのだろう?」と悩まれます。
    そうした際にはお気軽に事務局までご相談下さい。
    講師からの良いご提案が多く集まるように、募集内容のアドバイスや加筆なども行っております。